2016年01月11日

ミャンマー初の電車 日本支援で運行開始

東南アジアのミャンマーで初めての電車が日本の支援で運行を始め、経済成長とともに激しさを増す交通渋滞の緩和に役立つと期待されています。
ミャンマーの国鉄は、最大都市ヤンゴンのおよそ6キロの既存の鉄道路線で電化の工事を行い、国内で初めてとなる電車の運行を10日から始めました。
車両は日本の広島電鉄が使っていた昭和30年代製造の中古の路面電車で、日本政府が電車の運行に必要な技術者を派遣するなど支援を行ってきました。
ヤンゴンで10日に行われた式典では、ミャンマーのニャン・トゥン・アウン鉄道運輸相が「日本では電車が使われている。ミャンマーでも電車を使う新しい時代が始まった」と述べ、利用者の増加に期待を示しました。
一番電車は現地時間の朝7時半に出発し、早速、大勢の人たちが利用していました。
乗客の女性は「日本の電車は快適だ。中心街の渋滞はひどいが電車によって解消されるでしょう」と話していました。
ミャンマーでは、これまでディーゼル車しか走っていませんでしたが、政府としては経済成長とともに激しさを増す交通渋滞を緩和するため、さらに電化の区間を拡大し利用客を増やす計画です。
このため日本政府は、ミャンマーへの支援を続け日本の鉄道技術への信頼を高めたうえで、将来的には高速鉄道を含めた大規模な鉄道の輸出につなげたい考えです。

トップページ>国際ニュース一覧>ミャンマー初の電車 日本支援で運行開始 より