2009年02月14日

RV Mya Ponnami

myaponnami

世界のもの物に様々な魅力がありますが、河の美しさを楽しめるRV Mya Ponnami という新しい小船がヤンゴン河に走ってる。Mya は エメラルドで、Ponnamiはお月様という意味を持ってる、シンガポールに建築されたその小船はお客さんに忘れられない思い出を伝えるのが間違いない。ヤンゴン河とライン河に行き通ってる小船で夕日に楽しめるツアーは3時間かかって、ヤンゴンからトンテー、又ヤンゴンからタンタピンまでの4時間かかるツアーは昼食も含まれる。河の景色に楽しみながら小船に乗って夕食したお客さんの為に、夕食クルスがあり、小船を貸切したい場合とかパティン、ミャウンミャ、ニャウンドンなどのデルタル地域に行きたい場合は交渉が出来る。ミャンマーに訪問すると,魅力がある河の景色に楽しめるミャポンナミ小船を見逃さずに乗ってみようにお勧めしたい。
  

Posted by myanmarplg at 19:11Comments(0)

2009年01月19日

インレー湖の五日一回市場

fm

五日に一回開かれる市場は都会では見られない魅力的朝市場である。地元の少数民族の衣装、伝統的な工芸品と食べ物が見られて、とても面白い。インレー湖の村々にも順番で行われて、シャン州のダヌ族、パオッ族、パラウン族とインレー湖に暮らしているインター族が物を売りに集まってくる。観光客向けのお土産から日常生活用品、地元産食品なども見学できる。シャン州のアウンパン町とタウンジー町にもあるが、インレー湖のマーケットは水上で商売しているので水上マーケットとも呼ばれる。

  
Posted by myanmarplg at 14:11Comments(0)

2009年01月09日

ピィンウールイン。ナショナルランドマーク

nationalandmark

乾季といっても暑いミャンマーで涼しくてのんびりとした町で休日を過ごしたい観光客にご紹介したいのがメイミョと呼ばれるピィンウールイン。ミャンマー最後の王都マンダレーから車で1時45分位の海抜1000メートル程のところに位置し、花の都市としても国内で知られている。メイミョの唯一テーマパークになるナショナルランドマークが2006年に開園され、内容は日本の東武ワールドスクエアみたいにミャンマー各地の名所のミニチュアが作られている。場所はメイミョの誇りでもあるカンドォジー植物公園のすぐそばにあり、植物園へ訪れるついでに観察できるので交通的にも便利。植民地時代に避暑地として有名なピィンウールインは穏やかな雰囲気で大自然に囲まれているので楽しい休日を過ごすには最高。  
Posted by myanmarplg at 14:37Comments(0)

2008年12月24日

24時間以内のアライバルビザ発行

41

ミャンマー旅行を計画している観光客の方々に嬉しいニュースが届いた。
今までミャンマーへ旅行するのにビザ申請に結構手間や時間がかかったのだが、これからはミャンマーへ発つ1日か2日前にアライバルビザを申請するだけで気軽にミャンマーへ訪れることが可能となった。今後もFITの観光客のみならずパッケージツアーや団体でミャンマーへ訪問する観光客の方々にも発行して行く模様。以前は日本国内で直接ビザ申請すると10日から2週間ほどかかって、アライバルビザを申請すると3週間から1ヶ月程度かかったが今度アライバルビザ申請が24時間以内(実際は当日朝9:00に申請すると翌日の昼2:00くらいに入手)に発行される様になり、一般のFITの観光客が手軽に出かけられ、FITの観光客は圧倒的増える一方と見られている。24時間以内のアライバルビザ申請に関して詳しい情報は下記のアドレスまでお問い合わせ下さい。
plg@myanmarplg.com  
Posted by myanmarplg at 19:18Comments(5)

2008年12月10日

マリカ観光船の運航開始

malikhaboat

バガン〜マンダレー間を乾季の旅行シーズン限定に運航されているリバークルーズマリカ観光船は今月24日をもって運航開始となりました。ミャンマーの主な観光スポットであるマンダレーとバガンの間を運航するマリカリバークルーズのボートトリップは特に欧米の観光客の間で人気が高い。現在、今月の運航予定日は以下の通りとなっています。

2008年12月の運航予定日
マンダレー〜バガン間上り船
2008年12月24日(水)     運航確定
2008年12月26日(金)     運航未確定
2008年12月28日(日)     運航確定
2008年12月31日(水)     運航確定

バガン〜マンダレー間下り船
2008年12月25日(木)     運航確定
2008年12月27日(土)     運航未確定
2008年12月29日(月)     運航確定
2009年1月2日(金)       運航確定

  
Posted by myanmarplg at 16:04Comments(0)

2008年12月08日

ヤンゴン〜タイ空路アクセス通常運航再開

plane

先月起きたタイの政治問題で11月26日より一時的閉鎖されたバンコクのスバナブーム空港は空港を占拠したデモ隊が撤退され、12月4日から営業再開となった。8日間運航休止になったヤンゴン〜バンコク間の各運航会社のフライトもようやく12月5日より再開され、現在通常運航となった。年末のお休み期間中タイやミャンマーへの観光を予定していた日本の方々も一安心出来るでしょう。現在、ヤンゴン〜バンコク間を運航しているミャンマー航空は通常通り週5日間運航しており、多くの外国の方々が利用しているTG(タイ航空)も通常運航している。  
Posted by myanmarplg at 19:04Comments(0)

2008年11月03日

バガンティリピィサヤさくらホテルの特別ディスカウント

sakura

世界3大仏教遺跡の1つであるミャンマーのバガン遺跡愛好者日本の観光客の間で大好評となっているティリピィサヤさくらホテルが今年の観光シーズンに向けてのマーケッテイング対策としてデラックスルームとスペリアルーム料金を10ドルづつディスカウントした。
完全に乾季の旅行シーズンに突入したミャンマーで年内の悲劇的出来事などが原因で入国観光客数が減ってしまった為、観光業会として悪化している中ティリピィサヤさくらホテルとして常連のお客様の方々に感謝の気持ちを込めて泊まり易くなるよう心掛けている。

ディスカウント期間        2008年12月1日から2009年3月31日
対象部屋タイプ          スペリアとデラックスタイプ  
割引金額             10ドル

  
Posted by myanmarplg at 19:37Comments(0)

2008年09月06日

熱気球ツアー会社(Balloons Over Bagan)の新企画ツアー

ballon

熱気球ツアーで外国の観光客に人気を集まっている(Balloons Over Bagan)社が今年の旅行シーズンに向けてバガンとシャン州インレー湖周辺特別7日間旅行&バルンフライト企画を発表した。年内の7日間パッケージツアーを12月8日、13日と18日に3回に分けて開始される予定となっている。ツアーはヤンゴンからヘホーへ飛行機で移動して、ピンダヤを拠点として美しいシャン山脈が囲まれているインレー湖周辺と世界3大仏教遺跡の1つバガン周辺の運航をメインにした豪華ツアーである。ツアー期間中に熱気球運航回数6回ふくまれ、インレー湖周辺では少数民族村などにも着陸して地元の人たちの日常生活や暮らしぶりを見学できるようにアレンジしてあり、最少参加者人数は4名と決まっている。ツアー料金にはヘホー到着時からバガン出発時までの交通機関、宿泊、食事(朝、昼、夕)、飲み物、英語ガイドフィーが含まれている。(BOB)旅行会社は数年前からバガン周辺で熱気球フライト観光を専門に扱っているベテランミャンマー唯一の熱気球ツアー会社である。
ご予約やお問い合わせは下記のメールアドレスまでお気軽にどうそ!
plg@myanmarplg.com

  
Posted by myanmarplg at 19:27Comments(0)

2008年07月04日

ミャンマーPLGの雨季限定特別ホテル割引のお知らせ

yuzanagarden

サイクロン災害後にミャンマーへ訪問する外国の観光客をターゲットとして、ミャンマーPLG旅行会社がミャンマーの観光オフシーズン特別企画、雨季限定の特別宿泊割引を実施しています。割引対応ホテルの数は少ないですが、ヤンゴン、マンダレー、バガンとインレーと言ったミャンマー4大観光スポット全ての地域を対処していますので、目的地別に選択する必要が無く今の時期にミャンマーへご訪問するお客様にはお得となっています。ミャンマーPLG旅行会社としてこれからこの企画に参加するホテルが増えてくるだろうと話しています。特別割引期限は2008年9月の月末までとなっています.
http://www.myanmarplg.com/tour/hotel/specialrate.htm

  
Posted by myanmarplg at 17:57Comments(0)

2008年06月02日

神戸ミャンマー皆好会理事様からの手紙

手紙1

08年5月11日から19日までご来緬頂きメイミョ梅農園でボランテイア活動を行ったNPO法人神戸ミャンマー皆好会の理事河東めぐみ様からボランテイア活動体験のメールが届きました。サイクロン災害後始めてのPLGのNGOお客様である河東様のボランテイア旅行体験をご紹介させていただきます。

このたび “神戸ミャンマー皆好会”のグループ8名で5月11日〜19日までの9日間でミャンマーを訪れました。
出発前は、5月2日〜3日に通過した大きなサイクロンがヤンゴン市内を襲い町の様子が心配でした。
ヤンゴン空港から市内に入ると大木が倒れていたり、建物の破損も見られましたが復旧に向けて軍の人や民間人の清掃作業が進んでいました。
ただしヤンゴン南西部は被害がひどいとの事です。
イラワジ河の下流は米の産地今後も心配です。
ヤンゴン市内の人達は 「米や食料品が2倍になった」、「屋根の修理をしたいが店のトタン在庫がなくなった」と困ってられました。
ただし今回訪問地のヤンゴンから北部・バガンやピンウールインは災害の影響は全くありません。
宿の人は少し降った雨に 「あなたたちがヤンゴンから雨を持って来たの?」と明るく笑っています。
支援する梅農園や懇意にしている第22小中学校にも行きました。
ミャンマーの南西部以外を旅するには、今まで通りに行けると思います。
早く復旧が進んで、いつものヤンゴン市内に戻ることを日本からも祈っています。

                              神戸ミャンマー皆好会  理事 河東めぐみ
以上が神戸ミャンマー皆好会の理事河東めぐみ様からのサイクロン災害後のミャンマー旅行体験でした。
旅行体験メールを頂き誠に有難うございます。これで、ミャンマーのことご関心を持ち、ミャンマーのことが好きな日本の方々もサイクロン後のミャンマーの様子をちらっと覗くことが出来たと思います。緑豊かで素直な笑顔を持つミャンマーとその国の人々の心に悲劇的自然災害が傷つけられたのだが、日本の皆様を始め世界中の皆様のご声援やご支援できっと回復できること心の底から信じている。
  
Posted by myanmarplg at 18:36Comments(0)

2008年05月29日

バガンテイリピィサヤホテル修繕の為休業のお知らせ

thiripyisaya

バガンテイリピィサヤーサクラホテルの修繕アップグレードによりホテルの営業を一時中止することになった。ホテルからの通知書によると特にリバービューデラックスルームとリバービュースイートルームのアップグレードや設備修繕の為2008年6月8日から約1ヶ月間の休業と予定されて休業期間の延長などに関する新たな情報は6月の第3週に告げることになっている。現在の所、正確な営業再開は2008年8月1日となっている。ホテルの休業期間中にヤンゴンの予約受付事務所は通常通り営業されるので、ホテルに関するお問い合わせなどは予約受付事務所まで連絡することになっている。
これからミャンマーでは雨季に入り観光のオフシーズンでもあって、サイクロンの影響などの原因で観光客が少なく主な観光地への空路アクセスが不順になり、乗客によりフライトのスケジュールを変更している。  
Posted by myanmarplg at 19:18Comments(0)

2006年11月08日

56歳主婦初ミャンマーの旅〔お買い物〕

お土産

旅行中に買ったお土産モノです!
安くてかわいい物がたくさんあって、本当に楽しかった。

左上から
●漆のお盆(象や花柄が彫ってある)・・・バガン
●ロンジー(絣模様のがお気に入り!)・・・ヤンゴン、インレー
●刺繍のカバン(ファスナーが付いて便利!)・・・インレー
●ミャンマーサンダル(履き心地がよくて、ミャンマーでずっと履いてました)・・・ヤンゴン
●シャンバック(旅行会社からいただきました)
●本(孫用に英語の絵本、ミャンマー語版名探偵コナンなど)・・ヤンゴン

  続きを読む
Posted by myanmarplg at 15:07Comments(0)

2006年11月01日

56歳主婦初ミャンマーの旅11〔ヤンゴン〕

チャウタジーパゴダ

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記11日目最終日です。
(次回はお土産用に買ったモノをレポートします)

☆2005年12月21日(水)11日目 ヤンゴン〜日本
利用航空  タイ航空 TG306 19:45 / 21:25 TG642 23:40 / 07:30(22日朝)

チェックアウト後トランクをホテルに預け、まずはチャウタジーパゴダに向かう。私が見たかった寝釈迦。比較的新しい釈迦らしいが、とにかく大きい。70mもあるとか。天井などに寄付をした人たちの名前が大きく書いてあるが、日本人の名前も沢山目に付く。足の裏側に山とか鳥とかそう言うのを表す色々な絵が描いてあって、これがなかなか面白い。説明文と照らし合わせながら見ていると、時間がたつのを忘れそう。
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 21:46Comments(0)

2006年10月25日

56歳主婦初ミャンマーの旅10 〔ヤンゴン〕

カンドーヂー湖

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記10日目です。

☆2005年12月20日(水)10日目 ヤンゴン
宿泊ホテル グランドプラザパークロイヤルホテル(Grand Plaza Park Royal Hotel)

朝のブッフェは窓際の席に着き、「日本に帰ったら私もまた外を行きかう人々と同じように、日常の生活が待っている」・・・そんなことを考えながら、学校や仕事場に向かう人々に目をやりながらのんびりフォークをはこぶ。いよいよこの旅も明日で終わる。今日1日有効に過そう。
まずはシェダゴンパゴダから見えた、噴水のあるカンドーヂー湖に向かう。
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 17:30Comments(0)

2006年10月18日

56歳主婦初ミャンマーの旅9 〔パテイン〕

パテイン傘

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記9日目です。

☆2005年12月19日(月)9日目 グエサン〜ヤンゴン
宿泊ホテル グランドプラザパークロイヤルホテル(Grand Plaza Park Royal Hotel)
利用交通  バス

今日はグエサンからヤンゴンへの移動日。朝食を済ませ、ホテルの近くの乗り合いバスの乗り場に向かう。お店のおばさんがお茶とピーナッツを出してくれた。このピーナッツなかなか美味しい。申し訳ないので、ピーナッツの小袋とミネラルウォーターを買いバスの到着を待つ。やっと来たバスは、想像以上に凄かった。通路には荷物が詰まれその上に人が座っている。でもミャンマーでは外国人はちゃんとシートに座らせてくれると言う。ありがたいけど、元から座っていた人に申し訳ないと思う。
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 12:19Comments(0)

2006年10月11日

56歳主婦初ミャンマーの旅8 〔グエサン〕

蟹の家作り

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記8日目です。

☆2005年12月18日(日)8日目 グエサン
宿泊ホテル ユザナリゾート(Yuzana Resort)

グエサンは、昼間は停電する。だから朝の部屋はちょっと薄暗い。停電と言うことは、シャワーも水になると言うことだ。でも夜にはお湯のシャワーが使えるからありがたい。西洋人のグループは今日移動するらしい。綺麗な観光バスが庭に止まって、荷物がまとまっていた。ビーチも寂しくなる。午前中はビーチで過し、午後に町に出てみることにした。話好きのタイヤレンタルのおじさんに捕まらないようにビーチに出る。でもこのおじさんなかなか勉強家で、紙に書いて英語を勉強している。昨日英語で話しかけてきたが、向こうも私もへたっぴ英語で、話がうまい具合に進まない。まあお互いさまか!

やはり海はいい!又蟹の話になるが、こちらの蟹は面白い。朝砂に穴を掘る。ちゃんと腕に砂を挟んで穴から這い出し、その団子のような砂を綺麗に並べて捨てる。
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 23:17Comments(0)

2006年10月04日

56歳主婦初ミャンマーの旅7 〔グエサン〕

お菓子

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記7日目です。

☆2005年12月17日(土)7日目 グエサン
宿泊ホテル ユザナリゾート(Yuzana Resort)

朝の散歩は気持ちがいい。海岸を歩いていると、米の粉に砂糖を混ぜ火を通して焼いたようなのを売っている女の人に会う。2枚かってお昼に食べることにした。すごく油っぽそうだけど何か美味しそう。 ちづるがゴムチューブの浮き輪を借りビーチに出る。ベンチのよさそうな場所は、先客の西洋人がすでに陣取っていたので、空いてるベンチにバスタオルを置き、海に足を入れてみるが水が冷たい。恐る恐る体を浸して行き、やっと全身水の中。それでもいつの間にか体が慣れて来て、冷たさを感じなくなる。波が結構押し寄せてくる。
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 06:26Comments(0)

2006年09月27日

56歳主婦初ミャンマーの旅6 〔グエサン〕

車窓

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記6日目です。


☆2005年12月16日(金)6日目 ヤンゴン〜グエサン
宿泊ホテル ユザナリゾート(Yuzana Resort)
利用交通 バス、バイク

いよいよこの旅も後半に入る。結構目いっぱい駆け足で過ぎたけれど、今度はビーチでのんびりと過せそうだ。でも本当に何も無さそうな所らしいので、のんびり過すことに慣れてない日本人の私はちょっと不安。ヤンゴン郊外の長距離バスの乗り場まで、ものすごいおんぼろバスに乗る羽目になる。バスの出発までの間、御布施を求める女の人がバスの中まで入ってきて何やら御経を唱えている。ポケットからお札を出し御布施をする人もいたが、私はやめた。外国人は私たちだけ、そもそもバスで移動する外国人はあまりいないと思う。殆どが、飛行機の移動だろう。国内線の飛行機は、お坊さん以外、殆ど外国人だった。乗客の1人が他のビーチを勧める。グエサン・・・本当に大丈夫かな〜
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 18:12Comments(0)

2006年09月20日

56歳主婦初ミャンマーの旅5 〔インレー湖〜ヤンゴン〕

蓮畑

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記5日目です。

☆2005年12月15日(木)5日目 インレー湖〜ヤンゴン
宿泊ホテル グランドプラザパークロイヤルホテル(Grand Plaza Park Royal Hotel)
利用航空 マンダレーエアライン 6T-402 09:40/10:50

やはり朝は肌寒い。迎えのボートに乗りインレー湖ともお別れだ。途中、ピンクの蓮の花が沢山咲いているところを通る。あまりにも綺麗なので写真に収めていると、ボートのお兄さんが、花の咲いている中へボートを入れてくれ、蓮の花を2本切ってくれた。茎が1m程もある。思いがけないサービスに嬉しくなる。名残惜しんでいるうちに、ボートは船着場に着いてしまった。船着場では水浴びをしている人がいる。寒くないのかしら・・・そう言えばミャンマーの人は、寒くても水で体を洗うらしい。風邪を引かないかと気にかかるが、習慣の違いで小さい時からそうしていると大丈夫なのだろう。
  続きを読む
Posted by myanmarplg at 01:26Comments(0)

2006年09月13日

56歳主婦初ミャンマーの旅4 〔インレー湖〕

ボートの運転手さん

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に訪れた主婦の旅行記4日目です。

☆2005年12月14日(水)4日目 バガン〜インレー湖
宿泊ホテル フピンカウンダホテル(Hupin Khaung Daing Hotel)
利用航空 エアー バガン W9921 7:35/9:00

少し後ろ髪惹かれる思いでホテルを後にし、タクシーで空港へ向かう。待合室には韓国や中国からの観光客が団体で来ていてにぎやかだ。飛行機の席は自由。団体さんは他の会社の飛行機に乗ったのですいていた。インレー湖があるヘーホー飛行場はマンダレー経由なのでマンダレーから人が乗って来た。前の席の人達は、日本でコックをしているミャンマー人の男の人2人と日本人の年配の女の人2人、日本人は大家さんだそうだ。休暇が取れないので短いミャンマー旅行とのこと。

 ヘーホーに着きタクシーに乗る。インレー湖までは本当に長い道のりだ。途中からボートでホテルに向かう予定だったが、車でも行けるとの事なので、タクシーだけで行くことにする。始めは道も広く舗装されていたが、途中から村々を通り抜ける感じで道も悪く、ホテルに着くまで結構大変だった。舗装されていない細い道、小川に架かった壊れかけた木の橋、そんな道を通っていると、ふと自分が小さい子供だった頃を思い出す。“そーだ、日本もこんなだったんだよねー”  続きを読む
Posted by myanmarplg at 02:23Comments(0)

2006年09月06日

56歳主婦初ミャンマーの旅3 〔バガン〕

ヤギ放牧中

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元を訪れた主婦の旅行記3日目です。

☆2005年12月13日(火)3日目 ヤンゴン〜バガン
宿泊ホテル バガンタンテホテル(Bagan Thante Hotel)
利用航空 マンダレーエアライン 6T-411 6:15/7:35

朝早い飛行機なので、朝ごはんはホテルがモーニングボックスを作ってくれた。飛行機は小型だが、日本の国内線と同じくらいきれいだ。それに乗っている時間は1時間足らずなのにパンとお茶が出る。嬉しい。添乗員の衣装もきれい。

バガン到着。空港はミャンマーっていう感じで、ヤンゴンよりきれい。まだ新しい。空港で入域料とかで、外国人旅行者は10ドル支払わなくてはいけない。日本円では1200円位だが、ミャンマーにとったら12,000円くらいの収入、これは大きい。空港を出ると、客待ちのタクシーが何台も止まっている。ちづるが何やら交渉し、タクシーに乗る。ちづるにとってはまだまだのミャンマー語かもしれないが、私にとっては本当に頼もしく思える。道は広く、結構美しい。

数十分ほど車に乗り、オールドバガンにあるホテル(*)に到着。案内された部屋は、エーヤワディ川が目の前に見えるバンガロー風のとても素敵な部屋だ。何か感激!一息ついて、さあこれから見るパゴダに期待して、1日チャーターしたタクシーに乗る。  続きを読む
Posted by myanmarplg at 07:31Comments(0)

2006年08月30日

56歳主婦初ミャンマーの旅2 〔ヤンゴン〕

シュエダゴンパゴタ

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元を訪れた主婦の旅行記2日目です。

☆2005年12月12日(月)2日目 ヤンゴン
宿泊ホテル セントラルホテル(Central Hotel)

朝コーランの祈りの声で目が覚める。このホテルの近くにイスラムの寺院があるらしい、いい感じ。今日はどんな1日だろう?

朝1番でシェダゴンパゴダに行くことになった。セントラルホテルの従業員であるお兄さんが丁度非番なので案内してくれた。凄く広い境内には大きなパゴダが金色に輝いている。周りにもいろいろあって本当に素晴らしい。感嘆符の連続だ。寺院好きの夫に見せてあげたい!自分の神様にお参りし(私は木曜日生まれ、ねずみ)、パゴダの前でお兄さんと別れたが、色々と親切に案内してくれて感謝、ありがとう!

お世話になっている旅行会社のオフィスに向かう。  続きを読む
Posted by myanmarplg at 21:15Comments(0)

2006年08月23日

56歳主婦初ミャンマーの旅1 〔日本出発〕

【旅行記】
ヤンゴン留学中の娘ちづるの元に、東南アジア初体験の母親が一人、様子を見に来た時の旅行記を、投稿していただきました。
週1回ずつ、11回に分けて、掲載いたします。


☆2005年12月11日(日)1日目  日本〜ヤンゴン
宿泊ホテル セントラルホテル(Central Hotel)
利用航空 タイ航空 TG641 10:45 / 15:35 TG305 18:00 / 18:45

ちづるへの土産を持っていざ出発!ヤンゴンまでは一人旅。口では“何とかなるでしょう”とは言っても、本当は結構心細かったりして・・・。

成田空港は12月前半だというのに思っていたより混んでいた。皆は一体どこへ行くのだろう。席は真ん中。窓側はインド人っぽい青年、髪が長く、始めは男か女か分からなかった。話して男だと分かった。反対側は社員旅行っぽい日本人のおじさん。片言英語でその青年と少し話す。どうやら少し前には日本の千葉県にいたらしい。学生のような・・・?

タイ航空は客室乗務員が民族衣装を着ていて、とても美しい。洗面所に花が飾ってある。何かいい感じ。機内食もまあまあ。テレビを見たかったが、首が疲れる位置にテレビがあって、あまり見ることができなかった。
そうこうしているうちに、バンコクに着いた。人の流れに沿って歩いていき、インフォメーションで聞いたりしながらやっとの事で搭乗手続きが済んだ。もっと英語が話せたら・・・とつくづく思った。

ヤンゴンへの搭乗口は階段を降りた所だった。

  続きを読む
Posted by myanmarplg at 13:29Comments(0)