2009年11月04日

蝶博物館の計画

カンドージー植物公園

蝶博物館内


   年内の開園を目標に、シャン州のピンウールィン(メイミョー)町に在るカンドージー植物公園内のオーキッドビルに、ミャンマーで一番大きな蝶類博物館の建設が進められて居る事が、関係者の話として明らかになりました。
   展示内容は、ミャンマー国内で生息するる蝶が4万種以上、海外産としてアフリカ、マレーシア、中国,タイなど、その他にも多少の昆虫類を併せて展示する予定となっております。なお、展示品は日本人研究者が、多くの蝶を寄贈したとのことです。
   また園内には、内外の沢山の蝶を放ち、自然繁殖を図りますので、皆様も生きた蝶の姿を楽しむことが出来る様になっています。
   植物公園内では、その他にも鳥や動物が自然の形で飼育され、間近でご覧頂けますし、展望台からはピンウールィンの町が一望出来ますので、歴史の街メイミョーを訪れた際にお出でになってみては如何でしょうか。

Golf

  

Posted by myanmarplg at 08:00Comments(0)