2011年08月22日

写真

まだ子犬だった、ラッキーの写真



何回見てもかわいい!

mybabylucky at 11:21|この記事のURLComments(1)

再会、そしてお別れ

ラッキーの写真をもらいました。十年位前のです。

海外に暮らしていたから、ラッキーもなんだか外国犬(笑)





mybabylucky at 00:32|この記事のURLComments(0)

2011年08月20日

ラッキー一度はこんなに元気に回復したよね。

点滴を初めて2日後にメロンをあげたら食べてくれました。
それから食欲がもどり、もりもりいろんなもの食べたよね、ラッキー。



mybabylucky at 23:28|この記事のURLComments(0)

会いたいよ

ラッキー、会いたいよ

抱っこしてあげたいよもう一度

mybabylucky at 04:07|この記事のURLComments(0)

2011年08月19日

Lucky....



もうこのころから辛くなってきたんだね・・・ラッキー がんばってくれてありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

mybabylucky at 15:03|この記事のURLComments(0)

2011年08月18日

ラッキーへ

ラッキーにかまれた人差し指まだ痛いよ・・・あんなにかむ力があって、ごはんももりもり食べて回復に向かっていたよね・・・先週は・・・

床ずれがひどかったのも、穴がふさがったり、肉がもりあがって、すごい生命力を感じてたよ。

ラッキー・・・先週の今頃、呼吸がくるしそうで、口から泡吹いていて、本当につらそうだったね・・・

体をさすってあげること、床ずれの消毒、くらししかしてあげられなくて、ごめんね・・・

夜中に私をじっと見つめる目・・・忘れられないよ・・・

今は、元気にごんちゃんと遊んでるかな? 他のわんちゃんとは仲良くできてるかな? 

まだ私のそばにいてほしいな・・・たまにはワン!って私のとこにきて、ラッキー・・・会いたいよ・・・

IMG_6986


mybabylucky at 21:53|この記事のURLComments(0)

2011年08月13日

ラッキーありがとう。


3年ぶりのブログです。

昨日、8月12日午後1時20分ごろ、ラッキーが息を引き取りました。14歳でした。

ラッキーの24時間介護をしてから約一カ月・・・・点滴をしたり、床ずれが良くなってきて、これは回復に向かってるなんて思っていたのに・・・・11日から急に呼吸が苦しくなって・・・・最後の最期までラッキーは生きようとしてたんだよね・・・・私がトイレにいったほんの一瞬でいってしまった、ラッキー。

きっと、私がいたら、まだ頑張ろうって思って、私がいないときに力尽きたんだね・・・・

最後は目を閉じてあげ、すやすや眠ってるような顔でした・・・・

時間をみつけて、ラッキーの介護日記を書こうと思います。 

ラッキー、14年間一緒にいてくれてありがとう。 私は本当にラッキーだったよ。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村

mybabylucky at 11:14|この記事のURLComments(0)

2008年02月29日

ラッキーへ

949aeb9e.jpg偶然見つけたペットショップで出会ってもう11年目だね・・・
アメリカで飼い始めてから私の都合で飛行機乗せて怖い思いさせたり
旅行のたびに預けて寂しい思いさせてごめんね。
私の帰りが遅くておもらししたとき、きつくしかってごめんね・・・
それでも、こんな私といつも一緒にいてくれて、毎日毎日私が帰るのを
体全体で喜んでくれてありがとう。
ラッキーと出会えた私は本当にラッキーだよ。だからそう名づけたんだから。 これからもずっと長生きして一緒にいようね。

mybabylucky at 01:26|この記事のURLComments(0)

2007年01月26日

2007年

ba532ed7.jpgいい年になりますように・・・

2006年11月13日

ごんちゃんが倒れた!!! 1

9cd23265.jpg私の実家で飼っている雑種の14歳11ヶ月のごんちゃんが
先週の夕方、突然倒れたの!!!!

朝は普通にご飯食べて、でもお散歩に行きたがらなくてちょっと心配で・・・

母が旅行から帰ってきて、私が、夕方に夕飯の支度をしていたら
外でガタン!という音がして、嫌な予感・・・

外を見たら、ごんちゃんが動けなくて苦しそうにしていたの!!!
時間は6時。動物病院へ急いで電話して急患扱いで直行!
あまりにあわてて、私は母のサンダルと自分のサンダルを両方右?はいて来たのに病院の待合室で気づき顔から火が出るほど・・・(人間、焦ると本当にマンガのようなことが起こるんだ・・・)

本当は明日2週間後の検診でごんちゃんを連れて行くはずだったの。

口の中が真っ白で2週間前に先生に言われた貧血症状が悪化してるとのこと・・・

なんで!薬飲ませているのに・・・(><)

先生曰く、これは白血病らしい・・・
骨に穴を開けて骨髄を調べないとはっきりわからないけど、
そのために麻酔をしたらそのまま永眠してしまう可能性があるといわれ・・・

しかも、明日は先生が休診!!!(T.T)
入院も出来ず・・・
1時間点滴(かなりの低体温だったため、温度を上げるためとか)と酸素吸入・・・

手には痛々しく注射針が刺されたままの包帯が・・・

入院は出来ないのかとお願いしたら

先生が「もうこのままでしょう・・・ご飯も食べれないだろうし・・・お家に帰して看てあげてください。ごんちゃんもそれのほうがいいでしょう。」と・・・ 


そしてぐったりしているごんちゃんを抱き、
家に戻り、今夜が山のよう・・・

今までごんちゃんは外犬だったから部屋で寝ることはなかったけど、先生が「今夜から目が離せないので、部屋の中で暖かくしてあげてください」と・・・

今まで何度となく母にごんちゃんも中に・・・といってたけど
だめ!の一点張りだった。でもさすがに今回は了承。

私の部屋でラッキーと一緒に過ごすことに。
ラッキーは最初は嫉妬したけど、ごんちゃんの状態をみて、
さすがに犬でも事態の深刻さに気づいたよう・・・

静かにごんちゃんを見て、ため息・・・

ごんちゃんは寝返りも自分で打てないので1時間おきに私が・・・

でもその度に心拍数がすごく上がり、危険な状態に・・・
失禁もしてるし・・・・

高校生の時からの弟のようなごんちゃん・・・

苦しんでいる姿が痛々しくて・・・

体をさすってあげたり、暖めてあげることしか出来ないけど・・・

ごめんね・・・ごんちゃん(T.T)



mybabylucky at 16:37|この記事のURLComments(0)困ったこと 
Profile