2007年08月25日

お知らせ☆

現在、こちらのブログを更新する時間、気力に欠けています(´Д⊂)

そこで既読本整理のために、

誰でも参加できる読書コミュニティ 「たなぞう」

に、プリンのページを作りました。

当分の間、こちらでお会いしましょう

よろしくお願いします☆  
 
        ☆purin☆

mybook_cafe at 14:32コメント(9) 

2007年08月20日

残暑お見舞い申し上げます☆

みなさん、お久しぶりです(・∀・)つ

放置してました。
なんとなく。
ブログを、というよりパソコン自体を放置してました。。。
精神的プチ家出みたいなもんです(?)

そういや最近、一人暮らしなのに「家出してやるっ」ってよく言ってしまいます。
誰も止めてくれません。

久しぶりすぎて何を書いたらいいかわからなくなってしまいました。。。

最近は・・・

暑いですよね
四国ももちろん暑いですけれど、個人的には『寒いよりはずっとまし。』です。

まあ、それでも暑気払いに
鉄鼠の檻鉄鼠の檻

を再読しました。

意外なほど効果的。
残暑には雪山と坊主を。是非。

ブログの方はもう少しお休みするかもしれません。

何といっても既読本を整理する、絶好の手段を見つけてしまったので。。。

利用されている方は、当面こちらでお会いしましょう。

最近の読書傾向とわたしの精神状態を表して・・・
はいないはず。。。



mybook_cafe at 16:47コメント(15) 

2007年07月27日

114:墨攻

墨攻墨攻


戦国時代の中国、特異な非攻の哲学を説き、まさに侵略されんとする国々を救援、その城を難攻不落と化す謎の墨子教団。
その教団の俊英、革離が小国・梁の防衛に派遣された。迫り来る敵・趙の軍勢は2万。梁の手勢は数千しかなく、城主は色欲に耽り、守備は杜撰であった。果たして革離はたった一人で城を守り通せるのか ―史実を踏まえながら奔放な想像力で描く中島敦記念賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

おもしろかったです!
最初はちょっと地味な話に思えたんですが、(何しろ、守るのが目的で攻めないし、負けないことが目的で勝ちにいくわけでもないし。)読んでるうちにすっかりはまってしまいました。
純粋に、革離がやってることが、読んでておもしろかったです☆
革離が繰り出す戦術はよくできてはいますが、古代の中国が舞台なので、どの仕掛けも手作り感あふれていて、目に浮かぶようで楽しいし、
人心のコントロールも、単純なんだけど、今の組織でも応用できそうな気もするし。
シンプルなんだけど、シンプルであるがゆえに、今の社会でも通じる、そんな感じ。

それにしてもこの謎の墨子教団、俄然興味が湧いてきました。
すっごい強いのに、目的不明なところがまたそそられます〜

この本は最近、映画にもなったそう。
ぜひ見て見ようと思います^^

墨攻墨攻

アンディ・ラウが主演!!
手に持ってる、なんだか分からない武器にもそそられる〜〜(*゚∀゚)っ

って、よく見たら普通に「弓」ですね、これ。続きを読む

mybook_cafe at 22:28コメント(10) 
時代小説 | ・酒見 賢一
開店しました♪
 ただいま読書中    ☆(。・ω・)ノ゙
Amazonライブリンク
ご訪問ありがとうございます☆