ブログネタ
ゲーム に参加中!
「愛は死よりも強く、死の恐怖より強い。」byツルゲーネフ

あらすじ
 1976年8月2日深夜。大規模な土砂災害が発生し、村に甚大な被害をもたらす。

災害から27年後、2003年。夏休みを利用し、村に関する都市伝説を確かめるべく東京からやってきた高校生や、自らの学説を裏付ける為に村の秘祭の調査をしにきた民俗学者、テレビ番組の取材でやってきたTVレポーターらが村を訪れる。

8月3日午前0時、村の四方を囲うように出現した赤い海からサイレンの音が鳴り響き、羽生蛇村は外界から隔離された異界と化す。異界化に伴って現れる異形、赤い水の影響によって人が変貌した存在「屍人」。人々は状況的に、そして精神的に追い詰められながらも、人として生きるために絶望的な戦いに身を投じていく。これは人でありたいと願い、人として生きたいと祈る人々の群像劇である。

感想
 CMが恐すぎるという苦情が相次いで放送禁止となり、逆にそれが話題性を呼んだという伝説のホラーゲーム、サイレン(siren)について語ろうと思う。

 このゲーム何が伝説かと言うと難易度が高過ぎる。余程のゲーマーかつ暇人でないと自力で攻略なんて不可能。ゲームは人並み程度しかやらないがホラーゲームの金字塔、バイオハザード1,2,3は自力でクリアした経歴は持ち合っている僕。しかし、「ゲームごときに貴重な時間を割いてられっか」と製作者に心の中でお詫びをし、初っ端のステージからネットで攻略サイト見ながら進めることにした。

 バイオハザードと似たようなもんだろ、思っていたわけだが進めて行くうちに「恐怖」のベクトルがまるで違うことに気付いた。
 バイオハザードの2大恐怖要素と言えば
1.セーブ出来る回数が決まっている
2.いきなり音を立て、驚かせてゾンビが飛び出してくる
だと思うけど、サイレンの場合はまるで違う。
 まず、1は正反対。サイレンは細かなステージで分けられているため、死んでもすぐちょっと前に戻ることが可能。むしろ何十回も死ぬことによりクリアの道が開けてくる。死んで覚えろというファミコン時代のゲームの攻略法と何ら変わらない。
 2の要素も正反対。バイオの場合、ゾンビが脅かしてくるという簡単に言えば「どこから敵が現れるかわからない」恐怖であるのに対し、サイレンは「どこにいるかわかる」恐怖。これはこのゲーム特有のシステムで、ここがこのゲームの面白いところ。「視界ジャック」という機能が関係してくるわけだが、プレイヤーは敵の視界を見ることが出来る。つまり視界を見ることを活用して、どのようにプレイヤーは行動するかを考える必要がある。

 プレイするキャラは約10人で、時間、場所を変えて短いステージをそれぞれ攻略していく。キャラによっては銃器等の武器を扱い、屍人をどんどん倒していくステージもあれば、武器など全く何も持たず、ただひたすら隠れながら視界ジャックを駆使し、逃げるステージもある。また、「同行者」を連れてクリアするステージも多々あり、この同行者が非常に厄介者。[待て]と命令しているにも関わらず、恐怖に耐えかねて屍人の群れに突撃したり、パニック引き起こして大声で叫んだり・・・。頼むから静かにしろとブチ切れたことも少なくない。

 まぁそういうことで非常に難しい。攻略サイト見ながらやっても難しいと感じたし、自力で全クリなんて100%無理。ネットという便利な媒体が無ければ即効で売ってたわ。今の時代こんなにユーザーに手厳しいゲームが受け入れられるはずもなく、難易度の高さ故、恐怖感がいらだちに変わり、即効売り払った人も多いらしい。

 でも和風ホラーの恐怖感は充分つまっており、どこか懐かしい感じがする風景や悲壮感漂う建物、薄暗い病院や木造校舎の学校というステージはオカルト好きにはたまらないと思う。プレイしていると、夜トイレに行くことが恐くてたまらなかった幼い頃を思い出させた。

 あれ、なんか感想というかほとんどただの解説・・・。まぁ言いたいことは考察に全部書くことにする。

考察(ネタバレあり)
 このゲームのテーマは「愛」だと思う。
 システムだけでなく、ストーリーとしても面白い。いや、むしろストーリーがこのゲームの語るべきポイントだろう。
 メインとなる本筋のストーリーは主人公須田恭也によるものだが僕が言いたいのはそこではない。
 高遠玲子(以降高遠先生)と四方田晴海(以降晴海)による親子愛こそがこのゲームにおける最大の魅力だと思う。

 正確に言うとこの2人は親子ではない。2人とも、もともと村の住人で、高遠先生は小学校の先生で、晴海はその学校の生徒だ。
 初めのうちは高遠先生を操作しながら同行者として晴海が付いて周り、いくつかのステージを解いていく。ゲーム中におけるムービーなどでわかってくるが高遠先生の晴海を守りたいという想いが凄く伝わってくる。特に廃屋小屋で2人隠れているときに「先生が晴海ちゃんのお母さんになってあげる」という台詞は非常に印象的。
 高遠先生のその台詞にはちゃんとした意味があり、ゲーム中手に入れられるアーカイブで明らかになっていく。
 実は晴海は両親を交通事故で亡くしている。そしてそれを引きずり普段から塞ぎこみになっていた。
 また高遠先生も事故で自分の子どもを亡くしている。だからこそ、家族を亡くしたという同じ境遇の晴海を、自分の子どもに重ね、絶対に死なせてはならないと思ったのだろう。
 しかし、結局あるステージにて晴海を守るために高遠先生が屍人の犠牲になってしまう。
 そして、それ以降は晴海1人で進めていくことになる。ちなみに晴海単独のステージは非常に恐いし難しい。特に直後の「四方田晴海廃屋からの脱出」ステージはホラーゲーム史上最恐と言われているほど。ちなみに、さすがに小学5年生の女の子が殺されるシーンは良くないということで晴海は屍人に見つかればほぼゲームオーバーという処置になっている。

 まぁ色々経て、須田恭也がラスボスを倒してエンディングを迎える。結局元の世界に帰れないことが判明し、このゲームの「どうあがいても絶望」というキャッチコピー通りの展開になる。いや、なると思われた。

 エンディングムービーにて屍人に追い掛けられる晴海に突如、醜い形相の屍人と成り果てた高遠先生が現れ、助ける演出がある。既に人間の理性など完全に消されているはずなのに、屍人になってもまだ晴海を助けようとする先生。
 最後、晴海は「おかあさん」と小さく呟いて気を失い、唯一、屍人に触れられずにここまで生き延びたという理由から晴海だけ元の世界に帰ることが出来る。
 これこそが最後の最後に一瞬だけ見出せた希望でしょう。どす黒い中に一点挿した光。要するに高遠先生の晴海を愛する想いだけは唯一「絶望」に打ち勝つことが出来た。
 血が繋がっているかどうかなんて関係ない。人を愛することの偉大さこそがこのゲームの隠されたテーマではないだろうか。