2018年05月31日

売却許可決定からの評価明細取得からの入居者決定

競売物件落札してからローンを組もうかと動き始めたら、いろいろ問題にぶち当たったりしてなんだか面白い。

本来残金を支払わないと所有権移転しないし中も見られない。

リフォームの見積もりがローンに必要だけど中が見れないという状況になるわけね。

私の場合今回は相続財産管財人さん立ち会いのもととりあえず内見させてもらえることになり、不動産屋と内装リフォーム見積もり担当者を同行させて行ったわけなんだけど、見積もり出すのに1週間かかるとか。

なるほどね。

競売物件でローンは難しいって言うのはこのことね。

支払い可能日は1ヶ月程度。

一旦立て替えて払う余裕がなかったら競売物件には手を出すなってことね。

さて、住宅ローンでお世話になってる銀行さんは、すごい無意味なローンをお勧めしてきたんだけど、、、。

抵当権は付けず、連帯保証人あり、担保として定期預金を作ってくれと。

で、その定期預金の額面の90%のローンが組めるんだとか。

100%損するローン。

100万円定期預金に預けたら90万円借りられるって!
使えるお金減ってる上に少ない金利をもらってそれより高い金利を払うことになる。なんだそりゃ?

「それ、私は借りてもなんのメリットもないですよね?」
と聞いても「事業がうまく行かなくて支払いができなくなっても定期預金があるから安心、保険みたいなものです」と。

それは銀行にとっての安心、保険であって、借りる側にはなんのメリットもない。
まんまと騙されるほど頭悪くなくてよかった。

落札から1週間、売却許可決定が10時に出たのですぐに収入印紙300円買って売却許可決定の謄本の写しを取得、すぐに市役所で固定資産税評価明細を取得。

これとリフォーム見積もりできたら国金でローン審査してもらうことに。

金利は超良心的な1.75%

個人事業主の味方、国民生活金融公庫。ありがたや。

さて、1軒目の賃貸物件1人目の入居者はキャンセルになったけど2人目が今日契約すると正式に決定。

これでようやく待ちに待った大家さんデビュー。

偶然だけど5月30日はちょうど10年前マイホームの土地を契約した日。

なんか嬉しい、なんかハッピー、ほどよくバタバタ忙しくなって、暇人の暇つぶしに競売落札はぴったり。

競売物件から不動産の面白さに取り憑かれちゃったので、今年は宅建試験を受験することに決めた!

20年ほど前に受験したことあるけど落ちたから、リベンジ。

興味を持ってると驚くほど頭に入る。これなら合格できそうな予感。

不動産屋になろうかな。

IMG_6300
IMG_6350
IMG_6347
IMG_6310
IMG_6306
IMG_6385




myhome3150 at 02:39│Comments(0) 競売 | 投資

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

さっちゃん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

RSS
参加中のブログ
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました