焼酎の保管の仕方焼酎のおいしい水割りの作り方②

2009年11月19日

焼酎のおいしい水割りの作り方①

焼酎はアルコール度数が高いので、
ストレートやロックはきついという方が結構いると思います。
私の場合はいつもロックで飲んでいますが、
慣れるまでだいぶ掛かりましたし、
今でも一杯目からロックは流石にきついです。

水で割れば割るほど美味しさが損なわれるといわれますが、
飲み慣れない人がいきなりストレートやロックで飲んでも、
むせるだけで美味しいもへったくれもないですよね。

そこで、
今回から数回に分けて、
焼酎のおいしい水割りの作り方について書いていきたいと思います。

その①
「水の選び方」

焼酎のアルコール度数は、
20度、25度、30度などいろいろ有りますが、
これらはすべて「水で割って」度数を調節しています。
言ってしまえばすでに水割りみたいなものです。
ただし、その焼酎を作った水で割っているので相性は抜群です。

水割りを作る時もその蔵の水で割ればいいのでしょうが、
そうそう手に入るものではありません。
なので、味を損なわない、変えないという意味で、
「軟水」で、その中でもミネラル分の少ない水を
選んでみてはいかがでしょうか。

焼酎を作る水は、
恐らくどの蔵でも軟水を使っていると思います。
日本ですからね。
ミネラル分の量やバランスはそれぞれ違うと思いますが、
成分まで近いものを見つけるのは至難の業なので、
だったら出きるだけ少ないもの(味を邪魔しないもの)を
選んじゃえーという訳です。
ミネラル分が多いと、水としては美味しいかもしれませんが、
焼酎水割りとしては雑味となる可能性があります。

とは言うものの、
世の中にはいろんな水が売られているので、
どの水で作った水割りが自分にしっくりくるか、
いろいろ試してみるのも面白いと思います。


今回のまとめ
「水割りに合う自分好みの水を見つけよう」


結局人まかせになってしまいましたね
「軟水」、「ミネラル分」をヒントに、
ぜひ自分の好みに合う水を見つけてみて下さいね

 



myhome_izakaya at 14:54│Comments(0)TrackBack(0) 焼酎水割り 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
焼酎の保管の仕方焼酎のおいしい水割りの作り方②