スポンサード リンク

マイホームのプランニングの際、間取り図を考えたり見たりする際に気をつける点が畳の寸法です。平屋建てなどの日本の伝統的な住居の設計だけでなく、マンションなどにも、畳の寸法で広さをあらわしている間取り図が多いのですが、畳の大きさには種類があります。住宅の間取りのほとんどは現在は和洋折衷です。洋間と和室が両方ある、そんな間取りが多いですよね。日本の間取り図の場合はこの畳の寸法が基準になっていることが多く、洋間の広さの基準になっていることも多いのです。この畳の寸法が間取り図(平面図)の基準になってきます。

マイホームを間取り図を見て住宅を購入するとき、またマイホームの間取りプランを考えるとき、この畳のサイズの違いを知っておくと便利です。同じ6畳の部屋でも、畳の大きさが違えば当然面積が違うということになります。どの程度の差があるかというと、次のとおりです。

●本京間・本間(京間)  190.8cm×95.4cm(6.3尺×95.4尺)
●六二間(佐賀間)    187.8cm×93.9cm(6.2×3.1尺)
●六一間(3寸間・関西間) 184.8cm×92.4cm(6.1×3.05尺)
●三六間(中京間・中間) 181.8cm×90.9cm(6.0×3.0尺)
●田舎間・東京間(五八間)175.6cm×87.8cm(5.8尺×2.9尺)

畳で一番大きいのが京間のサイズです。京間は京を中心に奈良、大阪などの地方で民家・茶室などに使われてきた基準尺です。一方、田舎間は、民家などに使われてきました。
一戸建てなどの間取り図(平面図)を設計する際には基準寸法を910mm、または900mm(3尺)にとることが多く、窓や玄関の広さ、ドアの大きさも一間(畳の長いほうの幅、設計するときは1820mm)や半間(畳の短い方の幅)にとる事が多いのが日本家屋です。柱の位置もこれで合わせるようになっています。マイホームの間取りをセルフプランニングする際は、この基本から考えてみるとわかりやすいのではないでしょうか。間取り図をみて購入する際は、広さ(面積)を確認してみるといいかもしれません。