2018年07月11日

女の子であることを受け入れさせられるということは・・・

 いろいろばたばたしていて、また間があいてしまいました。今日は少々飲みすぎて、頭がくらくらしながらの更新です。

 前エントリへのコメントありがとうございました。中でもチュリンさんのコメントがあまりにも刺激的だったので、ご本人の許可を得てここに紹介させていただきます。

「おい、なんでお前はその縞々パンティを選んだ?」
「う、うぅ…。私が縞々パンティを選んだのは、ご主人様に男らしさで敗北して泣いちゃった、男失格の女の子だからです…」
「はははw じゃあ隣のお前は?そのアニメ柄のパンティをどうして選んだんだ?」
「そ、それは…。私がアニメの女の子に共感してばっかりで、男らしさを全く持たない女の子だと、ご主人様に思い知らされたからですぅ…」
「はっははw 揃いも揃って、情けないな!だが良かったじゃないか、これからお前たちは女の子として、可愛くしていればいいんだ。似合わない男として暮らすより楽だろ」
「は、はいぃ。ぼ、僕たち…。ううん、私たち、男失格の女の子だってご主人様、パパに教えてもらいましたぁ…」
「男失格の私たちの保護者に、パパになって頂きありがとうございます。感謝の印として、パンチラダンスをさせていただきます。」
「私たちの女の子パンティ、ご覧下さいませ…」

 私、恥ずかしながら、このコメントを何度も何度も読み返して、軽く達しちゃいました。

 チュリンさんはこれに続けてこうもおっしゃっています。

自立もできる「女」のセクシーな下着でなく、庇護下でなくては生きられない「女の子」のパンティを穿く羞恥…。ご主人へのパパ呼び…。ドキドキですw

 そうなんですよね。女の子であることを受け入れるということは、強くてたくましい男性に敗北、屈服し、それに媚び、屈従して生きていかなくてはならないということだけでなく、その庇護のもとでしか生きられない、すがって頼って生きていかなくてはならない(しかもかつては同性としてライバル関係や敵対関係にあったであろう男性に、です)ということでもあるのです。パパ呼びはそんな屈辱とみじめさを芯まで味合わさせるための言葉ですね。

 男として自立し、能動的に生きてきたのに、二度と自分自身の足では立てなくされる屈辱。男性の庇護のもとでしか生きていけない立場を受け入れさせられたみじめさ。そんな感覚を味合わされたくて、胸がぎゅっと苦しくなるようなチュリンさんのコメントでした。

mykaida at 23:52コメント(0) この記事をクリップ!
紹介 

2018年06月17日

女子アピールの屈辱

 前エントリにコメントを頂き、ありがとうございました!

 みなさんのコメントを読ませていただくだけで、ぞくぞくしてたまらない気分になってしまいました。こういうすてきな動画も紹介していただきましたよ。



Girl Crash っていうんですね。おしりフリフリ、ひらひらチラチラ。こんなダンスを強制されたら、男としての尊厳、台無しですよね。それも、少し前までは

「戦うのはおれら男に任せて、おまえら女子はせいぜいかわいいかっこうして、ひらひらチラチラ、おれらの士気をあげてくれよな!ほら、チアみたいに、よろしくな笑!」

とかいっていた男が、です。チアパンチラをねっとりおかず目線でなめるように楽しみ、たっぷりおかずにしてきた男が、ですよ?自我が壊れてしまいそうな屈辱ですよね。

「さ、カメラも準備オーケーだ。はじめろ」
「・・・ぅ・・・・・みなさま・・・」
「もっと舌足らずに。甘えた声で。」
「・・みなさまぁ・・・これまでぇ、生意気な男づらしてみなさまの前に立ってきたこと、深くおわびしますぅ・・・ほんとに・・・ほんとに・・・申し訳ありませんでしたぁ・・・うぅ・・・」(すすり泣き)
「笑顔だろ!笑顔!!これまでのビデオ全部拡散してやってもいいんだぞ?ぁあ?」
「あぁ・・・・そんな・・・・(無理やり笑顔を作って)ねぇ、みてぇ、わたしぃ、今日からぁちゃぁんと自分の立場うけいれちゃいまぁす!!」
「いいぞいいぞ、ほらそこで教えたとおりのポーズで!!」
(恥ずかしそうに両手で胸の前にハートをつくると、小首をかしげて媚びた上目遣いの笑顔・・・膝小僧をあわせて片足を「く」の字に)「きょうはぁ、私の男終了記念日なのぉ!!うぅうんとかわいくダンスするね!たっくさん写真撮ってください!!」
「いいぞいいぞ、どんなダンスだ?」
「・・・うぅんと・・・かわいい・・・ぱ・・・パンチラ・・・ダンス・・・しちゃいまぁす!!!」
(男たち爆笑)

っていう感じですかね。

mykaida at 10:18コメント(7) この記事をクリップ!
妄想 

2018年06月09日

Heart Attack

 コメント欄で激励いただきありがとうございます!

 K-POPダンス調教って興奮しますよね。といっても、それほどそのジャンルに詳しいわけではないのですが・・・。

 更新が滞っていた間に猛烈にお世話になっていたのがAOAのHeart Attack です。



これを練習させられて、たっぷり笑われ、ばかにされ、辱められて、男としての自尊心を粉々にされるところを妄想するとそれだけで軽く達してしまいます。

「おいおい、そこはもっと上目遣いだろ!」
「腰!腰!もっとかわいく腰をふりふりっとだろ??!!」
「げらげらげらげらげらげらげらげら・・・すっげ・・・まじで・・・男かそれでも???」
「うける!!げらげらげら」
「おい!なにしてんだ!はずかしがってんじゃねえぞ、そこ!!おもいっきりかわいくパンチラだろ!!!」
「やりなおし!」
「ターン!腰振って!!そうだ!そう!かわいいぞ、パンチラ!!!!」
「げらげらげらげらげらげらげらげら」
「おわってんなこいつ、男として!」
「俺達の前でこんな媚びパンチラして」
「あははははははははははは、かわいいぞ、あはははははは、男終了!!あはははははは」

なーんてね。

mykaida at 21:08コメント(8) この記事をクリップ!
妄想 

2018年06月02日

一年以上のご無沙汰でした

 ふと気づいたら一年以上更新せずに放置してしまいました。その間、妄想はおおいにはかどっていたのですけれどねー笑。

 とりあえず一年ぶりの更新で紹介しておきたいのは以下のまとめ。

男が連続でメスイキできる身体の仕組みを解説したツイートがわかりやすすぎる : くまニュース

 読んでるとうずっとしてきちゃいます。

mykaida at 23:05コメント(6) この記事をクリップ!
紹介 

2017年03月15日

K-POPダンス調教

 先日の問いかけにコメント欄でけんさんが二つ素材を紹介してくださいました。T-araとTWICEのダンスカバー、韓国版「踊ってみた」でしょうか。見てるだけでぞくぞくしちゃいます。ダンス調教で妄想していらっしゃる方、いかがでしょうか。





 けんさん、ありがとうございました!

2017年02月17日

SISSY A LA CARTE 13 & 14

 ご紹介しようと思っているうちに時間が過ぎてしまいました。大好きなシリーズ SISSY A LA CARTE の13と14とがリリースされました。

 個人的には13のレイヤー女装とアイドル女装とがとってもよかったです。ぞくぞくしました。ポーズ、表情、セリフ、どれをとっても最高です。これ、シリーズ化されるといいなあ。

 もちろん14も期待を裏切らないすばらしいできばえです。







2017年01月10日

識者の教えを請う

 コメント欄にて、ダンス初心者でもなんとかこなせそうなレベルの振付のK-POPソングはないでしょうかとのご質問。恥ずかしながら、そこまでK-POPに詳しくない私にはなんともお答えすることができませんでした。なにか初心者向けのよい曲はないでしょうかね。私自身もそれを使って辱められてみたいという下心もありつつ、こちらで書いて見た次第です。

 ちなみに私の好きなAprilではTinkerBellが一押しなのですが、DreamCandyもかわいくていいですね。こんなのを踊らされたら、屈辱でおかしくなりそうです。



2017年01月03日

謹賀新年

 みなさま、あけましておめでとうございます。更新できないまま、とうとう年を越してしまいました。昨年はそれ以前に比べれば多少は更新できたように思いますが、まだまだですね。今年もできるだけ妄想を言葉にしていくべく、精進?したいと思います。

 新年の到来を寿ぎ、妄想の断片をお一つ。

 アイドルをおかずにし続けてきた俺。ふとしたきっかけで誰にもいえない、誰にも助けてもらえない場所におちてしまった。わかっているのは、目の前のこの男が、一人の雄としても、社会的な地位においても想像を絶する力を持っていること。そして、この男のこれもまた想像を絶する支配欲は、女性を性的に屈服させることを超えて、ごくふつうの男を屈服させて、男であることを放棄させ、女であることを受け入れさせるという歪んだ悦びに向けられているということ。

 今、俺は仁王立ちの男の前に女子高生のような制服姿で正座させられている。男の横に恥ずかしそうに立っているのは、これまで俺がさんざんお世話になってきたあるアイドルだ。なぜそんなことが可能なのか、と疑問に思う余裕さえ今の俺には残されていない。

 はじけるように反り返った男のたくましいそれに引っ掛けられているのは、彼女がたった今脱いだショーツ。裏返してクロッチの部分がちょうど力強く屹立するそれの先端にかかっている。

「珠理奈がお気にだったんだろ?ん?ちゃんと調べはついてるぞ。」

彼女が恥ずかしそうに俯く。

「さ、珠理奈の生パンツだ。ほら。どうした。いいんだぞ。匂いをかいでみろ。く、くく、我慢はからだによくないぞ・・・すっかりミニスカをもちあげてるじゃないか・・・・ほら。」

男の言葉通り、彼女のショーツを目の前にぶらさげられて、俺のそれは痛いほど起ち上がっていた。クロッチから立ち上る思春期の女の子独特のあの匂いに引きずられるように顔が男のものへと引き寄せられていく。

「く、く、く。男のものに触るのは絶対にいやだ、って昨日はさんざん駄々をこねてたよな?わかるぞ、ふふふ。男のそれにキスしたら、お前の中の男として一番大切なものがあとかたもなく崩れてしまいそうなんだろ?ん?」

そんなことをねちねちといいながら、嗜虐の悦びに突き上げられるのか、男のそれはいっそう屹立の角度を上げていく。びくんびくん。それが跳ねるたびに彼女のショーツがヒラリヒラリと揺れ動く。

「いいんだぞ、いつものように思い切り楽しんでみろ。いつも、想像してたんだろ、珠理奈のパンツ?ん?擬似パンチらでうんと楽しんできたんだよな?げらげらげらげら。ほら、ほんものだぞ。くんくん、はぁはぁしていいんだぞ?」

彼女がいたたまれないように真っ赤な顔をして俯いている。

「おいおい、それ・・・・うはっ・・・ミニスカ・・・・・シミになってるぞおい!」

男の言う通り、俺が持ち上げてしまったミニスカの先端は糸を引いてしまいそうなシミをつくり、それがじわじわと広がっていた。

ん・・・・ふぅ・・・っ・・・・

俺の鼻がクロッチに触れるか触れないかまで近づいたとき、俺の中でぶちんと何かが弾けた。

ん・・・くぅ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・あ・・・珠理奈ちゃん・・・ん・・・・あぁ・・・珠理奈ちゃん・・・・

俺は、クロッチに鼻をこすりつけるようにして、あの女の子独特の香りを楽しみ、さらに、かすかにこびりついた女の子の印をねぶりとるように、唇をくなくなとこすりつけ、舌をちろちろとはわせた。男のそれは、勝利の喜びに震えるようにびくんびくんと跳ねる。ほのかに漂っていた雄の香りが一気にきつくなる。それをおいかけるように、俺は、生パンツを鼻と唇と舌とでたっぷり味わった。クロッチを唇でくなくなしながら、それが男の悦びの中心をいとおしむように刺激していることが切ないほどにわかってしまう。

頭がおかしくなりそうだった。彼女の生パンツを楽しむ男の気持ちと、男のたくましいそれを悦ばせるJKになってしまった気持ちとが交錯してスパークする。気づくと俺は涙をこぼしながら、パンツの上から、フェラとしかいいようのない営みに夢中になっていた。

・・・・ん・・・あぁ・・・んふぅっ・・・珠理奈ちゃん・・・ああ・・・かわいい・・・すっごい・・・エッチな匂い・・・ん・・・ぁぁ・・・たくましい・・・・雄の・・・香り・・・すきぃっ・・・・んふぅうっ・・・珠理奈ちゃん・・・あぁ・・・珠理奈ちゃん・・・・・ん・・・くちゅう・・・あぁん・・・玉袋あがってきてるぅう・・・・

男である、ということを成り立たせているいちばん大切なものに楔を打ち込まれ、「俺」はもう崩壊寸前だ。

 ものすごく屈折してますね、われながら。同じような趣味の方、いらっしゃるかな。

 というわけで、今年もどうぞよろしくお願いします。

2016年10月21日

いつのまにか

 忙しさに流されてうっかりしていたらもう10月も下旬。前回のエントリが9月はじめだったので、ずいぶん時間があいてしまいました。

 あまりこってりとした妄想を繰り広げる暇もなくすごしているのですが、ときどきAprilのTinkerbellを見ては、こんなのを練習させられたら・・・と想像してはぞくぞくした気持ちを味わっています。



K-POPの中ではこういうかわいい系はめずらしいのかもしれませんが、そこがツボにはまります。

2016年09月04日

Lady Beard

 ご存知の方も多いと思いますが、女装されているひげのレスラーさんです

 男女の境を軽々と超えていく感じがすてきだなと思います。

 ・・・が、これが強制されているのだと妄想し始めると、もうものすごくエッチな気持ちになってしまいます。毛深くていかにも男、って感じの人がこういうかわいい格好をさせられるのって、めちゃくちゃそそるんですよね。