2016年11月29日

カネヒラも婚姻色開花始まる

DSC_0618
DSC_0631
トンキンかカネヒラか迷ったあれから、後者を選択して体長3〜4cmの若魚を4匹仕入れて飼育していた。
飼育しているうちに体長5〜6cmまで成長し、性別も判明して雄3匹・雌1匹だった。
そして今、雄3匹中の1匹が婚姻色完全開花、残り2匹は5〜6分咲き。
この完全開花の個体が二枚貝エリアを占拠し、他の個体は草陰に逃げ込んでいる構成。
そうそう、早く咲かそうと思ってオイカワ水槽にも二枚貝を入れてきたが、こんなに成果が得られるとはビックリ。
やっぱりタナゴを咲かせるには二枚貝が最強のアイテムなのかも。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 21:23|PermalinkComments(6)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

2016年11月24日

あれから二ヶ月半:飼い込んだオイカワが珍しく全員開花

DSC_0642
前回の記事から半月が経過。
11月に雪が降った今日、流石に水温が20℃まで低下しているものの、雄のオイカワ全員が婚姻色開花に至った。
これは初めての経験であり、極めて珍しい事。
基本的に雄同士の強弱が発生する為、強い者が婚姻色を発して弱い者が色気を抑えて次に備えるのがセオリーだからだ。
そして、ボスを大きさで上回った個体も登場。
9月に釣った時は体長10cm程度と小柄で痩せていた状態だったが、今は最大レベルの丸々とした15cm超えに到達。
雄のオイカワ全員が婚姻色開花した理由が分からないが、小型主体の育たない河川で採集したオイカワも育てれれば育つ事が証明出来た。
あとは、この状態をどこまで保てるか・・・。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 22:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

強烈な追星、こんなんだったっけ?

CSC_0662
CSC_0664
ドブ貝周辺を陣取っているセボシタビラの雄。
7月に婚姻色が現れ始め先月にほぼ開花、そして今が満開ムード。
追星が頭上にまで現れているが、タナゴ類の追星ってこんなんだったけ?

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 22:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日淡タナゴ混泳水槽 

2016年11月22日

昨日のオイカワ水槽とタナゴ水槽

DSC_0638
DSC_0636
昨日の水槽掃除、熱帯魚水槽の後はこの2台のメンテナンスを行った。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

続きを読む

mylife_myhobby at 21:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 | 日淡タナゴ混泳水槽

熱帯魚水槽の昨日〜今日

DSC_0611
昨日の代休で水槽3台のメンテナンスを行った。
今回は熱帯魚水槽の今日までの事を。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

続きを読む

mylife_myhobby at 21:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)熱帯魚水草水槽 

2016年11月21日

朝日が射し込んだので

DSC_0609
DSC_0612
数日前の早朝、久々に朝日が射し込んだので咄嗟に撮影してみた。
これと言った話題は無いのだが・・・、キタノアカヒレタビラの若魚がハイペースでの成長をみせている。
このまま行けば来春に婚姻色開花してくれるのかも、という様子。
それよりも、いろいろあって二週間ノーメンテナンスとなってしまているので、そろそろ掃除と水換えしなければ・・・。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 12:26|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日淡タナゴ混泳水槽 

2016年11月16日

乾燥で蒸発

DSC_0609
DSC_0618
乾燥の季節がやってきた。
水槽上部に隙間が多い熱帯魚水槽では乾燥による蒸発問題が・・・。
一日に1cm弱水位が下がっている。(決して水漏れではない)
シャワーパイプも丸出しに。
DSC_0614
今晩は水仕事をしたくないので後日対応予定。
来春まで毎週水足しを行わなくては・・・。(汗)

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 22:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)熱帯魚水草水槽 

2016年11月11日

あれから二ヶ月:飼い込んだオイカワ

DSC_0730
DSC_0740
一ヶ月前にアップした”あれから一ヶ月:飼い込んだオイカワ編”から更にもう一ヶ月経過したので・・・。
結局、釣って持ち帰った時から二ヶ月以上が経過した。
その時は痩せて小型ながら婚姻色が現れていた状態だったが、今は成長して体高が増し、ボスに追いつけ追い越せの状況までに至っている。
9月は残暑で高水温となり婚姻色が褪せた個体が増えたものの、10月後半から水温25℃前後に下がってキープし婚姻色が再び開花した。
水温20〜25℃くらいの範囲が婚姻色をキープし易いので、我が家では年末年始くらいまではこのままの状態となる見込み。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 23:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

2016年11月09日

ヌマムツの近況

DSC_0751
DSC_0721
我が家のヌマムツは現在3匹。
その内の2匹がオスであり婚姻色開花中。
残りの1匹は現状で性別判断不可であり、メスの可能性も。
狙って実現させているので当然であるが、オスのヌマムツ達はイメージに無いほど大人しい。
オイカワが主役であり優勢となる様に混泳させているのでヌマムツは劣勢気味。
それでも開花してくれたのだから、こちらとして言う事は何もない。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 12:54|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

2016年11月06日

オイカワ産卵寿命説

CSC_0626
DSC_0631
オイカワ水槽記事数400目となる今回、最近気になっている説を。
それは、オイカワが産卵を終えると寿命を迎えるという説。
ちょうど2〜3日前、撮影出来なかったものの、我が家の追星が一番激しいボスが産卵行動をしていた。
過去にも産卵行動をした個体は直ぐには死んでいない記憶があるので、この説は信じていないのが現状。
今秋一番勢いに乗っているボスが産卵した事で、今後は更なる注目をして行きたい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 19:15|PermalinkComments(6)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

海岸で一休憩

IMG_9245
IMG_9247
先日、仕事で早朝出発にて茨城県へ。
1件目と2件目の間が3時間程空いてしまったので、昼食後に海岸で一休憩。
海岸を歩いて写真を撮り、その後は軽い昼寝と車内にてPCで一仕事して時間を潰した。
久々の海風にも癒され、良い一時となった。
やっぱり眺めは秋が好きかなぁ〜。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 18:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記・ブログ 

2016年11月01日

吸着剤の成果

DSC_0717
今年も残り2ヶ月に。
年内もう1〜2回は釣りに行きたいとか、忘年会は何時?とか、色々と考えてしまうが・・・。
さて本題。
水槽機材は清掃するけど、水槽レイアウトの物は一切掃除しない主義。
しかし、夏場から一工夫してみてからみるみるうちに成果が現れ、あの強力な黒苔が激減してきた。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

続きを読む

mylife_myhobby at 23:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

2016年10月31日

久々にクワガタ達の世話を

IMG_9222
オイカワ水槽の作業を終えた後、久々にクワガタ達の世話を。
気温低下で動きも鈍ってきているものの、餌切れとマットが乾燥していたのでその処置を実施した。

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

続きを読む

mylife_myhobby at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)クワガタ・カブト 

2016年10月29日

水中ポンプ分解清掃と水換え

DSC_0706
IMG_9218
DSC_0711
ギックリ腰やり掛けで作業を延期していたオイカワ水槽。
通院の甲斐もあって本日作業を実施した。
暫く経ったはずなので水中ポンプ2台の分解清掃とバケツ2杯半の水換えを行った。
濾過が万全に機能していたお蔭で、茶苔も発生しなかったし水中ポンプ内の汚れも殆ど無かった。
水槽の魚達も活き活き、このまま状態をキープしてくれる事を願っている。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 19:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日淡オイカワ混泳水槽 

備忘録:先週の水槽メンテナンス

IMG_8152
DSC_0756
DSC_0688
アップするタイミングを逃してしまい備忘録として。
一週間ちょっと前になるが、熱帯魚水槽とタナゴ水槽のメンテナンスを実施。
熱帯魚水槽は外部フィルター分解清掃と水草:ミクロソリウム伐採。
タナゴ水槽はバケツ2杯分の水換えと水草トリミングを。
そして、キタノアカヒレタビラの若魚とヤマトヌマエビを追加した。
そうそう、この時点で腰が悲鳴をあげてしまい、オイカワ水槽の作業は延期となってしまった。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 18:48|PermalinkComments(2)TrackBack(0)熱帯魚水草水槽 | 日淡タナゴ混泳水槽

2016年10月25日

清流とお別れカウントダウン釣行

IMG_9152
先日の日曜日。
家族揃う休みが今月最後であった為、嫁と娘とランチ持参でのピクニックと釣りに出た。
向かった先は今月上旬に毛鉤釣りをした都幾川
ランチピクニックという共通目的以外は、私が釣り、嫁がウォーキング、娘がバッタ採集、と各々の企みも満載。
この日も陽が陰って風も強くアウトドアに不向きな日であったが、もう晩秋なので残された時間も無く強行。
清流に年内来れるのも、今回が最後かもしれないし、あってもほんの数回、カウントダウンが始まっている状況は間違いない。

にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
人気ブログランキングへ

続きを読む

mylife_myhobby at 23:57|PermalinkComments(4)TrackBack(0)釣り 

高水温期を過ぎたタナゴ水槽の面々:ヤリタナゴ

DSC_0617
今年は異例で夏場から婚姻色が現れ始めたヤリタナゴ。(原因不明)
しかしながら、高水温期を過ぎてから色気が増してきた。
懐かしい過去記事の様に、満開を期待している。

DSC_0635
とりあえず、”高水温期を過ぎたタナゴ水槽の面々シリーズ”はこれにて終了。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日淡タナゴ混泳水槽 

2016年10月22日

ヤマベ釣り:新規開拓の越辺川で再び束釣り達成

IMG_9135
昨日、代休だったので気晴らしでヤマベ釣りに。
途中で早めの昼食を済ませ、決った場所も無く新規開拓のアテを考えながらプラプラと。
ただ、何処でもよい訳ではなく、今回の絶対条件はトロ場のウキ釣りが場所。

にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
人気ブログランキングへ

続きを読む

mylife_myhobby at 13:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)釣り 

高水温期を過ぎたタナゴ水槽の面々:キタノアカヒレタビラ

DSC_0628
DSC_0612
秋に入って婚姻色開花の気配を漂わせている筆頭はキタノアカヒレタビラ。
アカヒレタビラ類の中では最も赤色が強い種。
婚姻色開花時、ノーマルのアカヒレタビラは魚体のグリーンが強いが、キタノはグリーンが弱いが鰓周辺の赤が大変強く、ミナミは全体的に赤が弱まるが青みが強い印象。
キタノアカヒレタビラ婚姻色全快時の過去記事は以下の3点。
・アカヒレタビラ:ノーマルとキタの婚姻色
・アカヒレタビラ:ノーマルとキタの婚姻色 その2
・キタノアカヒレタビラの産卵行動 タイムアウトで結果は「?」

これからの伸び代はこのキタノアカヒレタビラが一番手。
この先どれだけ咲いてくれるのか、期待が大きい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 10:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日淡タナゴ混泳水槽 

2016年10月21日

高水温期を過ぎたタナゴ水槽の面々:シロヒレタビラ

DSC_0630
DSC_0633
今年飼い始めたシロヒレタビラ。
現在も健在であるものの、婚姻色のピークが7月だったので今は色が落ち気味。
しかし、厳しい高水温期を過ぎた事もあり、もう少し冷え込んでくれば(水温が20〜24℃程度に落ち着けば)再び開花してくれる可能性も。
近々再開花してくれるか、それとも来春まで温存か、今後に注目。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
人気ブログランキングへ

mylife_myhobby at 09:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日淡タナゴ混泳水槽