3月中になんとか完成した「Tokyo House」。

少しずつweb内覧会開始です。
第1回目は外観と玄関です。
IMG_4149
まず外観ですが、1階はコンクリート打ちっぱなし。
2階は木造の混構造で外壁にはガルバリュウム鋼板を貼っています。
貼り方はタチハゼ工法という、幅を広めにした貼り方。
色は突飛な色も検討しましたが、無難にギングロをチョイス。
IMG_4156
ガレージのオーバースライダー。
こちらの色も悩んだのですが無難にマホガニー。
ガレージ関係はまた別途紹介予定です。
IMG_4148a
正面から玄関と門柱をみるとこんな感じ。
IMG_4155a
玄関手前に門柱をアール型に製作してもらい、名前をアルファベットの浮き文字でいれてもらいました。ここの部分は建築家にお任せです。
文字が大きすぎて、なんだか店みたいです。
カフェでもやろうかな。
IMG_4152
裏側はゴミ箱置き場に。反対側もゴミ箱が見えっぱなしにならない様についたてを製作。
IMG_4153
玄関脇の柱には水道栓を設置。これも建築家のセレクト。シンプルでいい感じです。
洗車や家の周りに水を撒くとき使います。
ホースリールはブロッサリール。かっこいい!
IMG_4150
玄関扉は既製品ではなく特注品を真白に塗ってもらいました。
既製品でないのに、車みたいなスマートキーも追加で付けてもらったので、扉屋さん、鍵屋さんとも苦労されたみたいです。
IMG_4154
入口の手前は雨の日に濡れない様広めにとってもらい、センサー式のスポットライトを設置。
夜になると暗く点くのですが、人が近づくと明るく照らしてくれます。
IMG_4157
玄関入ると外からコンクリートが続きます。
手前左側に前のマンションから使っている小さい椅子を設置。靴の脱ぎ履きに重宝してます。
そしてどこで靴を脱いでいいかわからないので、現在は革のシートを1枚おいて、なんとなく「ここからスリッパエリアですよ」と主張。
これがないとみなさん土足のまま2階まで上がってきてしまいます。
IMG_4158
右側は下駄箱です。かなりの収納力。
明りとり用の窓を設置して、その前にこの家の模型と伯父がつくったブロンズの彫刻作品をおいてギャラリーっぽくしてみました。
IMG_4160
下駄箱の一部にポストスペースを設け、外にでなくても郵便物が取れるようにしました。
ただ普段閉まっているので、よくとり忘れてしまいます。
IMG_4161
そして下駄箱の反対側は、縦にガラスのスリットを2枚入れ、車がチラッと見えるように。
車好きには萌えポイントです。
ガラスのスリットの間には姿見のミラーを設置。

こんな感じで玄関周りはシンプル且つ使いやすく萌えポイントも入れてみました。

またweb内覧会Vol.2で。次はガレージでもやろうかな。