2004年12月05日

『私の要望きいてもらえませんか?』

この記事はブログの移転(http://blog.itoy.jp/)にともなって以下のURLに移動しました。
ブックマーク頂いていた方は、お手数ですがご変更ください。
m(_ _)m

『私の要望きいてもらえませんか?』
メールの全文はこんな感じでした。
※決して心配はないと思うんですけど、念のため文中の個人名は伏せております。


はじめまして、私は小さいながらもエステサロンを経営してる○○○○といいます。年齢は37歳で、まだ結婚はしていません。
以前サイトの掲示板でアドレスが搭載していたので直接メールをさせていただきました。
要望の方なんですけど恥ずかしながら私と肉体関係の契約を結んでいただけないかという事なんです、
もちろんできる限りの金額はお支払いいたします。契約は月単位でもかまいません。私自身は真剣な出会いを求めておりましたが、
自分の立場もあり、なかなか自由な恋愛ができずにいるのです。私の心と体をサポートしていただけないでしょうか?
難しい事は言いません!ただ甘えさせて欲しいだけです。
簡単にですが自己紹介致します。趣味はワインを嗜む事ですかね、家のワインクーラーには常に30本は確保しています、
今年のボジョレー・ヌーボォーはまだ飲んでいないので楽しみにしています。あとはミルク(ダックスフンド)と遊ぶことです。
肝心の体型ですが、157cm44キロで、スリーサイズは85・62・84です。
自分でいうのも変ですけど、見た目はそんなに悪いほうじゃないと思います。
もしこの要望を受理していただけるのなら、明日にでもお会いしたいのですがよろしいでしょうか?
待ち合わせ場所は都合のいいところでかまいません、時間は、明日の仕事が終わりしだいですので6〜8時過ぎでしたら問題ありません。
誰かを援助してまで優しさを貰う事恥かもしれません、でも私は真剣です。こんな女ですけど、どうかよろしくお願いいたします。
もし私に興味をお持ちいただき、実際に会っていただけるのなら、まずは10万ほどご用意できます。
簡単な自己紹介となりましたが素敵なお返事がもらえると幸いです。
それでは連絡お待ちしております


これだけアグレッシブな方なら、さぞやエステサロンも大繁盛なことでしょう(ーー;)

この記事へのトラックバックURL