2011年02月

2011年02月28日

最近観た映画の名セリフ集(その1

パブリック・エネミーズ  [DVD]



昨日に続き、印象に残る映画のセリフ…
ジョニーデップ主演の『パブリックエネミーズ』の中から…

みんな私を見てるわ―

美人だから…

高級なお店なのに―

安物の服を着てるからよ―

いいか…
人は来た道ばかりを気にするが、どこへ向かうかが大切だ…

あなたはどこに―

望むままに…

             パブリック・エネミーズ  [DVD]


  … んなことは、一回、美人の前で言ってみたい(笑)


ところで、このセリフもいいですが…
ジョニーデップがアカペラで歌う「牛集めの歌」もサイコーです(ところが、残念ながらこの歌、サントラ盤に入っていない…)。このシーン… 実在した稀代の凶悪犯ジョン・デリンジャーの本質に迫るジョニーデップの演技に、妙な迫力感じるのは私だけか?




blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング




myokasyo at 12:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 読みかきのこと 

2011年02月27日

Q・タランティーノ映画名セリフ集

パルプ・フィクション [DVD]


いよいよ2月ももうすぐ終わり…
2月は、殺界でいう停止なんですよね…
いよいよ停止の年の停止の月が明けます。

べつに信じてるわけではないけど、
以前に経験があるからね…
経験は自己暗示より説得力がある。

ということで、2月は散財、…と、始まってからずっと体調不良…
眼精疲労や風邪っ引きが続いて、一冊の書物も完読できず…

きさらぎあけ… 自分だけの造語。
東京にいた頃の、苦しい苦しい「きさらぎあけ」を思い出す…
上司と一緒にスタンディングバーに飲みに行って、雪がちらちら降ったよな〜…


こんなときはじたばたしない… 

するけど…

そこで、もっぱらCD聴いたり、映画やDVDばかり見ていたのですが、
その中から…
クェンティンタランティーノ映画の名セリフ集…


聖書を読むか?

いいや あまり…

暗記してる文句がある。

エゼキエル書25章17節

“心正しい者の歩む道は―”

“心悪しき者の利己と暴虐で阻まれる―”

愛と善意で暗黒の谷で弱きものを導く者に祝福を

彼こそ兄弟を守り 迷い子を救う者なり

私は怒りに満ちた懲罰をもって―

兄弟を滅ぼす者に復讐をなす

彼らに復讐をなす時 私が主である事を知るだろう

人を殺す時 おれはいつも この文句を聞かせた

よく意味は考えず―

殺す場にふさわしい冷血な文句に思えたからだ

今朝いろいろあって

初めて その意味を 真剣に考えた

貴様が心悪しき者で おれが正しい者

銃を構えてる そいつが―

悪の谷間で おれを守る羊飼い

あるいは貴様が心正しい者で おれが羊飼い

世の中が悪で利己的なのかも

そう考えてぇ

だが真実じゃねぇ

真実は―

貴様が弱き者

おれは“心悪しき者の暴虐”だ

だが努力はしてる

羊飼いになろうと一生懸命 努力してる

            パルプ・フィクション [DVD]





ヨットを買えたのは俺のお蔭だろ!

こういう時に、誰が本当の友人か…

ハロー?ハロー?

切りやがった!

信じられるか?

恩知らずめ!

リッチにしてやっても バカはすぐ恩を忘れやがる―

            ジャッキー・ブラウン [DVD]





賭けは実行する―

斧を持つのがメキシコ人のメイドでも、街のホームレスだろうとね―

600ドル数える平均時間を?

分かりません―

700ドル数えるより短い時間だ…

人生は経験の積み重ね…

だが、些細なことはすぐ忘れちまう―

一方、生きている限り、忘れられない経験もある―

我々の頼みはフツーじゃない―

あまりにも異常だから、絶対に忘れられない―

君は一生ずっと、この思い出から逃れられないわけだ

どういう思い出にしたい?

これから40年の人生、プラスマイナス10年として―

1秒で千ドルになる仕事を断ったか、承知したか―

どっちを記憶したい?

―時間切れ―

テッド どっちだ?

            フォー・ルームス [DVD]




彼らについて何か話を聞いたかね?

噂だけ…

噂は大好きだ―

事実は時に作為的だが、噂は本質をのぞかせる―

            イングロリアス・バスターズ [DVD]




blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング


myokasyo at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 読みかきのこと 

2011年02月24日

ふきのとう

001


おそいおそい…
春おそい山里に、ようやく春告げ…

ふきのとう。



胸突き八丁

越えろ。越えろ…

なんだ坂、こんな坂…

新しい春へ…
希望の春へ…




blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング


myokasyo at 09:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 妙花 

2011年02月19日

花との出会い…人との出会い

IMG_0002


さて… 昨日の続きです

残念ながら結果的に、マトモな写真が撮れたのは、草月流K先生のこの一枚だけです。

器や花材の搬入で20分、この日の参加者全員で一輪ずつ生けてもらう趣向の孟宗竹の穴あけに20分、
器の配置に何分… と、セッティングだけで1時間くらいかかり、
信楽や備前など、焼き物の花器11瓶、石の花器4瓶。
大壺、小品取り混ぜて…を、実際、3人でシンミリと生けられたのは1時間半程度。

会合中は食事会や、K先生や私の話など…
終了後、生けた花は撤花・即・参加者全員に持ち帰りですから、写真撮る間… なかったですね…

この一点だけはK先生が、「ほかで写真を使うから…」という理由で残しておき、
室内をすべて片づけ終わった後で撮った一点。


うまいですね。

この石の花器は、さきに私も使わせてもらったことがあります。

花を組んで、あらかじめ作って持参してきたところをみると、
構想はすでにできていたのだろうと思います。

今日のK先生の話の中から…

『私はね、今をさかのぼる40数年前
花の仕事ではじめて、新築のビルのオープンに花を納品に行ったことがあるんです。
20階建てのビルで、上から下までコンクリートで、新装だから綺麗ですけどね。なんというのかな…まったく無機質なんです。
でも、そこに花を納めて、1階から20回までのエレベーターホールに一点、一点、。花を生けたときに、
それまで、まったく無機質で無味乾燥な空間に「ほっ」と息がつけるというのかな…
「ああ、生命が吹き込まれたんだナ〜…」って、感動したんですね… 
それ以来、ずっと、この花と空間の仕事を続けています… 』

無機質なビジネス会議場に、たった一点の生命力感じますね。

K先生は昨年還暦を迎えられたといいますから、40年前といえば、10代後半〜のうら若き時代…
ぱっ!…と、心惹かれたその瞬間の感動が、彼女が生涯をかけて追い求めて行く、かけがえのないものになった。
花との出会いの瞬間だったのですね…

感動は、若いころに出会うものですね。それは花にかぎらずです。
もうすでに出会っているのかもしれないしね…

花との出会い… 人との出会い…
人生は、あっ…という間。
かけがえのない、人生の花を咲かせましょ…




blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング


myokasyo at 02:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 生け人しらず 

2011年02月18日

焼き物に花、一期一会のコラボ

011


明日… もう今日になりましたが、
某会社経営の社長さんの焼き物コレクションに華道家3人が花を生ける… という、
いまどきのご時勢なかなかぜいたくで、楽しい企画です。
生ける場所が会議室なんで、多少、殺風景ですが、その焼き物コレクションがかなりの名作、逸品揃いなので見モノ。
特別に、3月に行われる石の花器も数点登場します。

生け込み時間が器、花材の搬入も併せて3時間しかなく、すべて、なげいれ。
数時間後には撤花ということで、まさに一期一会のコラボですね。

3人の華道家ですが、
ひとりは日頃からお世話になっている草月流のK先生
もうひとかたが、はじめてお顔を会す、大阪未生流…?未生大阪? …の、A先生。
そして、なにもない流の私です…
さて、どうなりますか…?

なにもない流で、しかも3人の中でも一番若輩なので肩身が狭いのですが… がんばってきます



blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング






myokasyo at 02:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0) よもやまばなし 

2011年02月03日

石と花

0-2


今度、花を生ける仲間で、
石製の花入れのプロモーションを兼ねて、
『石と花』… というミニ花展をしようという話です。

「じゃあ、ichiさん、チラシに載せる写真撮ってよ…」

ということで引き受けたものの…

石の花入れの現物は手元になく、身近にある蹲(つくばい)と身近にある花材で撮ってみたのですが、うまく撮れません…

もうすでに一度撮っていて、それも失敗(><;
これから何度か試みてみますが、
期限も迫っているので、

最悪の場合…

チラシなし、告知なし…のミニ花展になる可能性も…


コピーだけ考えたのでどうぞ…

「太古より、悠久不変の象徴である「石」。そして、悠久の時間の中で、ほんのひととき、刹那の美を象徴する「花」。
『石と花』展。互いに相反するふたつの象徴性が出会って春を告げます」





blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング










myokasyo at 18:51|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 妙花