2011年03月

2011年03月30日

春は来るか

001


今、あらためて知る…

いままで、享受していたエネルギーに対して、
どんなリスクがあるのか、まったく無知だった… ってこと…

「安全だ、安全だ…」と百回千回繰り返されたら、
いつのまにか世界一「安全だ…」って思いこんでしまっている… ってこと。


震災津波で受けた傷は悲しいけど、
天災で受けた傷は、ひとつひとつ復旧、回復してゆけば、やがて復興につながる。
受けた傷は「過去」となり、なにより「復興」という言葉は元気をくれる。

放射能で受ける傷は、目に見えず、未来に影響を与える。
やがて青葉の季節になって、赤茶けた二度と再生しない森林や松林が斑状に出現し、
海に大量の魚の死骸が浮かんだとき、人はその「目に見えない恐怖」に驚愕することになるかもしれない。






blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング

myokasyo at 19:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 妙花 

2011年03月24日

雲竜柳

00


先月の大雪で折れた雲竜柳。
しばらく信楽の壺に入れておくと、どんどん再生してくる。
植物は強いね。
日ごと日ごとに、再生、成長してゆく。
根が伸びはじめれば、頃合いを見て、また土に復帰させましょう。


手術を受けた入院の経験があるけど、

今日は、点滴が一本減った…

今日は、一人でトイレに行けた…

今日は、流動食からお粥に変わった…

ひとつひとつ、日常を回復してゆくことが、妙に嬉しかったことを覚えている…
百鬼丸が妖怪から体をひとつひとつ取り戻してゆくよう…

ショックは大きいかもしれないけれど、
ひとつひとつ、日常を回復してゆくことは、なにより元気を与えてくれる。

日々、時間を追うことは、遅々として進ぬように思うし、
焦燥や、なにかと苛立つけど…

だいじょうぶ。



blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング





myokasyo at 18:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 妙花 

2011年03月22日

胡蝶の夢

no title



ある日、荘周は自分が胡蝶(異国の蝶)となって、
空を飛んでいる夢を見る。
楽しくて、心ゆくばかりにひらひらと飛んでいる。
むろん蝶は、自分が荘周であることなど知る由もない。
ところが、俄然はたと目覚めれば荘周であった。
荘周である自分が夢の中で蝶になったのか、
蝶が荘周となっている夢を見ているのか、どちらともつかず…


かつては、漢詩の抒情として感じていたものだけど…
いまとなっては、固定的にとらわれていたパラダイムに気づく。

現世こそ、蝶が見ている夢なのかもしれぬ… とも思う。
荘周の見た胡蝶の夢ではなく、胡蝶の見た荘周の夢。



花 胡蝶侘介
器 唐子燭台



blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング

myokasyo at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 椿百話 

2011年03月18日

無題

001


生も死も、
幸も不幸も、
つまるところは、運否天賦ということか。

生も死も、
幸も不幸も、
超越する勇気や魂がほしいものだな。

生きているものは、
生きているうちに、
自分が本当に好きなことを、
自分の信じたことを、
確信を持って、やれるだけやってしまえ。







blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング


myokasyo at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 妙花 

2011年03月14日

震撼

000^


えらいことが起こりました。
こんなことがあり得るんだな…という思いです。
被災された方々へ深くお見舞い申し上げます。


こちらでは、1年前から計画されていたイベントも、式典、交流会を除いて大半の催しが中止。
交流会等も中止か開催か前日遅くまで協議されましたが、
この日のために、海外から訪問団が多く来日しているので、中止決定はできなかったようで。
けっきょく、交流会の中でも乾杯や祝辞という言葉はすべて自重され、時間も短縮。1時間半粛々と進められてお開きとなりました。
併設された「石と花」展も色彩を自重。

私は、来賓を迎える舞台の花を担当したのですが、
「花も抑え気味にお願いします…」という主催者。
「歓迎しながら自重する」という複雑な思いで、花を生けながら、
日本全国がたいへんなことに遭遇し、同じように震撼しているんだ…と、ひしひし実感しました。

催しの中では、この日のために半年前から練習を重ねてきた少年少女たちも、それらを企画した大人たちにとっても中止となって、とても残念なことでしたが、
関東東北の多くの方が被災された心痛を思えば、祝祭気分にはなれないですね。

今日集まったメンバーで、
震災に遭われた方々へ、何か力になれることを考えて、何かできることをしようよ… と、誓い合った一日でした。








blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング



myokasyo at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 妙花 

2011年03月03日

昔映画で過ごす…(その2

タクシー・ドライバー【ワイド版】



性懲りもなくDVDばかり観てます…(いや… ました。)

ずいぶん前に観た映画…
もちろん上映ではなく、
まだあの頃はDVDじゃなくて、
レンタルビデオだったと思う…

今年、年が明けた頃から2月頃にかけて、wowowやSCで頻繁にやっていて、
もう何度も見ているのに、放映されるたびにまた最後まで観てしまう…

何回見ても、何かやりきれん…

でも、こう何度でも繰り返して観ることのできるディティールの映画って… 
最近はない…
ほとんど使い捨て… みたい…


最後、血だらけの指でピストルを真似て
自分のこめかみを撃つとき、
指先から二滴の血が滴り落ちる光景を…
あなたは何度も確かめたことがあるか…


『TAXI DRVER(タクシードライバー)』

マーティン・スコセッシ 監督
ロバート・デニーロ   主演
バーナード・ハーマン  音楽


あんたとそんなに話した事ないけど…
あんたは大先輩だ…

歳の功さ…
悩み事か? 話せよ…

完全に落ち込んだ…
ここから飛び出して何かをやりたいと思っている…

商売変えか?

でも… よく… 分からん…
 
飛び出して…
何かをやってみたい…
いろんな考えはあるんだが…

こういう事を考えてみろ…
男が仕事を選ぶ
彼は… やがて… 仕事を身につけ…
そのことしか考えない

俺のタクシー稼業は17年…
10年間は夜だが未だに自分の車がない…

いらないし…
買う必要もない…

夜勤では他人の車に乗る… 分かるな?
人間なんてなるようにしかならんよ…

貧乏人、金持ち、弁護士、医者も同じだ…
死ぬ奴、病気が治るやつ、生まれて来る奴もだ…

お前は若い…
女を抱け、好きな事をやるんだ…
どうせ俺たちは… 負け犬さ…
どうにもならん


こんなバカげた忠告は初めてだ…(笑)


俺たち運転手に何ができる?
お前が何を言いたいのか?
俺にはさっぱり分からん…

自分でも分からん

あまり気にするな…
のんびりやる事だ…
色んな奴を知ってるが、それが一番だ…

ありがとう…

大丈夫、心配するな…



どこにいても
俺には淋しさがつきまとう…
バーや車、
歩道や店の中でもだ…
逃げ場はない



6月8日
また人生の転機が来た
だが時は規則正しく過ぎて行く
漠然とした毎日が
長い鎖のように続く…
               タクシー・ドライバー【ワイド版】

 




blogram投票ボタン

にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
▲にほんブログ村 ・生け花ランキング

myokasyo at 01:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 読みかきのこと