突然、白玉団子が食べたくなりました。
季節外れのこの暑さと、「おやつの記憶をたどりにいく」のせいに違いない()。

スーパーカップのバニラとお皿に盛って、「雪見大福」にして食べたい(白玉団子をバニラアイスと一緒に食べると、雪見大福の味になります)。たくさんではなくて、ちょっとだけ。
こうなったら作るのみ。なあに、少量の白玉団子なぞ簡単です。

まずは小鍋に水を入れて火にかける。それから小さなボウルに白玉粉を入れ、水を加えてこねる。
適当な大きさにちぎって丸めたものを指でにゅっと押して平たくし、沸騰したお湯に次々と投入します。
全て入ったらボウルを洗い、氷水を張る。ゆだった白玉を、はしから穴あき杓子で掬い取り、氷水の中へ。
IMG_3319

小鍋を洗い終え、器やアイスの用意ができた頃にはほどよく冷えて、食べごろになっているという寸法。
IMG_3320
つるりとすくって器によそい、アイスとともに口に入れれば、ほら、雪見大福そっくりの味。このもちもち感と白玉粉特有の香り!

あっという間にできあがり、あっという間になくなりました。ひょっとしたら、作り始めてから食べ終えるまで、10分かからなかったかもしれません。

↓ランキングに参加しています。よろしかったら押していただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村