最近、焼きおにぎりがマイブームです。

IMG_4642

焼きおにぎりは元々母が好きなのですが、「突然食べたくなったから久しぶりに作った」というのでお相伴にあずかったそれは、おいしいけれど崩れてぼろぼろ。

本人は、「しっかり握ったけれど、たれを塗ったら崩れちゃったのよー」と、残念そう。
ぽろぽろと崩れて食べにくいけれど、ガスの炎であぶったお焦げは最高で、また食べたいと思いました。

崩れない焼きおにぎりの作り方、あるはずだ!ネットで検索し知恵を収集。今は次の方法で作っています。

IMG_4644


【崩れにくい焼きおにぎり】

1.温かいごはんで小さめにおにぎりを作る。ぎゅうぎゅうとしっかり握る。

2.ラップを外してしばらく置き、すっかり冷ます。

3.小皿に醤油・みりん・だし汁少々を入れて混ぜ、たれを作っておく。

4.コンロに餅網を載せ、おにぎりを並べ、焼く(たれはまだ塗らない)。

5.表面を焼き固めるようにじっくり焼き、両面に焼き色が付いたら小皿に作ったたれにちょいと浸して(←本当は刷毛などで塗った方がいいとは思いますが面倒なので直付けしています)、また網に戻してさっと焼く。

【崩れない焼きおにぎりのポイント】

・温かいごはんを、しっかり握る
・ラップをはがして、しっかり冷ます
・たれを塗らないで素焼きする
・焼き始めたらあまりいじらない(ひっくり返す回数が多ければ多いほど崩れる恐れが高くなる)

IMG_4643

焼きおにぎりのいいところは、香ばしいところ、幸せなところ。

固いのでよく噛むから、食べすぎないし、少量でも満足します。おかずもほとんどいらないです。

計画的に作る必要があるので、思い立ったらすぐ食べられるわけではないし手間もかかるけど、あの香ばしさとガリガリした歯触りは癖になります。


【関連記事】





↓ランキングに参加しています。よろしかったら押していただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村