妙義神社公式サイトはこちらからお入り下さい

信仰と祈願の社 妙義神社公式サイト ..

妙義神社 御殿 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」楫取素彦の避暑地

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」がもうすぐ放映されます。 楫取素彦の避暑地となった「御殿」が今も残っていますので、是非見学にお越し下さい。

WS000000

WS000001

WS000002

上の画像はこちらのページです。


御殿

見事な十メートルの石垣の上にあり、俗に宮様御殿といわれ、嘉永五年(1852)に再建されたものである。 ここは寛永十三年から江戸東叡山寛永寺の座主輪王寺宮の隠居所となり、御登山の折りには、この御殿に宿る。 下の動画はその内部上段の間であり、この庭は関東まれにみる借景庭園で、東面の景色はすばらしいものである。 妙義神社 御殿 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」楫取素彦の避暑地 明治天皇第10皇女貞宮の御養育主任となった楫取は数え2歳の貞宮とともに、 明治31年の夏を妙義神社のこの御殿で過ごしました。

WS000016

小惑星の名称に「Myogizinzya」妙義神社が正式登録

平成26年(2014年)10月8日付の国際天文学連合発行「小惑星回報(MPC)」で,(14449) 「Myogizinzya」妙義神社(群馬県)が正式登録されました。

小惑星の名称に神社名が用いられたのは当神社が初めての事です。大変有り難い話題を得ることが出来ました。

最近、「天空の城」という言葉が流行っております。当社もいよいよ言葉通りの「天空の社」と成りました。
39
35


hoshi
画像はイメージ

現在、御本社参拝は通常に戻っております

現在、御本社参拝は通常に戻っております。 ご協力ありがとうございました。 平成19年の台風による土砂崩れ現場(本殿付近)の 復旧工事が全て完了いたしました。

妙義神社紅葉情報は富岡市観光協会のFacebookでご覧下さい

妙義神社紅葉情報は富岡市観光協会のFacebookでご覧下さい
富岡市観光協会のFacebook

43

妙義山さくらの桜開花情報 2013

妙義山 ひしや旅館提供の桜開花情報です。 妙義神社 4月1日現在 2割~5割程度が開花している状態 写真をたくさん掲載して下さっていますので、下記でご覧下さい。
妙義山さくらの桜開花情報 2013

妙義神社 桜コンサートのご案内  シンセサイザー奏者 キム・シン

妙義神社  桜コンサートのご案内
シンセサイザー奏者 キム・シン 
平成25年4月13日(土)
会場 妙義神社境内
入場料無料
1部 11時~ 
2部 13時30~
 
kimushin


Kim Shin公式サイト
キム・シン プロフィール

「音楽で地球を丸ごと包みたい」という壮大なスケールで活躍する作曲家・シンセサイザー奏者。自らを在日地球人と称し、そのボーダレスな感性から生まれる慈しみ溢れる音表現は全ての言語を超え、あまりにも素直に心に飛び込み思わず涙をさそう。  2000年には、CDアルバム「久遠の宇宙」が、そして2009年秋には国際宇宙ステーション「きぼう」に「天鐘」が、若田光一宇宙飛行士と共に乗り宇宙飛行を実現。また、2010年には「ESPERANZA~希望」が山崎直子宇宙飛行士と共に宇宙飛行を実現し、帰還後、宇宙飛行証明書を贈呈される。  2004年1月、アメリカ・ケネディ宇宙センターを訪問し、コロンビア号STS-107の宇宙飛行士たちへ”レクイエム”の曲を奏でNASAより感謝状を拝受。  2008年、太陽系の小惑星12771 に「Kim Shin」と命名され、宇宙に「Kim Shin 星」誕生。  2009年秋、二十年に一度の伊勢神宮宇治橋渡始式特別奉納。 2010年2月には世の中の一隅を照らすオンリーワンの功績に贈られる東久邇宮文化褒賞を拝受。2010年秋、奈良でおこなわれた平城遷都1300年記念事業のひとつ「WCRP世界宗教者まほろば大会」にて演奏。 心と身体の平安を願い、音楽で世界中にエールを贈り続け、いのちにそっと寄りそういつくしみの旅は続く・・

台風被害から元気な姿 妙義神社

2007年の台風9号の被害を受けて国などが復旧工事を進めていた富岡市妙義町の妙義­神社(川島邦夫宮司)で12月7日、竣工(しゅんこう)式が行われ、関係者約40人が­工事の完了を祝った。 上毛新聞動画ニュースより

本殿を5年ぶりに公開致しました。 ご協力ありがとうございました。

平成24年12月8日より 本殿を5年ぶりに公開致しました。 長らくのご協力ありがとうございました。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 産経新聞webより 妙義神社本殿、5年ぶり公開 台風被害の修復ようやく完了 群馬 2012.12.8 02:19 台風被害での復旧工事が終了し、5年ぶりに公開された国重文の妙義神社=7日、富岡市妙義町  平成19年9月に台風被害を受けた群馬県富岡市妙義町の国指定重要文化財「妙義神社本殿」建物で修復工事が完了し、7日から5年3カ月ぶりに一般公開が再開された。  同神社は平安時代の歴史書に名前がみられるなど由緒が古く、宝暦6(1756)年建立の本殿は入母屋造、黒漆塗銅瓦葺で彫刻の装飾性が高く彩色が美しいことで知られる。  19年の台風9号に伴う大雨で裏山が崩れ、本殿への直撃は免れたものの、倒れた杉の大木が建物につながる透塀一部や唐門袖部を壊し、拝殿前が土砂で埋まるなどの被害が出た。このため国や県などから補助を受け総額約3億9000万円で修復工事が進められていた。  神社境内ではこの日、富岡市の岡野光利市長や県関係者ら約30人が見守る中、川島邦夫宮司が本殿前の唐門を開けた。参拝に訪れた東京都八王子市の金子正二さん(73)は「以前、目にした彫刻が印象に残っていたので今日はラッキーです」とさっそく見学していた。

【祝】 12月7日(金)午後3時頃 公開

12月7日(金)午後3時頃 公開



平成19年の台風による土砂崩れ現場(本殿付近)の

復旧工事が終了間近になりました。

平成24年12月7日(金)

午後1時から竣工式を執り行いまして、

式典終了後に本殿を公開できることになりました。

竣工式の終了予定時間は、午後3時頃です。

ご参拝の皆様にはご不便をおかけして申し訳ありませんが、

ご協力のほど、宜しくお願い致します。

最新コメント
livedoor プロフィール
記事検索
アクセスカウンター

livedoor 天気
  • ライブドアブログ