ニュージーランドを代表するスポーツと言えば何と言ってもラグビーです!

ご存知のようにラグビーボールは、他のスポーツではあまり見られない楕円形をしています。
ラグビーボールが何故楕円形なのか、少し調べてみました。

Rugby ball1


このゲームの面白さの1つにボールが楕円形のため、地面で跳ねたときにトンチンカンな方向へ飛ぶ予想外の展開が上げられます。

この変な跳ね方で試合を大きく変えてしまうこともあるのです。
想定外のバウンドは「ラッキーバウンド」とか「勝利の女神の気まぐれ」と表現されます

楕円系となったルーツを探ると主に5つの理由がありました。

1.    1)1800年代、頭蓋骨をボール代わりにしていた時があった(怖い)

2.    2)ボールを持って走る時楕円の方が持ち易かった(なるほど)

3.    3)アフリカ原住民がダチョウの卵をボール代わりにしていた(落としたら中身が出る?)


ダチョウのたまご

1.    4)ブタの膀胱に空気を入れてボール代わりにしていたのが起源。(誰が考えた?)

2.    5) ポリネシアンが椰子の実をボール代わりにしていたのが起源。(当たったら痛そう)

かなり昔から「楕円のもの」で遊ぶという文化はあったようです。まん丸のボールではない楕円形のボールでゲームをしてみたら、色々な方向に飛ぶのが面白かったので定着したと言われています。

他のスポーツでもボールの形を変えることで、奇想天外なゲームを楽しむ事が出来るかもしれないと思いました。



ニュージーランド留学のお問い合わせは
akltourdesk.nz@jtbap.com
または
お問い合わせフォームで。
学校のこと、留学のことなど、何でもお気軽にお問い合わせください!


↓ぜひポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキング