原題は「鋼鉄の空」。第二次世界大戦末期、ナチの極秘プログラムは月の裏側に逃げる計画を実行する。そして秘密裏の70年間に、ナチスは空飛ぶ円盤の大規模な艦隊と巨大な宇宙要塞を建造したのであった。2018年遂に世界に逆襲に出る!ムーンナチスUFO艦隊の侵攻を準備するため、地球に調査に来たふたりのナチス将校は・・・。
いいですね。国内で第二次世界大戦に勝っていたらとかいう小説を毎月出版されている日本に比べ、ドイツ人は世界に向けてこういう映画作るんですから最高です。もちろんこんなバカ映画に、映画会社がお金を出すはずもなく、ユーチューブで試作映像を流して寄付を集めて作ったというから大したものです。それよりなんで日本公開が決まっていないんだ!DVDでもいいから早くだしてくれ。


(  「Iron Sky」  米公開 2012.4.4  )