2018年12月31日

はじめに

bennei117shinai3























はじめまして。
マイケルです。
いまだ未熟者ではありますが、求道の志を持つ者です。
いかなる宗教や組織にも属さず、独学で、
試行錯誤を繰り返しながら、手探りで進んでいきます。
≪少しでもマシな自分≫への探究はどうしても暗中模索になると思います。

独りよがりで自己満足的な悟りではなく、本当に自他を救いうるような≪智慧≫と≪力≫とをもたらしてくれる真の解脱・悟りを目指していこうと、志だけは大きく持っております。

K大師をはじめ、山崎弁栄や黒住宗忠、中村天風、本山博、五井昌久、山本健造、亀田一弘、塩谷信男、ジョセフ・マーフィー、ジョージ・アダムスキー、そしてパラマハンサ・ヨガナンダ、スワミ・ラーマ、ニーム・カロリ・ババなどのヒマラヤ聖者を心から敬愛しています。その他にも尊敬する導師はたくさんいます。

禅、密教、真宗、日蓮宗などの仏教、原始仏教、キリスト教神秘主義や古神道などの宗教の勉強をもっと広く深く進めていきたいと思っています。

このブログは、そんな私の備忘録です。どうぞよろしくお願いします。

※ブログタイトルにあるK大師とは、私の父が尊敬している神人というか大霊能者です。
※上の写真は、千年に一度の聖者、山崎弁栄上人の絵です。



mysticart at 22:16|PermalinkComments(15)

2018年06月15日

止観とは

瞑想行の神髄

本山博の講演CDを聞いているが、とても有意義な内容だ。
瞑想行の神髄シリーズの第一巻は「止観」をテーマにしたものだが、この内容は非常に素晴らしい出来だと言っていい。本山先生は多くの著作やCDでいろいろなことを語っておられるが、根本の一番大事な原理が簡潔に述べられている。


瞑想とは実は『止・観』という二つの段階から成り立っている。

一つは止観の止に相当する部分。
『止』は一点の対象への精神集中を意味する。対象と一体化するほどに精神が集中すると、雑念だらけでコロコロ動き回る心の働きが停止するので『止』というらしい。
この『止』のプロセスが十分にできたとき、はじめて『観』に至るという。

『止』を十分に行じることで、いわゆる『力』がつくという。対象と一体化し、何かしらの作用を対象に及ぼす影響力が強くなってくるという。
しかし、『止』の段階で止まっていると、そのような不思議なパワーはどんどん強くなるが、肝心の『智慧』が出てこないという。しかし、『止』を抜きにして『観』だけ行じても何の力も出てこないので無意味だ。というより、『止』を行事続けることで、自然と理想的な『観』へ至れるということらしい。

精神集中が極まって、己が澄み切ったようになったとき、その精神集中(『止』に相当)をやめることが肝心らしい。集中している自分を丸ごとエイッと神様の方へ投げ捨てる。その時初めて、光のようなエネルギーと智慧、情報は周囲から自分の方に流入してくるという。これを『観』という。ここに至って初めて瞑想は完成し、力と智慧とを手にすることができるようだ。

精神集中の訓練を続けることで念力が強くなるので、思っただけで物事を成就することができるようになる。そして未来の事もある程度わかるし、精神集中の対象と一体化するので、その対象のことがよくわかるようになる。しかし、こういう能力が『止』によって出てきたとしても、それだけでは悟りや解脱というレベルには至っていない。ほとんどの人はこのレベルで満足してしまうため、精神集中している自己を捨てることができないので、『観』へ至ることができず、悟りや解脱といった『智恵』に至ることができないという。だからと言って初めから『観』ばかり行じていても、なんの力も知恵も出てこない。力は力として必要であるし、その土台あってこその観(智慧)なのである。十分に「止」が深まったとき、自然と、その集中している自己を捨てることができるようになるという。よって厳密には「観」とは精神統一、精神集中の深まりとともに自然に訪れる状態であり、人為的テクニックとは若干違うようではある。すなわち、まだ十分に精神集中のできない者に、「観」を説いたところで理解できないし無意味だという。

mysticart at 16:05|PermalinkComments(0) 本山博 

2018年06月12日

アトピー性皮膚炎に苦しむ方へ。漢方治療という希望

いまだに、アトピーの治療に漢方薬が有効であることをなかなか認めようとしないお医者さんが多いようで、正直驚きですが、アトピーで苦しむ方のために言っておくと、漢方薬はアトピーにかなり有効だと思います。もちろん、どの程度のアトピーかによって、効きかたは全然違うでしょうし、個人差がとてもあるので、一概には言えないのでしょうが、「試す価値は大いにある」という分には差し支えないほどに漢方は有力な候補に挙げられます。


僕自身、軽〜中等度のアトピーだと思いますが、信頼できる漢方医に漢方を処方してもらうと、本当に二週間で全然皮膚の状態が変わってきます。僕の場合は、驚くほど効きました。漢方治療というと高額なイメージですが、三週間分で診察費込みで1400円ほどです。


アトピーでお困りの方は、ぜひ一度、漢方に強いお医者さんを見つけて診てもらうといいと思います。
漢方薬は、西洋薬のように、「アトピーにはステロイド!」と言ったような決め方はできないので、同じアトピーという診断名でも、その人の症状に合わせて処方される薬は全然変わってくるので、そこが難しいところなのでしょう。効かなかったら、効くまで薬を変更していくしかありませんが、あきらめずに、候補となる漢方薬を一つずつ試していくべきだと思います。

漢方といえども、重篤な副作用を引き起こすリスクはありますので、慎重に行う必要はありますが、漢方薬を試さない手はないのです。

アトピーの苦しみを理解できない方や薬物治療の知識のない方は、漢方なんかに頼らないで、初めからステロイドを使えばいいじゃないとか平気で言いそうですが、実際は全くそうではないことが、アトピーの方ならわかると思います。

自分ではなくとも、わが子がアトピーで苦しんでいるという方もおられると思います。そういう方も是非漢方を試すべきです。まだ漢方が服用できない乳幼児でも、医師の指導の下、授乳婦が自分で漢方を飲み、その成分を母乳を通して乳児に与えることで、ひどい乳児のアトピーが消失した例もあります。漢方といえどリスクはあるので、妊婦、授乳婦は、医師の許可を得てから、漢方を服用してください。

漢方治療が有効であるという知識さえあれば救われるアトピー患者は無数にいるように感じられます。どうか、よき漢方薬に巡り合われますように。


mysticart at 13:38|PermalinkComments(0) 癒し 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント