2017年12月31日

はじめに


391px-Rasputin_ptはじめまして。
私は自己完成を目指して日々修行する者です。
私自身はスタートラインに立っているかどうかすら怪しい単なる未熟者ですが、
私の父が偉大なK大師から教わったことと、
私が尊敬する先人達の書籍から学んだことを、
私が理解できた範囲内でですが、私なりにまとめて記事にしていきたいと思います。
(受け売りですいません。^^;)

 僕は、解脱や悟りを求める者ではありませんし、空とか無とかいったものそれ自体を追い求めるものでもありません。僕はただどこまでも、自己を進化向上させることと、自他を真に救い幸福に導くような霊智霊能を開花させることを目的として日々修行に励んでいきます。
つまり、何度でもこの地上に生まれ変わり、楽しい人生をくり返し、その中で自己を進化させていくというのが目的でありますから、解脱などはまっぴら御免であります。

悟りや解脱ではなく、超能力の開発を目的に日々修行に励んでいると言うと、典型的な邪道であると怒られてしまいそうですが、要は、自分の前に、人生に悩み苦しみ途方に暮れる者がいたとき、なにか偉そうに説教したりするのではなく、ただ黙って深い禅定に入り、そこから神秘の知恵と力を引き出して、目の前で涙を流す人を現実に救えるか否か。その一点です。私が問題にするのは。それを可能にするのが、私の言う超能力であり、自己満足的な悟りではありません。

「ついに悟ったぞ!でも、相変わらず何もわからないし何もできないぞ。そうか、ありのままでいいんだ。柳は緑、花は紅。無能で無知な自分のままで全てOKなんだ!」では、笑うに笑えない。悲しすぎる。

 さて、話は変わりますが、みなさんご存じのように、今時代は激しく変わろうとしています。現在の平和な時代が永久に続くという保証は、残念ながらどこにもなく、世界はますます危機的な状況に陥りつつあります。これからの動乱と混迷の時代に備えて、我々は自己の内に眠る霊智霊能を呼び起こさねばなりません。自己が生き延びるためというだけの話ではなく、自分の大事な人たちを守れるだけの能力と叡智の発現を志さねばなりません。

 私と同じように、真の自己実現の道を暗中模索する方に、このブログが少しでも参考になれば、それに勝る喜びはありません。

 なにぶん怠け者でして、更新はいつになるのか自分でも見当がつきませんし、コメントにもしっかり返信できないかもしれませんが、どうぞ末永くよろしお願いします。

415963906_141



mysticart at 22:16|PermalinkComments(15)

2017年04月30日

因縁と霊













上に挙げた四冊を読むと、如何に人間は因縁というものに支配された存在であるかということを実感する。運命は因縁に支配されていると言っていいとさえ感じ、一種の恐ろしさを感じる。逆に供養法などで悪因縁を解除できれば、一気に運命が好転するのも事実なのだ。

因縁の具体相は、因縁霊にありと言える。浮かばれない霊たちの影響や攻撃を受けて、我々の運命は簡単に狂い始め、逆に、それらの霊を祀り供養することで、運勢が徐々に良くなっていく。

私は長いこと、因縁系の話はあまり信じていなかったのだが、最近はこういう本を読んでいる影響もあるとは思うが、因縁の怖さ、不気味さをひしひしと感じるようになった。一方で、因縁さえ晴らせば、運命は変わり得るという希望も感じている。

因縁を清めるには、具体的にどうしたらいいか、そのヒントは上記の四冊に書かれている。
時間のある時にまた補足という形でを説明していきたい。




mysticart at 13:51|PermalinkComments(0)読書日記 

2017年04月12日

腸が気分を作り出す


やけに不安感が強くなったり、人の言葉にいつまでも傷ついたり、過去のことにいつまでも腹を立てたり、といった具合に、いつまでも尾を引く自分のネガティブな感情がなかなかコントロールできずに、困った経験をお持ちの方はいないでしょうか。

なんとなく気分が晴れない。イライラして腹立たしい。そういう精神状態のとき、優しい人ほど、自分を責めてしまう傾向があります。「なんて自分はダメなんだ。なんて子供じみた未熟な精神なんだ。」と思ってしまうのですが、実際は精神性の問題ではなく、単なる腸の不調のせいかもしれません。

スピリチュアルに関心のある読者の方は、おそらく、精神が身体に影響を与えるという考えには、ある程度慣れておられるでしょうが、逆に、身体が気分を作り出す、もしくは、身体が心に大きな影響を与える、という考えには、違和感を感じる方もおられるでしょう。しかし、身体、特におなか(胃腸)と気分の相関性をマイケルは強調したいのです。「腸が脳を支配する」と表現する学者さんもおられるようです。

提案したいのは、心の問題を心で解決しようとするのではなく、心の問題を身体(胃腸)で解決しようという発想です。

原因が何であれ、ネガティブな気分に引きずり込まれそうになったときに、ぜひ試してほしい方法があります。
それは腸揉みマッサージです。腹式呼吸より即効性があるような気がします。

1、2分やっただけで、気分が全く変わり、いままで自分を不愉快にさせていた事柄が、急にどうでもよいことのように思えるようになります。「なんで自分はあんなどうでもいいことに腹を立てていたのだろうか。」という感じになります。

お腹のマッサージはあくまで優しく、無理に力を入れては危険です。
具体的なマッサージ方法は、時間のあるときにまた書きます。按腹法と呼ばれるものです。
数分このマッサージを行っているうちに、ある時から急にスーっと気分が晴れ渡ってくるのを自覚できるほどです。ぜひお試しください。

腸捻転などの危険があるので、マッサージはあくまで優しく行ってください。ギュウギュウと力ずくで押すのは危険です。

不安神経症、うつや統合失調症などの精神症状の改善にも、腸のマッサージは有効なのではないかとマイケルはにらんでいます。アトピーや喘息など、いまいち原因のよくわからない病が、腸の改善に伴って良くなっていくことは大いに考えられることだと思います。

逆に便秘だったり、便秘とは言えないまでも、便の状態がよくない場合、精神と身体にもかなりの悪影響が及ぶと思います。



mysticart at 14:59|PermalinkComments(0)癒し | 漢方と東洋医学
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント