2017年12月31日

はじめに


391px-Rasputin_ptはじめまして。
私は自己完成を目指して日々修行する者です。
私自身はスタートラインに立っているかどうかすら怪しい単なる未熟者ですが、
私の父が偉大なK大師から教わったことと、
私が尊敬する先人達の書籍から学んだことを、
私が理解できた範囲内でですが、私なりにまとめて記事にしていきたいと思います。
(受け売りですいません。^^;)

 僕は、解脱や悟りを求める者ではありませんし、空とか無とかいったものそれ自体を追い求めるものでもありません。僕はただどこまでも、自己を進化向上させることと、自他を真に救い幸福に導くような霊智霊能を開花させることを目的として日々修行に励んでいきます。
つまり、何度でもこの地上に生まれ変わり、楽しい人生をくり返し、その中で自己を進化させていくというのが目的でありますから、解脱などはまっぴら御免であります。

悟りや解脱ではなく、超能力の開発を目的に日々修行に励んでいると言うと、典型的な邪道であると怒られてしまいそうですが、要は、自分の前に、人生に悩み苦しみ途方に暮れる者がいたとき、なにか偉そうに説教したりするのではなく、ただ黙って深い禅定に入り、そこから神秘の知恵と力を引き出して、目の前で涙を流す人を現実に救えるか否か。その一点です。私が問題にするのは。それを可能にするのが、私の言う超能力であり、自己満足的な悟りではありません。

「ついに悟ったぞ!でも、相変わらず何もわからないし何もできないぞ。そうか、ありのままでいいんだ。柳は緑、花は紅。無能で無知な自分のままで全てOKなんだ!」では、笑うに笑えない。悲しすぎる。

 さて、話は変わりますが、みなさんご存じのように、今時代は激しく変わろうとしています。現在の平和な時代が永久に続くという保証は、残念ながらどこにもなく、世界はますます危機的な状況に陥りつつあります。これからの動乱と混迷の時代に備えて、我々は自己の内に眠る霊智霊能を呼び起こさねばなりません。自己が生き延びるためというだけの話ではなく、自分の大事な人たちを守れるだけの能力と叡智の発現を志さねばなりません。

 私と同じように、真の自己実現の道を暗中模索する方に、このブログが少しでも参考になれば、それに勝る喜びはありません。

 なにぶん怠け者でして、更新はいつになるのか自分でも見当がつきませんし、コメントにもしっかり返信できないかもしれませんが、どうぞ末永くよろしお願いします。

415963906_141



mysticart at 22:16|PermalinkComments(15)

2017年06月18日

玉光大神



僕ごときが本書を評価するのもおこがましいが、本書は必読の書と言っていい。 本山博の育ての親である本山キヌエ師と玉光大神とのやり取りを通して、人生を生きる上において、本当に大切なことは何かということが学べる良著。数々の苦難に耐えつつも、神の御心に従い、神とともに多くの奇跡を起こし、宗派を超えて衆生を救い導いてきたキヌエ女史の実録。因縁の不思議さと神の慈悲の深さには色々と考えさせられました。神の実在を確信させてくれる滅多にない貴重な本です。本山キヌエ女史の謙虚で誠実なお人柄が文面から滲み出てくるようで、おごり高ぶったところが少しも感じられません。彼女が本物であることを確信させます。慈悲深くも、時に厳しい玉光大神の数々のお言葉を読む度に、身の引き締まる思いがします。

我々の知らないところで何の代償も求めず、日本を災難や戦争から守るため、一生懸命に因縁解きの祈りを行ってくださるキヌエ女史やその祈りに応じてくださる玉光大神のような方々のおかげで、我々は日々平和に暮らしていけるのかもしれません。
キヌエ師も博師も亡き今、玉光大神の言葉を取り次ぐことのできる人がいるのかどうかはわかりませんが、僕も玉光大神のご指導を日々祈りつつ精進していこうと思いました。

※本書がアマゾンで高値で売られている場合は、宗教心理出版から定価で直接買えるようです。


mysticart at 01:17|PermalinkComments(0)本山博 

2017年06月03日

死後の世界の実在を強く感じさせる本



本書を読むことで、霊や霊界の実在をより強く確信することができる。本山博先生自体が霊能者であるし、本山博の母親が稀有な霊能者であり、霊媒でもある。本山先生が経験した数々の霊的宗教的体験を実例として、霊や、霊界の構造、そのレベル、階梯を考察し、我々肉体を持った人間と霊や霊界とかかわりを明らかにしていく。著者の誠実さが伝わってくる良書で信ぴょう性があり、霊といかに関わればいいのかという問いに対するヒントが得られる。また知らず知らずのうちに、良きにつけ悪しきにつけ霊界からの影響を受けているということがわかる。例えば霊にお供え物をするというのも、決して迷信や気休めなどではなく、一つの供養法として実に意味のあることだったのだということなどがわかる。とても有意義な本であった。私は本書を読み終えて、先祖霊の有難さというものがよくわかった。それだけでも本書を読んだ価値はあった。


土地の怨霊を供養し、守護神へと成長していただくことで、そこの土地が大きく栄えるようになるというお話はとても興味深かった。我々人間が、如何に霊や土地の神々と関わっていけばいいのかということが、少しはわかってくるので、本書を読む意味はあると思う。

mysticart at 23:46|PermalinkComments(0)本山博 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント