2007年02月

2007年02月28日

NPOの心意気

代表 竹内です。

助け合い事業活動からスタートし、今ではさまざまな活動を先駆をきって展開しているNPO法人流山ユー・アイネットさんにお話を聞いてきました。

成功事例として学校の教科書や白書でも紹介されている全国的にも知られているNPO法人の流山ユー・アイネットさん。

米山さん
ただでさえ多忙なのに、この年度末の忙しい時期に、駆け出しの見ず知らずのMystyle@こだいらのヒアリングを、果たして受け入れてくれるだろうか…と、どきどきのアポ取りでしたが、快く承諾してくださって、代表の米山さん(写真左)ご自身が、じっくり対応してくださいました。

ほんとうに、ここまで情報開示してくださってよいのですか、といいたくなるほど、たくさんの情報をいただきました。

歩き始めたばかりの後輩NPOを育てようという思いを感じながらの、感謝のヒアリングでした。
詳細は報告書にまとめますが、深く伝わったメッセージは、NPOとしての心意気。つねに原点にかえるということを学びました。

助け合い事業からスタートしたユー・アイネットですが、やがて介護事業も手がけるようになり、事業規模は1億を超えています。
そうしたなか、現在も助け合い事業をとても大切に続けています。

ユー・アイネットで働くヘルパーさんは、介護保険の適用事業だと時給1200円。一方、助け合い事業だったら半分の時給600円にしかなりません。
でも、働く条件として、助け合い事業も担当するということを貫いているそうです。そうした理念をしっかり受け止めたヘルパーさんがそろっているということです。

広間
駅前の商店街の一角に、介護事業の余剰金を使ってコミュニティスペースを作っています。
最初の改装費用と、その後の月々のランニングコストはすべてユー・アイネットで負担して収益を地域に還元しています。

近くの小学校の子どもたちも立ち寄るスペースとして、まちのひとたちの交流の場になっています。
ここに立ち寄ることは「道草ではない」と、学校も認めているそうです(^^)

子どもの居場所がなくて安心してすごせる場所が求められている今、こうしたスペースがあることは親としてもとてもありがたいことです。

ポケット
隣には知的障害者の皆さんが売り子さんとして店頭に立つお店ポケットもあります。
内職的な仕事が多く、人との接触がない作業所の仕事とは違って、多くの人とのふれあいがあるポケットの店先に立つことはとてもよい効果をあげているということです。

野菜
ここでは、近隣農家が、朝採り野菜を値付けして持ってきて販売し、その一部がお店の収益にもなっています。

NPOは事業規模が小さくて運営資金に困っているところが多いですが、例外は介護事業を営むNPOです。億を超える事業規模のNPOはたいていは介護保険事業をてがけています。
やがて介護事業しかしなくなるNPOも増えているといいます。

そうなると、公益性を担うNPOとしての存在意義はどこにあるのか、他の一般的な介護事業者とどこがちがうのか、以前から疑問だったのですが、
事業だけに走ることなく、いつも設立の理念に立ち返るありかたを見せていただいてNPOの心意気を感じて、うれしくなりました。

花
ポケットの店先の春の花たち。
もっとご近所だったら買って帰りたかったのですが、残念でした。





ランチ
おまけ写真=ランチ。
駅前のセルフのカフェのランチですが、ちょっと感動だったのでご紹介。
サンドイッチと飲み物、スープ、サラダのセットが630円。
このお値段にも感動だったのですが、さらにうれしかったのが写真左手前にある「パンの耳」。

サンドイッチで切り落としたパンの耳をすてないで、トーストして、好みのトッピングをつけて出してくれるんです。

生クリームやジャムなど数種類ある中で、私はメープルシロップのセレクト。

こういう食材を大切にする思いがなんだかほのぼのしていて、流山、好きになりました(^^)。
そうそうサンドイッチの野菜も、とってもフレッシュでした♪

mystyle_kodaira at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記 

2007年02月27日

環境家計簿

事務局 辻です。
少しご無沙汰しておりました。

今月17日、「みんなで省エネ!エコダイラなまち小平2006」
のイベントがありました。

マイスタイルの理事の一人の馬場さんに
誘われて、数ヶ月間公共料金のデータを
市役所にFaxするだけの簡単なことだったので
何とかできましたが^^

まさか、表彰状までいただけるとは
思いませんでした。

小林市長もご出席されていて
直接手渡ししていただきました。

めったにいただかない賞状なので
帰宅して家族に披露したら

名前に「つじ」とルビがふってあったが
可笑しかったようです。

この環境家計簿は小平だけでなく
いろいろなところで取り組まれているようなので
皆さまもご参加されてはいかがですか?

ちなみにわが家のCO2削減率は14%でした。



mystyle_kodaira at 22:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月24日

助け合い事業

代表竹内です。

このところ、ヒアリング調査とか、セミナーとか、事務所を留守にすることが多いのですが、事務局メンバーにまかせて安心な体勢ができているので幸せです。

こうした基盤つくり、立ち上げ初年度の大きな目標だったので(^^)

なのですが、一昨日は、翌日のセミナーの資料準備で夜中の12時に事務所でせっせと印刷してました。
ありえない〜〜(T_T)と思いながら、「ロマンスの神様」をBGMでがんがん流しながら作業してました。

おかげで資料は好評で、むくわれましたが(^^;

さて、小平市では、今「福祉まちづくり推進計画」(素案)が公表されています。
http://www.city.kodaira.tokyo.jp/material/pdf/fukusi_soan.pdf
さっそく印刷して読みました。
いろいろ思うところはもちろんあります。が、それは別の機会に。
みなさんの感想もじっくりお聞きしたいところです。

もちろん個人的には困っていることは日常でもたくさんあります。

私の母は、数年前、脳梗塞で倒れ半身不随の状態です。さらに少し認知症もあります。田舎(愛媛)でひとり施設にいます。ほんとうは身近なところにきてもらいたいのです。

小平市のなかにもグループホームはここ数年けっこうできてきました。小規模で感じの良いホームもあります。
何箇所かたずねていきましたが、母のような重度な場合は受け入れは難しいという返事でした…。

これからは、大きな施設はもういらないと思います。
大きな施設のお世話にもなりましたが、その非人間性は、いやになるくらい見てしまいました。

父はもう30年ほど体が不自由です。
それをずっと支えて、働いて私たち4人の子どもを育ててくれた母は、やっと子どもたちも全員ひとり立ちしたというときに今のような状態になりました。

その父は、今では母よりも良い状態なので、グループホームに入ることができました。NPOが運営する小規模なホームで、家族的なあたたかみのある場所です。

住んでいる人が運営する、自分たちも「ここだったら」と思えるグループホーム。
地域にそんな場所がたくさんできればよいと思います。

介護はいつ終わるともなく続きます。
異論を持つ方もいらっしゃると思いますが、家庭で介護するのが必ずしも良いとは思いません。
身体介護は専門家にゆだねて、家族は心のケアにまわるありかたもあるのではないでしょうか。

そういいつつも、姉は母のことがあってヘルパー2級をとりました。
やはり母と接していても私よりはスムーズです。
こうした知識は、みんな持っていても良いものでは、とも思います。

両親に充分なことを娘としてできていないという思いは、いつも頭から離れません。
そうした思いがMystyle@こだいらへの活動のエネルギーになっていますが、ほんとうにそれでいいのか、娘としてやるべきことはほかにあるのではないか、また、子どもをもつ母親としてもっと家庭にいるべきではないか…というせめぎ合いがあることも事実です。

なんだかこうしたことを語りだすと長くなってしまいます。

日常の生活では、行政の力を借りるまでもなく、近隣でちょっとしたお手伝いを互いに提供しあうことでずいぶん暮らしやすくなります。
昔なら、そういった助けあうコミュニティがあったのだと思いますが、今は意識して作っていかないと無理な時代になっています。

先日から、こうした「助け合い事業」のヒアリング調査を始めています。
委託調査事業の一環ですが、個人的にもとても関心のある調査です。

先週は埼玉の郡部のNPO法人に話を聞きに行きました。
NPO法人きらりびとみやしろ http://www.kirari.or.jp/

とても地道に確実にNPOとしての運営を積み重ねているところでした。
今までのノウハウも惜しげもなく開示してくださってほんとうに感謝でした。
HPを見て、なんだかピンと来て、飛び込みでヒアリングをお願いしましたが、行って良かったと思います。

担当の方が「いつかは、私もこの助け合いのお世話になるんです。」という言葉が印象的でした。
こうした活動をしているNPOがある地域って幸せだと感じながら帰りました。
小平でもきっとこうした活動は可能だし、そのためのサポートができたら…と、またひとつ目標ができました。

このあとも、何ヶ所かヒアリング予定です。
いずれも、タイプは違いますtが、助け合い事業を自ら起こし、実績を上げているところです。
楽しみです☆

ヒアリング結果を含めた調査報告は冊子になる予定ですが、あまりたくさんの部数はつくりません。
いつか機会があったら、」皆さんにも見ていただければ幸いです。

ということで、シンポジウムが終わっても、あれこれ続くMystyle@こだいらです(^^)


mystyle_kodaira at 19:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月17日

次の一手

代表 竹内です。

シンポジウムが終わり、余韻に浸ることもなく、どんどん新しい展開がひろがって、怒涛の日々は続いています。

昨年の今ごろも、前の職場でそうでした。
が、昨年は、いわゆる行政からの委託事業の関係で、年度末の追い込みでそうだったのですが、Mystyle@こだいらは設立以来、行政とのお仕事はまったくないという、もしかしたら、ちょっと珍しいNPOです。

なので、年度末とはまったく関係なく怒涛なわけですが、考えてみると、通年、もしかしてお仕事が順調にあるという兆しなのかもしれません。
そうとらえると、感謝です。

と、まずは前向きに♪

シンポジウムはちゃんと報告書にまとめたいと思っています。
これはきっちりやりたいです。
こうした記録がきっと今後の活動をスムーズにすすめるノウハウになるでしょうし、Mystyle@こだいらに関わってくださった方への感謝の気持ちでもあります。
そして、これから同じ活動をしたいという方へは、参考にしていただければうれしいです。

これから3月初旬にかけて、調査事業報告書をひとつ仕上げます。
来週から、何ヶ所かヒアリングです。
プチ旅モードで、どんな方たちに会えるか、とても楽しみでもあります。

きょうはその関連で、一日情報収集しました。
かなりいい情報をゲットできて、ほっこりしています。

お料理でいうと、極上の食材を仕入れられた気分です。
あとはシェフとしてどう料理するかが問われます。
グルメを満足させられるお料理=調査報告書を完成させるべく、これから半月、全力投球です。

わくわく(^^)

それが終わると、ちょっと一息(のはずです…)。

じっくりと次の一手を考えます。
でも、もしかしたら、じっくりじゃなく、走りながらの次の一手かもしれません。

それもMystyle@こだいららしくて、良いです♪



mystyle_kodaira at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記 

2007年02月09日

イベント後のお仕事

事務局辻です。

大きなイベントの後は
打ち上げをして♪
なんてことはありません。

報告書など事務局としての作業があります。

こういうものは大体どこも似ているので
ポイントがあるのでしょうが
慣れていないので???

知らないこと、わからないこと
時間かかります…

ファイルに書類を整理して
収支報告書も作って
合間に日常業務

今日は電話が少なくって
助かりました^^

てきぱき事務局は、まだまだです。

mystyle_kodaira at 23:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年02月08日

動き始めました

代表竹内です。

6日のシンポジウムが終わって2日が過ぎました。
定員100名のところ、125名の方の参加。
一時、立ち見が出るほどの盛況振りでした。

Mystyle@こだいらとしての今後の課題も見つけることができましたし、何より集まってくださった方たちの間で、さまざまなネットワークができましたという報告をたくさんメールでいただき、うれしい限りです。

昨日は関係者の方たちへのお礼や報告などで一日が終わり、さて、ふたをあけた本日…。
多くの方からのご連絡、お問合せなど、次々と寄せられ

『動き始めた!』

を実感しています。

ビジョナリーカンパニー2」の中に、「弾み車の法則」のくだりがあります。

最初は、重くてどんなに一生懸命押しても、ほんの少し動かすのが精一杯の巨大な弾み車。それでも押し続けることによって、やがて回転が楽になり、さらに押し続けることでどんどん加速度がつき、やがてとまらないほどの勢いで弾み車が回りはじめる。

そのたとえでいくと、今は、ちょうどゆっくり回転が始まったという段階なのだと感じています。
でも、その回転のはじまりは、じつはとても大きな動きの始まりでもあります。
ここでさらに押し続けること、そして加速度をつけていくことなんだと思います。

地域密着のコミュニティビジネス支援への小さなはじまり。
これから、丁寧に着実に、かつスピーディーに推進していきます。

シンポジウム満員御礼










用意したイスはすべて埋まりました。
狭い席で長時間、すみませんm(__)m。


永沢さん
NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター代表理事の永沢さんの基調講演でスタート。
このあと、事例発表が3例続きます。








パネルディスカッション











パネルディスカッション。
小平市長にも参加いただきました。
パネリストは行政、NPO、専門家、市民…。
それぞれの立場で語っていただきました。

交流会
交流会盛り上がりました。
1時間のはずが、2時間に。お料理はこだいらネットの取材を通じて「ここ!」というオススメのお店に頼みました。
美味しいと好評でした(^^)。
そうそう、小平の名産、ブルーベリーワインもお出ししたところ、あっという間になくなりました♪

mystyle_kodaira at 16:57|PermalinkComments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記 

2007年02月06日

シンポジウム無事終了

事務局辻です。

今日はMystyle@こだいら
初めてのシンポジウムでした。

本当にこういう大きなイベントは始めてのことで
スタッフも少ない中
多くの方のご協力で何とか無事に終了できました。
みなさまありがとうございました。

不手際も多々あったかと存じますが
ご参加下さったみなさまに
参加してよかったと思っていただければ幸いです。

アンケートにも多くの方がお応えくださったので
代表が今夜ゆっくり見ています。

交流会では
小平のお店のデリバリーをお願いし
小平にゆかりのあるものをと
「ブルーベリーワイン」をお出ししました。

車で参加の辻は味わえませんでしたが
いかがでしたでしょうか?

そうそう、交流会で名刺交換して下さった方に
小平のイメージを伺ったところ
「文化的な街」とおしえていただきました。

外からのイメージはいつも新鮮ですね!

mystyle_kodaira at 21:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

CBシンポジウム開催!

こんにちは、スタッフ武市です。

今日は火曜日で「こだいらネット便り」発行日!
午前、私は事務所でそちらの配信作業をしておりました。

そして午後はあの会場へ…。
そう、「コミュニティビジネスシンポジウムin小平」の開催日ですから!

定員を超す多くの方に参加していただき、会場も大変な熱気につつまれていました。
ご出席頂いた皆さま、ありがとうございます!

交流会にも多くの方にご参加頂き、大変盛り上がりました。
皆さまの情報交換に少しでもお役に立てたら…の気持ちでいっぱいです。

それでは、その詳細レポートはまた後日!



mystyle_kodaira at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記 

2007年02月03日

シンポジウム満員御礼

代表竹内です。
6日(火)のシンポジウムですが、ありがたいことに定員100名に達しました。
というか、超えてしまいました。

多くの方に関心を持っていただき、とてもうれしいです。

会場はあまり広い場所を確保することができなかったため(3ヶ月前で、小平市内の広い会場はのきなみふさがっていました(T_T))この定員以上の収容はむずかしく、参加をご希望いただいても、お受けできないのがたいへん心苦しく残念です。

Mystyle@こだいらはこれからも、さまざまな講座・イベントを企画していきます。
サイトやこちらのブログなどさまざまな媒体でお知らせしますので、また、ぜひご一緒に!



mystyle_kodaira at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記