2008年08月

2008年08月27日

プロに学ぶ 実践!市民ライター講座 その2

代表理事 竹内です。

さて、ライター講座、「ツヅク」としておきながら、ずいぶん日が過ぎてしまいました。
そうこうしているうちに、どんどんお申込みをいただき、まもなく定員20名を迎え、満員御礼となりそうです。

ですが、やはり「ツヅク」の内容をお知らせしなくては!

今回のライター講座は、もちろん、受講生の皆さんが、ご自身の活動の広報の一環として、スキルを身につけ、今後にいかしていただくことなのですが、もうひとつの特色は

講座終了直後に、希望する方は、即、冊子作りに参加して講座の成果を発揮していただくことができる、という点です。

講座は9月ですが、10月より、Mystyle@こだいらは小平市内の社会貢献的な働き方をする人や事業者さんを取材し、冊子作りを開始します。

この冊子は、市内の中学生の子どもたちに、わがまちでやりがいと社会貢献を両立させながら、いきいきと働く大人たちの姿を紹介し、将来のライフデザインのヒントにしてもらうことを目的としたものです。

仕事はもちろんそこから収益を得ることが前提にあります。
なのですが、そうした中にも、地域の課題解決に向けて、みずから立ち上がり、工夫し、事業を展開している人たちもいます。

そんな働くスタイルもあるのだということを伝える冊子ですが、読みやすく、ちょっとスタイリッシュに雑誌風に!ということを目指しています。

講座ではどんな方たちに出会えるでしょう。
私たちのプロジェクトに参加してくださる方との出会いも夢見ながら、冊子作りの計画を着々と進めているMystyle@こだいらです。


mystyle_kodaira at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2008年08月25日

下半期いよいよスタート

理事のわたなべです。

ブログ担当を飛ばして、とうとうお盆休みも終了。いよいよ下半期のスタートですね。

本当なら画像付きの投稿したいところではありますが、とりあえず、近況の報告などをかねて書き込みさせていただきます。

 夏は、たくさんのお祭りがありました。
残念なことに、おまつりでは働くことがほとんどで、楽しむことができない状況。
それでも、一段落したところで、東北へ息抜きに出かけてきました。

 気持ちの良い、緑いっぱいの東北の空気を満喫し、さっそく「Mystyle@こだいら」事業案内」パンフレット作成の打ち合わせ。

この1年間で体制も変わり、大きく成長したMystyle@こだいら。
その詳細をご紹介するためリニューアルをいたします。

デザイン・レイアウト担当は私、わたなべでございます。
みなさまに、もっともっとMystyle@こだいらを身近に感じていただける事業案内の制作を目指していきますのでどうぞよろしくお願いします!

mystyle_kodaira at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑感 

2008年08月14日

プロに学ぶ 実践!市民ライター講座@小平

市民ライター講座






代表理事 竹内です。

世間ではお盆休みですね。
ということで、電車もすいていて、観光地の込み具合に反比例して、東京の日常の暮らしは、なんとなくゆったりしています。

さて、先月、理事の篠原さんから予告のあった今年度のMystyle@こだいらのお楽しみ企画ですが、その後、ガンガン内容を鍛え上げ、皆さまにもご案内できるまでに準備が整いました。

題して「プロに学ぶ 実践!市民ライター講座」です。

現場でプロとして仕事を手がける二人の講師の方が決まりました。
先日、そのうちのおひとりである石井栄子さんと打ち合わせでしたが、
  • 次に続く人へのエールをこめた等身大のライターとしての体験談
  • 取材に出向くときの5つ道具
  • 竹内もチャレンジ意欲がもりもり湧いてくる取材体験課題
  • レイアウト、編集のコツのワークショップ
などなど、わくわくする内容が盛りだくさんで、主催する立場ですが、受講生の一人として私もぜひ受けたい!と思える内容に仕上がっています。

すでにサイトから定員(20名)の半分ほどのお申し込みをいただきました。
関心のある方は、ぜひお早めに以下のページのフォームよりお申し込みください。
http://mystyle-kodaira.net/writer.html

ただし、この講座は、企画の第一段階。
この講座の後に、じつは第二段階の企画があります。

それは……(ツヅク!)


mystyle_kodaira at 22:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2008年08月09日

僕には金に見える

代表理事 竹内です。
谷亮子選手、「ママでも金」はなりませんでした。

でも、その銅メダルの色を、夫の佳知さんは
「僕には金に見える」
と語りました。

世の多くの働く母親は、そうしたパートナーの言葉にどれだけ励まされ、癒されることだろうと思います。

家事も、子どものことも、働いているからということで免除されることはありません。
同時に、仕事の結果は、母親だからということで、割り引いて許されるものでもありません。

至らぬ自分、さみしさをにじませる子どもの姿に、自分を責めながら、切ない思いもしながら、でもあきらめないで頑張って働くお母さんたちは、谷選手からたくさんの勇気をもらったし、共感もしたと思います。

私もそうでした。
彼女の銅メダルは、私にも金に見えると思いました。

でも勝負の世界では、やはり銅なのですね。

仕事の世界でも、さまざまなことを抱えながら、全力投球できない母親は、出せる結果は銅メダルなのかもしれません。

そうした現実と向き合いながら、あきらめないで、女性が輝ける場をつくりたいと思いました。

それって、やっぱり、家族の暮らすまちで、自分らしく地域とつながり、家族の笑顔のために、まちのひとの元気のために、頑張る「何か」なんだと思います。

ということで、やっぱりCBなんだ!と、あらためて思った竹内でした。



mystyle_kodaira at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 雑感 

2008年08月04日

灯りまつり

ひょうたん池公園代表理事 竹内です。

今、外では雷鳴が鳴り響き、大粒の雨が降っています。

ここしばらく雨がなく、乾ききっていた小平ですから、恵みの雨かもですが、この雨足の強さは、まるでスコールのようで、温暖化の影響を肌で感じます。

(きょうは、事務所に合羽を持ってきていないので、自転車でどうやって帰ろうかなぁと思案中…)

さて、そんな温暖化の原因のひとつが夜も煌々と明るい電気ですが、そうした人工的な光ではない、ろうそくのやわらなか灯りが、この土曜日に小平のまちに灯りました。

今年で3年目となる「灯りまつり」です。

8月最初の土曜日の夜、小平駅と花小金井駅を結ぶ遊歩道の沿道と遊歩道沿いの公園に、市民手作りの灯ろうとキャンドルが灯りました。

この遊歩道はグリーンロードとして小平市民に親しまれています。

昼間のグリーンロードも素敵ですが、夜、ろうそくの灯りがほんのり灯るグリーンロードは、幻想的で、別世界に迷い込んだようです。

原始から江戸時代まで、人々の暮らしはこうした灯りと共にあったのですね。
隅々まで照らし出す光と異なり、ろうそくの灯りを頼りに歩くと、五感が研ぎ澄まされるような気がします。

弾けるようなにぎやかな祭りではありませんが、夏の夜のひととき、自然の音や風のそよぎを感じながら、人もまた自然の一部なのだと感じられる灯りまつりです。

グリーンロードグリーンロードの道沿いに置かれたキャンドル。

歩きなれた道も、異世界に迷い込んだような気がします。








環境の会Mystyle@こだいらの理事の馬場さんが代表をつとめるNPO法人小平・環境の会の灯ろうを発見。

灯ろうは多くの市民の手作りによって作られています。

ひとつひとつのメッセージを読んでいくのも楽しい。



夜店2たけのこ公園には夜店が並びました。

昔ながらの縁日の趣がノスタルジーを誘います。









たけのこ公園たけのこ公園内には灯ろうの道ができています。

子どもたちはいつもと違う公園の中を、歓声をあげながら走っていました。


mystyle_kodaira at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記 

2008年08月01日

光が丘商店街のふれあいスペース

 理事の馬場です。

今日から8月、そう思っただけでも暑いですねえ。

みなさん暑い夏をどう乗り切っていますか。

私の夏バテ解消は野菜をいっぱい食べることです。

旬の野菜には暑さを解消し元気にしてくれる栄養素がたくさん詰まっています。

体を冷やしてくれるキュウリ、なす、たんぱく質の補給になる枝豆、カロテンたっぷりの トマトやかぼちゃなど。そんな夏野菜をたっぷり入れたカレーを作ったら食欲増進、元気いっぱいになるかも。

野菜を食べるなら、やっぱり国産野菜に限ります。

その点小平は、あちこちに直売所があって“畑からまっしぐら”のおいし〜い地場野菜を簡単に手に入れることができます。なんとも幸せなことです。

夏の時期、小平のあちこちで野菜市が立ちます。

7月26日(土)は、光が丘ふれあいスペースで、小平産の夏の野菜市がありました。採りたてのとうもろこし、枝豆、キュウリ、とまと、オクラ、ジャガイモや玉ねぎとたくさんの野菜達が並びました。

大学生のグループk.shipから3人の大学生さんも売り子として協力。

光が丘ふれあいスペースは、商工会が4月にオープンした複合施設です。貸しスペースやチャレンジショップ「北川楽器店」、子育て中のお母さんと子どものためのスペースきららはうすなどがあります。

開設にあたっては、Mystyle代表の竹内さん、理事の篠原さん、馬場もメンバーとして関わった「地域と歩む商店街づくり推進会議」(平成17 年11月〜平成20年3月まで計l6回開催 事務局:商工会)の中でもいろいろな提案がされました。

地域の溜まり場としてCB(コミュニティビジネス)創業・起業お試しスペースとして活用されていくといいなと思います。

それから、先の野菜市ですが、小川町の農家、小野さんも野菜を出品していました。小野さんは野菜や果物を使ったシフォンケーキやジャムを専用の厨房をつくり本格的に製造して、“にごりや”というブランド名で販売しています。そしてご自身の直売所だけでなく、JAや地域のお店にも出しています。

農業のCBといえるのでは、とかねがね私は思っています。野菜が採れすぎた時、それを無駄にすることなく加工してケーキやジャムに形を変えて地域に供給する。まさに“もったいない精神”からくるエコCBといえるかなと。

先日、コミュニティカフェ・レストラン「ラグラス」へ行ったら、なんと、小野さんのジャムがレジの横に置かれているではないですか。ここまでネットワークできているなんて!

小平のCBどうし、赤い糸があちこちで結ばれていきます。
 



mystyle_kodaira at 13:05|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 CBを考える