2011年09月

2011年09月17日

動画で、活動のCM作成しませんか?

事務局の多田です。
マイスタイルでは、夏の間に秋からのブログ塾&動画塾のための研修を行いました。
その研修のまとめと、秋からの講座のCMを兼ねて、動画を作成してみました。

デジカメで撮影した短い動画と写真を組み合わせて、簡単に活動紹介動画を作ることができます。




ブログ塾も、動画塾も、作成スキルの伝達だけでなく、自分がこれから何をしていきたいのか、地域にどんなつながりを作っていきたいと思っているのか、見つけていくことができるようなプログラムになっています。

もう、ブログは作っているから・・・という方も、ブログをどう活用していくのか見直して機会になると思います。視点を持つこと、視点を持ってマイページをアレンジすることによって、投稿のスタイルが変化します。

ブログを通じて交流を広げていくコツもお伝えしますし、講座での新しい出会いもあります。
ぜひご参加ください。





mystyle_kodaira at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2011年09月07日

ブログ塾講師養成講座

事務局の木村です。

9月3日(土)に「ブログ塾講師養成講座」を開催しました。

講師陣は先日の「小平ブログ塾」「小平動画塾」でも講師をされた、三鷹CB研究所の堀池さんと瀧澤さんです。

blogjyukukoushiyouseikouza
開催前にMystyle@こだいらの竹内代表の挨拶です。

blogjyukukoushiyouseikouza2
三鷹CB研究会の堀池さんの講義が始まりました。

今回の講座は「先日のブログ塾を受講された方、あるいは、ブログ塾の講座内容を理解している方」の参加を対象としまして、ブログの講師、または、ブログ講座の運営方法のノウハウを学ぶといったものででした。

講座のタイトルは「ブログ塾講師養成講座」ですが、講師のお話を聴いていますと、ブログ塾に限らず、各種講座の講師やイベントの司会、あるいは、これらの運営に関しても共通するものだと思いましたし、実際に共通するものばかりだと思いましたし、また、これらは開催する側の規模に限らず、これだけの内容のものをきちんとされればとても良い講座の開催になると思いました。

さらに、講演を行なう講座でなく、パソコンを使うような講座では、受講生のパソコンのスキルに差があるだけに、開催前や開催してから終了まで、受講生のパソコンのスキルを把握することもブログの作成の際に必要不可欠であるということです。

パソコン講座では参加条件として、パソコンが一定のレベルで使える方といった、何らかのことを含める必要がある場合も出てきます。
例えば、先日開催しました「小平ブログ塾」ではこのように記載しました。そのため、実際にパソコンの操作方法を教えるということはほとんどありませんでした。

講師について、主任講師とサブ講師といった役割があり、主任講師は主役ではありますが、、サブ講師は運営に関して主体的であり、受講生に対してのサポートといった、とても大切な役割であること、でした。

そして、講座が始まった際の様々なケースの対処法も伝授されました。
どの講座も該当することが多いかと思いますが、受講生の理解度は異なります。「この場合はどのように対処をするのか?」といった、受講生からの様々な質問があり、それに対して講師の方も今までの講師を経験の元に回答をされました。

最後に、講座を開催する際に、講師の方を重視される場合も少なくありませんが、それだけではなく、事前の準備から終了するまでの運営方法は大きなポイントです。
いずれにしましても、受講生を一番に考えて開催をすることが、その次の開催へとつながっていくのではないかと思います。

「小平ブログ塾」「小平動画塾」の講義の中でもよく聴かれた、「発信」と「見える化」。Mystyle@こだいらもツイッターやFacebook、ブログ等で益々実践していきます!

mystyle_kodaira at 19:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 イベント報告 

2011年09月02日

幸せのお裾わけ

事務局・岩嶋です。
昨日は午後から、
コミュニティビジネス起業プランコンペに行ってきました。
代表理事・竹内は毎年、審査員として参加しているのですが、
私は初めていってきました。
なぜ、行くことになったかというと、実はこのコンペに、
昨年度の狭山元気大学の修了生・小澤浩さんが、
最終10組の中にエントリーされていたからです。 

小澤さんは、講座を受講されている時から、
ご自身の住んでいる「まち」が、高齢化していっていて
商店も撤退してしまっている現状を憂いて、大きな課題と考えていました。

一人一人声をかけて仲間を増やしていって、
今回のコンペに提案されたのが
「ユートピア、あなたとわたしの街の再生」というプラン。 
趣味でマジックをしている小澤さん。
人前でお話されるのは慣れていて、とても安心して
プレゼンを聞くことができました。
別室審査の時間は、なかなか落ち着かない様子でしたが、
私としては手応えを感じていました。

そして、結果発表!
奨励賞、優秀賞と小澤さんのお名前が呼ばれないまま発表が進み、
ついに最優秀賞の発表となりました。
「今回の最優秀賞は2名です!」という声。 
墨田区のデザイナーさん の名前が呼ばれました。
中小の工場が多い墨田区、その工場からでる廃材活用して、
まちを活性化しようというプランでした。
201109011656000












あれ〜小澤さんは?と思っていると、

「もう1つの最優秀賞は、
5番目に発表した『ユートピア、あなたとわたしの街の再生』
小澤浩さんです」と、その名が呼ばれました。
私は隣に座っていらした草野さん(小澤さん同期)と、
ガッツポースをしてしまいました。

もちろん、会場からはとても大きな拍手が送られました。
この日、会場には小澤さんの同期や今年度の修了生など
狭山元気大学の関係者が10名くらい応援に来ていました。

こうして講座を修了した方たちが、
資金を得て確実に活動を始めらているのをみるのは、
本当にうれしいです。

少し前には、三鷹のコンペでも、小平起業講座の修了生の小野さんが、
優秀賞に選ばれ
創業資金を手に入れました。

このような講座の修了生の活躍されているのをみると、
私も元気をいただきます。幸せのお裾わけをもらったような気分です。
続きを読む

mystyle_kodaira at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記