2011年11月

2011年11月29日

「マイスタイルな夜 第七夜」を開催しました。

事務局の木村です。

奇数月の最終金曜日に開催の「マイスタイルな夜」が11月25日(金)に開催しました。

今から約1年前から開催している「マイスタイルな夜」。当時は1件のお店で、ミニワークショップと懇親会を兼ねて行ないました。

その頃の「マイスタイルな夜」の開催の趣旨は「Mystyle@こだいらのことを知りたい」「地域の人との交流」といったもので、わりと少人数での開催を企画していたのですが、この当時ですら20人も集まり、お店の中は大変盛り上がったという記憶があります。

参考:2010年9月28日開催 「にぎやかにスタート マイスタイルな夜」
http://blog.livedoor.jp/mystyle_kodaira/archives/2010-09.html#20100928

それが今では「第一部」「第二部」の構成で、「第一部」はゲストを迎えて「トークライブ」、「第二部」は「懇親会(いわゆる飲み会)」を行なっています。
「第一部」は講座に匹敵するような内容で地域でご活躍をされている方をお招きし、語って頂いています。

さて、11月29日(金)の初めの「第一部」の開催は「Mystyle@こだいら」がよく使わせて頂いている中央公民館の中にある「和室」でした。そして、その「和室」でスクリーンとプロジェクターを使用しての「トークライブ」です。このあたり、都会ではあまりないようなシチュエーションではないかと思います。
以前、ツイッターでアップをされた画像でそのシチュエーションを見たことがあって、宮城県のどちらかの市の公民館でコミュニティービジネスに関する議題だったように思います。

RIMG0673
天窓やふすま、畳のある中でトークライブ。まずは、参加者の自己紹介より。


RIMG0686
スクリーンの方から見た和室の状況。

ゲストは「一般財団法人 草の根事業育成財団の代表理事、長谷公人さん」。

b5ZgX

同財団」は主に、助成事業を行なっており、非営利法人(NPO法人、任意団体、社団法人、財団法人等)に対し、助成金を交付し、そして、社会問題を継続的に解決するための支援としています。

対象分野は 「医療・福祉分野」・「スポーツ分野」の2つです。

すでに2011年度の助成先が決定しており、「医療・福祉分野」は「7事業」、「スポーツ分野」は「6事業」でした。
因みに、その決定した事業者の中には小平市内の事業者が2つ含まれています。

長谷さんの最終目標は「多くの人に囲まれて笑って死ぬ」なのです。

長谷さんの「トークライブ」後、トーク内容に興味や関心が多くあったようで、参加者より質問が多数ありました。
例えば、
Q1.「医療・福祉分野」・「スポーツ分野」について、この2つのみなのか?
A1.現状はこの2つに限定していること。

Q2.企業の応募は受け付けないのだろうか?
A2.現状は非営利法人に限定している。

Q3.応募する団体の対象地域は?
A3.多摩地区及び、その周辺地域。将来的には拡大する可能性がある。

その他、選考方法や助成額について等の質問もありました。

なお、来年度も助成事業を行なう予定とのことです。詳細はホームページにてお知らせするようですので、ご覧頂けたらと思います。

もう1つの楽しみの「第二部」は「ソーシャルな飲み会!」。当然、こちらも盛り上がりました。確か、女子(女性)の参加者の方が多かったように思います。
また、その時の写真を撮るのを忘れてしまいました・・・・・。

次回の「マイスタイルな夜」は来年(2012年)1月に開催する予定です。今回参加出来なかった方もぜひ、ご参加頂けたらと思います。

それでは、次回もどうぞお楽しみに!


mystyle_kodaira at 21:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 マイスタイルな夜 

2011年11月23日

「小平なう」がオープンしました

事務局の木村です。

今日は11月23日(水)勤労感謝の日です。そして、小平は秋晴れです。

小平のツイッターポータル「小平なう」がオープンしました。

kodanow


小平なう」は2011年度の「小平市いきいき協働事業」の一環として誕生しました。
企画・運営は「NPO法人Mystyle@こだいら」が行なっています。

去る、2011年3月11日の発生した「東日本大震災の際」、固定電話や携帯電話(スマートフォンも含む)の通話がつながりにくい状況下で、ツイッターや Facebook等のソーシャルメディアの利用によって、家族や近親者、知人等へ連絡を取り合っていた方が少なくなく、それらの活用の利点が多くのマスメ ディア等でも紹介されました。

昨今では個人間でも「情報収集量」や「最新の情報量」等による格差が表れつつあります。
小平なう」で小平市民や関係団体等からの情報収集や小平市民の方へ情報発信としての利用、あるいは、市民間のコミュニケーションといった交流のためのご利用、または、前述のような災害時や固定電話や携帯電話がつながらない等、さまざまな状況でご利用頂けたらと思います。

主に「市民」「市民団体」「商店・企業」「行政・市議」「大学・学生団体」の5つのカテゴリーがあり、一番上にはキーワードに「小平」が入っているものが挙げられています。

小平ブログ塾小平動画塾の受講生さんたちが発信するブログ記事や動画も「小平なう」から見ることができます。
また、トップページの「ブログ塾」につきましては更新したブログが最新順に表示されます。

ツイッターをされている方は小平なう(@kodanow)をフォローされてみてください。

そして、今日のように、休日や祝日に小平のイベントに参加したい場合には「小平なう」の「イベント」を参照されてみて下さい。こちらは、ツイッターをされている方からの最新のイベント情報が表示されます。

なお、詳細は「小平なう」→メニューの「小平なうについて」等を参照頂けたらと思います。

それでは、今後とも「小平なう」をどうぞ宜しくお願いします。



mystyle_kodaira at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2011年11月12日

小平ブログ&動画村のご案内(12/2)

NPO法人 Mystyle@こだいらでは、10月にブログ塾、11月に動画塾を開催し、地域に向けて発信する仲間の輪が広がりました。前回のブログ塾・動画塾の受講生さんも合流してのブログ・動画村を開催します。

始めの一歩塾でブログや動画を学んだ方はもちろん、地域へ向かっての発信に興味のあるかたはどなたでもお気軽にご参加ください。

WS000010


【お申込み】
以下のフォームからお申込みください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/f0d1396220854


動画塾2期への道すがらの写真を組み合わせて、動画を作成しました。

会場は、職業能力開発総合大学校 東京校でしたから、最寄り駅は西武線の小川駅なのに・・・face01

ちょっと早めに家を出て、同じく西武線花小金井駅に下車。
     green_down
まず、何かと学生さんに協力してもらっている嘉悦大学の大学祭へ
     green_down
島村ブルベリー園の前を通り、洋菓子「イコナ」
     green_down
小川駅へ戻って、会場の前にパン屋さんで買い物
     green_down
やっと会場へ着きましたface16

動画もよかったら、ご覧下さい。








mystyle_kodaira at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ | 活動日記

2011年11月08日

まちの縁側(子どもやシニアの居場所)

事務局の多田です。先週「幻燈プログラム(幻トーク)」に参加しました。

子どもやシニアの居場所つくりを模索されている方が私の周りにもたくさんいらっしゃいます。参考になることがあるように思うのでご報告します。

一味違った講演会。
まるで幻燈会のように・・・映像に講師の講談調の語りで構成されていました。

講師延藤安弘さんは、コーポラティブ住宅「ユーコート」をはじめ、住民主体の住まい・まち育てに長年かかわってこられた方。

私は、「ユーコート」についてもよく知らないまま参加しましたが、もう25年も前からコーポラティブ住宅の試みは始まっていました。「ユーコート」では子どもたちが育ち、だんだん高齢化の問題に向き合う時期にさしかかったら、そこで育った第2世代の子どもたちが家庭を作って戻ってきているということです。住み続けたい魅了を持っていることの証明でしょう。

コーポラティブ住宅!興味あります。でもすぐに何とかできる話ではありません。
幻トークのなかに、すぐに何とかできそうな話もありました。

まちの縁側>です。

まちの縁側5000箇所を目標にしている、長野県の事例では、商店・公民館・ボランティアセンター・福祉施設・神社の森・そして自宅や自宅の庭が<まちの縁側>として開放されていました。

病院が近くにあるお宅の庭先に「通院の途中に、どうぞお休みください」と札がぶら下がっていて、椅子が置かれている。こんな小さな<まちの縁側>がまちにいっぱいあるといいですね!

一番心に残ったのは、非日常の場所でなく毎日、日常的に出会いの場であること。という点です。
イベント的に開催するのではなく、定期的に(できたら毎日)開催されているから関係が育っていくということだと思います。

小平市には、オープンガーデン取り組みがあります。少し視点を変えてみると<まちの縁側>になりそうです。


mystyle_kodaira at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記