2014年07月

2014年07月30日

夢を実現させるための「創業支援セミナー&事業計画書作成セミナー」のお知らせ

様々なお知らせが続いておりますが、
今回は「夢を実現させるための創業支援セミナー&事業計画書作成セミナー」のお知らせです。

主に個人(もしくは起業して1年未満の法人)を対象にした講座です。

対象が、女性・若者(39歳以下)・シニア(55歳以上)と限られているのですが、
当てはまる方で、これから起業しようという方、起業してから1年未満の方には、
とてもおすすめの講座です。

東京都が実施している「女性・若者・シニア創業サポート事業」の一環として行うもので、
金融機関の審査を視野に入れた事業計画書の作り方についての講座です。

融資を検討している方はもちろん、
ただ、融資について、今まで考えたことがない、という方でも、
この機会に、融資についても知っていただいたり、
融資を見据えた、信頼性のある事業計画書の作り方を学んでいただけたりと、
充実した講座になっていると思われます。

ぜひ、ご参加ください。
以下、ご案内です。

−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−
夢を実現するための
創業支援セミナー&事業計画書作成セミナー
〜信頼される事業計画書を作成しよう〜
−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

※本セミナーは、東京都が推進する「女性・若者・シニア創業サポート事業」のもと、実施するものです。制度についての詳細は専用ページ(http://cb-s.net/tokyosupport/)をご覧ください。

創業プランを温めている、女性、若者(39歳以下)、シニア(55歳以上)を対象とした、2回連続セミナーです。思い描いている夢を、信頼性があり融資を受けられる事業計画書に落とし込むためのポイントを学びます。

いますぐ起業の予定ではない方も、金融機関がどういった視点で事業を評価するのかを体験する機会です。
数年スパンで起業を検討している方も、ぜひご参加ください。

■講座概要

日時:
第1回 2014年8月24日(日)13:00〜17:00
創業支援セミナー&交流会
〜創業するために必要なこと〜

第2回 2014年8月31日(日)13:00〜16:00
事業計画書作成セミナー
〜金融機関が見る、事業計画書作成のポイントとは?〜
※2回連続講座です。原則として両日の参加をお願いします。

会場:小平市福祉会館 第2集会室
   (小平市学園東町1-19-13)
   西武多摩湖線青梅街道駅徒歩8分

定員:30名(先着順)

参加費:無料

対象(こんな方におすすめです):
・事業プランを温めていて、創業に向けて次の一歩を踏み出したい方
・女性、若者(39歳以下)、シニア(55歳以上)で、都内で創業をお考えの方、あるいは創業1年以内の方(NPO法人を含む)

■お申込み
以下のフォームからお申込みください。

■プログラム

第1回:創業支援セミナー&交流会  〜創業するために必要なこと〜
創業経験があるからこそ語れる現実的なお話をお聞きし、創業マインドとおさえておきたいポイントを学びます。
交流会は、仲間づくりの場であると同時に、金融機関や行政など、創業するときにお世話になる支援機関の人たちとも、直接交流できます。
・少し先を行く先輩のお話(東希美子さん・リトマス)
・創業のポイント講義
・女性・若者・シニア創業サポート事業 制度紹介
・支援機関・行政との交流会

第2回:事業計画書作成セミナー   〜金融機関が見る、事業計画書作成のポイントとは?〜
融資を見据えた事業計画書作成のポイントの講義の後、実際に事業計画書を作成します。
さらに、実現性のある事業計画にするためのフィードバックを受けられます。
・事業計画書の作り方講義(沼崎明大さん・多摩信用金庫)
・事業計画書作成(セルフワーク)
・事業計画書ブラッシュアップ

■講師プロフィール

ゲスト講師:

東 希美子さん
シェアスクールスペースとしごとの学校「リトマス」主宰
武蔵野市生まれ小金井市育ち、国立市在住。事務機器メーカーで営業・企画職として楽しく働くも長男出産後2年でワーキングマザー挫折。在宅ワーカーとして10名の女性と共にワークシェアグループを結成し15年実践。その後学習塾経営などを経て、国立市で「創業体験ゼミナール」を受講し、地元での起業を志す。2013年7月創業補助金(地域需要創造型等起業・創業促進事業)の認可を受け、同年11月1日国立駅徒歩3分の場所に「リトマス」オープン。地域で開業する女性のニーズに合わせたレンタルスペースと起業支援事業を展開中。

沼崎 明大さん
多摩信用金庫価値創造事業部調査役、創業支援センターTAMAインキュベーションマネージャー
2003年多摩信用金庫(当時多摩中央信用金庫)入庫。5年間の支店勤務を経て、人事部にて採用業務等、価値創造事業部にて商品企画等を経験。2011年9月より2年間経済産業省関東経済産業局に出向し、製造業の研究開発支援の施策を担当。2014年4月より、価値創造事業部法人支援担当創業グループにて、創業を目指す方の夢・想いを具現化するため、創業支援に取り組む。


MyStyle@こだいら:

竹内 千寿恵
NPO法人Mystyle@こだいら代表理事、広域関東圏CB推進協議会幹事、多摩C Bネットワーク世話人、嘉悦学非常勤講師
商店街生まれの商店街育ち。結婚後、1〜2年おきに8回の転勤生活。その間の出産、子育ておよび両親の遠距離介護を通じて、地域のサポートの重要性を実感。その体験がベースとなり2006年11月、コミュニティビジネス活性化を目指しNPO法人Mystyle@こだいら設立。事業相談、起業講座など、多数企画し実践している。

百田 浩
NPO法人Mystyle@こだいら・監事、株式会社グッドデイズ・代表取締役、一般財団法人日本不動産コミュニティー
理事・教育委員長
2006年自動車メーカーを早期退職後、株式会社グッドデイズを設立。企業での、経理、営業、教育、顧客サービス、企画、企業風土改革等の経験と自らの起業経験をもとに、小企業・個人事業のアドバイザーとして活動。賃貸経営コンサルティングマスター、宅地建物取引主任者、

■女性・若者・シニア創業サポート事業について
本講座は、東京都の「女性・若者・シニア創業サポート事業」の一環で行います。
女性・若者・シニア創業サポート事業では、信用金庫・信用組合・地域創業アドバイザーが連携し、低利融資・事業計画アドバイス・創業後の経営サポートをパッケージ化して提供し、地域に根差した創業を幅広く支援します。





mystyle_kodaira at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2014年07月26日

つながる はじまる まちの居場所づくりフォーラム

事務局の木村です。

8月よりいろいろな講座やイベントが始まる中で、その内の1つをお知らせします。

平成26年度 小平市いきいき協働事業
共催:小平市・NPO法人MyStyle@こだいら

つながる はじまる まちの居場所づくりフォーラム

★子育ての広場
★高齢者のサロン
★コミュニティカフェ
★フリーランスの事業者のコワーキングスペース…

いま、さまざまな居場所がまちに生まれています。

人とつながることで、自分の居場所を得、できること役にたつことを見つけ、コラボや相互活用などで仕事の幅を広げています。

人が生きる場と同時に、「活きる場」として役割を発揮しています。

「人と人が出会い、ホッとできるまちの居場所をつくりたい。」
「高齢者や小さな子ども連れのママたちが集えるカフェがほしい。」
「家庭でも職場でもない。ご近所に仕事スペースがほしい。」

そんなあなたのために地域の居場所づくりについて学び、語り合ってみませんか?

【 イベント概要 】


〇日時:96日(午後1時〜5時

〇場所:小平市中央公民館 講座室2
(西武多摩湖線「青梅街道駅」より徒歩5分)
東京都小平市小川町2丁目1325

〇参加費:無料

〇参加対象:こんな思いのある方。まちの居場所づくりに関心のある方。どうぞご参加ください。
・子ども連れでも入れるカフェがほしい
・まちの仕事スペースをつくりたい
・高齢者の居場所をつくりたい

〇定員:50名(先着順)

〇参加お申込み:フォームからお申し込みください。

〇保育:定員7名(小平市民の方 1才〜未就児 先着順
※9月4日(木)までに小平市市民協働(TEL042-346-9809)へお申し込みください。

【 プログラム 】


〇基調講演
「人が活きる街」を生み出す多様な居場所
山根 真知子さん(ユニバーサル志縁社会創造センター 理事)
http://u-shien.jp/
※プロフィール詳細は下記。スクロールしてください。

人と人が出会い、理解し、つながることで課題が解決することが実践的に認識され、居場所づくりの機運が高まっています。
つながれる場が、自分を活かし、新しい「縁」を作り、活気のある「最後まで住み慣れた街で生きる」ことができる街への可能性を生んでいます。
多様な居場所の現場に携わり、実践されている山根さんからお話をうかがいます。

〇事例紹介 
つながることで、はじまった!
「こんな場所がほしい」を実現した実践者が語るまちの居場所づくり

☆ママ起業家とまちの大家さんがつながった☆

一戸建てを舞台にした自分らしい仕事の場づくり
桑原 静さん(シゴトラボ.合同会社 代表)
http://noraura.jimdo.com/
※プロフィール詳細は下記。スクロールしてください。

☆住民発NPOと自治会がつながった☆

高齢化した団地を住みよいまちに!住民自ら生活支援と集いの場づくり
小澤 浩さん(NPO法人ユーアイネット柏原 代表理事
http://www.sayama-ui.net/
※プロフィール詳細は下記。スクロールしてください。

〇つながろう はじめよう 私たちのまちの未来セッショ
さあ、まちの居場所について語りましょう☆

【 講師プロフィール 】

〇山根真知子さん

現在、一般社団法人ユニバーサル支援社会創造センター理事、NPO法人介護者のサポートネットワークセンター・アラジン理事、NPO法人日本グッドトイ委員会理事、他
生協活動において、多数の市民活動の立ち上げ及び支援を行なう。2000年よりNPO法人NPO事業サポートセンターでNPO支援に従事。ソーシャルビジネス、コミニティビジネスに関する経営支援や女性の起業支援など幅広いサポートを行っている。子育て支援の「子育てひろば」を広める過程で「場」の持つ力に気づき、コミュニティ・カフェの設立支援も行う。著書は「コミュニティ・カフェをつくろう」(学陽書房2007年)共著他

〇桑原静さん

1974年さいたま市生まれ。NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターでの勤務を経て、2011年「シゴトラボ合同会社」を設立。100歳まで働ける環境を目指した孫育てグッズの工房「BABAラボ(ばばらぼ)」を地域で運営。工房では、高齢者の雇用を創出するほか、子連れ出勤の母親の参画を促し、多世代交流の場を提供。また、その事業実績から生きたノウハウを集め、コミュニティビジネスの支援、情報提供などを行っている。

〇小澤浩さん

NPO法人ユーアイネット柏原代表理事、NPO法人さやま協働ネット副代表理事、埼玉県地域福祉推進委員会委員、マジッククラブ“四喜”副会長
大学卒業後、民間企業に就職。海外勤務3回延べ15年の海外生活を含めて、40年間の企業戦士から卒業。海外勤務中に社会貢献活動の必要性と重要性を実感。自治会活動をはじめいろいろなボランティア活動開始。2010年、狭山市主催の「さやま元気大学(現さやま市民大学)・コミュニティビジネスコース」で、地域社会の課題や問題をビジネスの手法を駆使して解決する術を学ぶ。2011年3月、地域の課題や問題を解決するために、思いを同じにする仲間を募りNPO立ち上げ準備会を結成。2011年、内閣府地域社会雇用創造事業・ソーシャルビジネストライヤル関東リーグCB起業プランコンペに応募、最優秀賞受賞。2012年4月、NPO法人ユーアイネット柏原設立。“住民みんなが、希望と自信と誇りを持って安心して楽しく暮らせるまち”づくりを目指して活動中。

mystyle_kodaira at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 まちづくり | コミュニティビジネス

2014年07月25日

小さくても強い会社のための発信力UP!セミナー のお知らせ

こんにちは。
今回は、「集客は発信から! 小さくても強い会社のための発信力UP!セミナー」のお知らせです。

こちらは、個人ではなく、企業(少し規模の大きな個人事業主も含む、主に中小企業)を対象にした、
主にwebによる情報発信の講座です。

・情報発信の大切さはわかるけれど、予算があまりかけられない
・自社の事業に自信があるけれど、集客が難しいと感じている
・自社の強みを棚卸しし、あらためて情報整理してみたい

という中小企業の皆さん、ぜひ、webでの情報発信に挑戦してみませんか?


この講座では、まずは情報発信について、事例から学び、
さらに、情報発信をするときの基礎となる、自社の強みを棚卸するワークを行います。
「webで情報発信なんて無理!」という方も、まずはお気軽にお越しください。

その後、webでの情報発信に本気で力を入れていこうと思われた企業さんには、
もっと実践的な講座や、実行支援、フォローアップなども計画しています。
ぜひ、ご検討ください。

また、このような悩みを抱えているお知り合いがいらっしゃいましたら、
ご紹介いただけたら嬉しいです。


以下、ご案内です。

−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−
集客は発信から!
小さな会社の発信力UP!セミナー(2回連続)
−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

いま、HP、ブログ、facebookなど、伝える道具はたくさん生まれています。
こうした発信ツールを活用し、誰もが情報発信できる時代です。
一方で「いろいろ試してるんだけど、うまくいかなくて…」という悩みも耳にします。
では、効果的な発信は、どうすればよいのでしょう?
本セミナーでは、情報発信による集客に成功した企業の事例を通して、発信のコツをお伝えします。
自社の強みの棚卸しワークも組み合わせた本セミナーで、情報発信力UP!への一歩を踏み出してみませんか?

■講座概要

第1回
事例に学ぼう!集客につながる情報発信
2014年8月22日(金)13時〜16時 小平市役所大会議室
講師 安田真理恵さん(アロハウェーブ 取締役)

第2回
情報発信その前に!自社の強みの棚卸しをしよう
2014年8月29日(金)13時〜16時 小平市役所505会議室
進行 NPO法人MyStyle@こだいら

参加費:無料

定員:15団体
※先着順。定員になり次第締め切ります。あらかじめご了承ください。

参加対象:中小企業の経営者、広報担当の方(可能でしたら、ペアで参加されることをおすすめします)
このような方に、おすすめです。
・情報発信の大切さはわかるけれど、予算があまりかけられない
・自社の事業に自信があるけれど、集客が難しいと感じている
・自社の強みを棚卸しし、あらためて情報整理してみたい

主催:小平市
企画・運営:NPO法人MyStyle@こだいら

■お申込み
フォームからお申込みください。

■講師紹介
第1回 事例に学ぼう!集客につながる情報発信
講師 安田真理恵さん
1978年東京都出身。
創業間もないトレンダーズ株式会社にてアーリーステージにおけるWEBマーケティング戦略を担当後、かねてから好きだったハワイをテーマに、日本のハワイアンショップやハワイアンカルチャーを紹介する情報サイト、ALOHAWAVE(http://www.alohawave.jp/) を立ち上げる。
立ち上げから1年でFM、TVの情報提供、リゾート系雑誌編集協力等、様々なメディアに露出、月間30万PVのサイトに成長。2007年6月、アロハウェーブインターナショナルインクをハワイ州ホノルルに設立。中小企業、地方自治体、アパレルメーカー等のWEB戦略、多摩地区のハワイアンイベント企画事業に従事。

第2回 情報発信その前に!自社の強みの棚卸しをしよう
進行 NPO法人MyStyle@こだいら
2006年設立。
地域課題を解決するビジネスであるコミュニティビジネスの活性化を目指し活動するNPO法人。小平市を拠点に、おもに関東エリアで、コミュニティビジネス起業講座、交流会、相談会などのサポートをワンストップで行う。事業推進には情報発信が不可欠と位置付け、活動メンバー全員が情報発信ツールを複合的に活用。自身の企画した講座・イベントへの集客力には定評がある。積み重ねた実践ノウハウを活かし、ブログ講座、動画講座などの情報発信講座をを企画・開催するとともに、事業の棚卸しワークにも豊富な実施経験をもつ。

■お問合せ
NPO法人MyStyle@こだいら
〒187-0043 
東京都小平市学園東町1-17-8
TEL:042-312-1789 ※土日祝を除く10時〜17時
FAX:042-312-1759
Mail:jimukyoku@mystyle-kodaira.net


mystyle_kodaira at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 お知らせ 

2014年07月17日

協働事業フォローアップ支援 交流会

事務局の木村です。

暑い日が続きますね。意識的に適度な水分補給をとりましょう。

7月9日(水)に開催された「協働事業フォローアップ支援 交流会」(中央公民館ホール)に参加してきました。


followuptatekan 












いっしょにできるといいな、こんなこと こだいら」

programprogram2

「〜市民と行政のより良い関係をつくる〜」

1グループ(8〜9人)×7グループで、
市民の方や市内の各団体・グループに所属されている方、また、多くの市職員さんも参加されました。
そのため、こじんまりとした雰囲気どころではなく、とても盛り上がった(賑わった)ことがしばしばでした(笑)

また、参加者の中にはハタラボ(プチラボ)に参加された方やマイスタイルの講座にも参加された方等、よく存じている方とグループにて同席をさせて頂きました。

アシスタントとして武蔵野美術大学の学生やこのようなワークショップといったら、やはり、齋藤啓子先生です。

自己紹介を除き、所属先や肩書は問わず、どちらかといえば、主に個人の立場としてのグループワークでした。
 

Step 1  市内の地図に、各グループの個々の参加者のお住まいと主な拠点、興味のある個所にシールを張る作業を行ないました。

6groupmap
 











※主催者ではないため、あえて遠目に撮りました。
主な拠点等では自分と共通の箇所がありました。

Step 2  グループのメンバーを変えて、横長の用紙にこだいらの年表を各参加者にて作成しました。


7groupnextstep 













子どもの頃から小平に住んでいる方もいれば、自分のように数年の在住の方など、それぞれの時代を見てきました。

Step3   今回の交流会に参加して、次に何をしていきたいかを黄色い付箋に書いて、グループ内でフリートーク。

今回、マイスタイルの代表として参加させて頂きましたが、市職員さんと市民活動をされている方が集まり、個人的にもこのような場に参加させて頂いてとても良かったと思いました。

また、市民と行政の良きつながり、市民と市民とのつながりをもって、今後ともこのような機会を継続的に行ってほしいと思いました。




mystyle_kodaira at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 活動日記 | ソーシャルキャピタル

2014年07月02日

今週末はサンバカーニバルです

こんにちは。
今日は、ハタラボで行う、商店街のサンバを楽しむイベントのご案内です。
いよいよ、今週末になってしまいました!

マイスタイルも一員になっている、学園坂商店街の七夕まつりは、
毎年サンバカーニバルを行っています。
今年でなんと28回目。

最初はおみこしを担いでいたのだそうですが、
みんなが参加できるお祭りにしようということで、
サンバカーニバルを行うようになったそうです。
(お寿司屋さんが教えてくださいました。)

マイスタイルも、昨年は、ハタラボスタッフのキックオフとして、
まだエアコンがない、改装もしていないハタラボで、こぢんまりと楽しみました。

昨年の様子はこちら↓
http://blog.livedoor.jp/mystyle_kodaira/archives/52114668.html

今年は、マイスタイルもお祭りの作り手です。
そこで、ハタラボでは、お祭りの裏方を体験できるワークショップと、
桟敷席鑑賞(なんとハタラボはサンバの出発点!)を行うことにしました。

サンバを楽しもう!企画の詳細はこちら↓
http://mystylehatalabo.wix.com/hatalabo#!untitled/c24la

こんな風に準備が進んでいます↓
http://hatalabo.blog.fc2.com/blog-entry-110.html


ぜひ、皆さんで参加して、一緒に盛り上がりませんか?



mystyle_kodaira at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加