2015年09月

2015年09月30日

【申込受付中!】「夢を実現するための創業支援セミナー&事業計画書作成セミナー」を開催します!

事業計画書セミナー2













※講座の詳細・お申込はホームページのフォームから受け付けしています。
http://mystyle-kodaira.net/event/jowakashi-seminar1-2015/


こんにちは。
事務局の鴨志田です。

「夢を実現するための 創業支援セミナー&事業計画書作成セミナー」というタイトルで、
信頼される事業計画書を作ることを目的とした講座を開催します。

助成金や補助金、事業コンペティションなどに申請するとき、
創業期や、成長期に、融資を受けようと思ったとき、
事業のパートナーになってほしい人に、協力を求めるとき……

事業計画書は、そんな様々なシーンで、
「"ある"ことが前提」で話が進んでいく、大切なものです。  

女若シ
 












今回は、すでに事業プランをある程度考えている人を対象として、
持っている事業プランを、事業計画書のフォーマットに落とし込んでいく、
さらに、その内容をブラッシュアップしていく、ということを中心にした講座です。

東京都の「女性・若者・シニア創業サポート事業」の一環として開催している関係で、
女性、若者(39歳以下)、シニア(55歳以上)で、
都内で創業をお考えの方、あるいは創業1年以内の方(個人事業主、NPO法人を含む)
を、対象としています。

信頼される事業計画書には、
その事業の羅針盤となるコンセプトと、それに基づいた事業内容、
実現可能な収支計画、
そして、当たり前のようではありますが、
それが伝わる形で表現されていることが不可欠です。

事業計画書をこれから作るという方はもちろん、
すでに、ある程度事業計画を作っている方にとっても、
他の人の目からどう見えているのかを知り、さらに強いものにする良い機会です。

20151017_女若シ講座2













理解が得られ、信頼される、強い事業計画書を作りませんか?

講座の詳細の確認、お申し込みは、マイスタイルのホームページより受付しています。

夢を実現するための 創業支援セミナー&事業計画書作成セミナーのお申込はこちら
http://mystyle-kodaira.net/event/jowakashi-seminar1-2015/



【番外編】 このような方には、こちらもおすすめです。

20151017_女若シ講座












◎事業プランを持っていない方は?
まずは、一度無料相談(要予約)に来られて、
事業プランをある程度練っていただくことをおすすめします。

さらに強い事業計画書を作りたい方は、
「夢とそろばん創業塾 CB編」を受講してから、
12月12日の講座(今回と同様の内容です)を受講していただけたらと思います。

・無料相談の詳細・お申込はこちらから
http://mystyle-kodaira.net/event/sougyou_support/ 
・「夢とそろばん創業塾 CB編」の詳細・お申込はこちらから
http://mystyle-kodaira.net/event/yumesoro-cb/


◎事業プランの中身を、もっとじっくり考えたい方は?
「夢とそろばん創業塾 CB編」という、7回連続講座を開催します。
(その後にも、12月12日(土)に今回と同じ内容のセミナーを企画しています。)

まずは、「夢とそろばん創業塾 CB編」で、しっかりと、
コンセプト、事業内容、資金計画、情報発信、販売促進、人材育成などを学んでいただいて、
12月12日開催の、本講座を受講していただけたらと思います。

・「夢とそろばん創業塾 CB編」の詳細・お申込はこちらから
http://mystyle-kodaira.net/event/yumesoro-cb/


mystyle_kodaira at 10:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月25日

経営革新等支援機関として認定されました!

このたび、NPO法人MyStyle@こだいらは、
平成27年9月14日付で、経営革新等支援機関として、正式に認定されました。

経営革新等支援機関とは、「認定支援機関」とも呼ばれるもので、
中小企業経営力強化支援法に基づいた制度です。

「認定支援機関」とは何か? ということですが、
中小企業庁が運営する「ミラサポ」というホームページには、
次のように記載されています。
経営革新等支援機関とは

経営革新等支援機関(認定支援機関)は、
中小企業・小規模事業者が安心して経営相談等が受けられるために、
専門知識や、実務経験が一定レベル以上の者に対し、
国が認定する公的な支援機関です。

これに伴い、補助金活用や経営改善について、
より幅広い支援が可能になりました。

特に、創業補助金等の経済産業省が実施する補助金には、
認定支援機関の申請を必要とするものがあります。
補助金申請の際にも、よりスムーズな支援ができるようになりました。

以下、もっと詳しく知りたい方のために、
中小企業庁のホームページと、ミラサポのリンクをご紹介いたします。

◆中小企業庁 認定経営革新等支援機関
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/index.htm

◆ミラサポ 認定支援機関早わかりガイド
https://www.mirasapo.jp/ninteishienkikan/about.html

NPO法人MyStyle@こだいらは、認定支援機関として、
より一層の活動を行ってまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。



mystyle_kodaira at 11:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月15日

【無料相談】相談のきっかけは、さまざま

こんにちは。事務局の鴨志田です。

創業前〜創業1年以内の方を対象とした「無料相談」、
相談に来られるニーズはさまざまです。

※無料相談について、詳しくはホームページをご覧ください。

相談スライド













【相談ニーズいろいろ】


以前ブログでご紹介した、「モヤモヤ期」ならではの相談
○やりたいことがあるけれど、創業に向けての進み方がわからない、という相談
○資金計画の立て方がわからない、という相談
○事業計画書までできているが、この書き方で良いのか確信がない、という相談
○「夢とそろばん創業塾」などの講座の前に、事業プランを練るところまで進めるための相談
○スタートアップの資金が足りない、という相談
○条件がいい融資を受けたい、という相談
○最初の一歩を踏み出すイベントを開催するが、プログラムの意見を聞きたい、という相談


ここから先は、それぞれのニーズについて、もう少し具体的に書いてみます。

○やりたいことがあるけれど、創業に向けての進み方がわからない、という相談
○資金計画の立て方がわからない、という相談


この2つのパターンの場合、基本的には講座を受けていただいて、
他の受講生さんと一緒に、事業計画をつくっていくのが良いのではないかと思います。
一人で考えていたら、良いアイデアが浮かばなくても、講座の中で複数人で考えれば、
「こうしたらどう?」というアドバイスをもらったり、
他の人のやり方を参考にしたり、といったことができるからです。

しかし、特に「夢とそろばん創業塾(一般編 or CB編)」では、
既にある程度事業計画が頭にあって、あとはそれをブラッシュアップしていく、
という段階の方を対象にしています。
講座を受講する前に、何回か相談を受けていただくことをおすすめしています。

もちろん、講座の受講を考えていなくても、
相談のみの利用も、お待ちしております。


○「夢とそろばん創業塾」などの講座の前に、事業プランを練るところまで進めるための相談

このパターンの場合、基本的に上の2つと同じようなことが言えるのですが、
「夢とそろばん創業塾(一般編 or CB編)」では、
既にある程度事業計画が頭にあって、あとはそれをブラッシュアップしていく、
という段階の方を対象にしています。

そのため、講座を受講する前に、事前に何度か相談を受けていただいて、
事業計画の種を見つけてから、受講していただくことをおすすめしています。

※ちなみに、現在募集中の講座は、「夢とそろばん創業塾(CB編)」です。
講座と相談の組み合わせは、本当におすすめです。
本気の創業を目指している方は、ぜひこちらもご検討ください。
http://mystyle-kodaira.net/event/yumesoro-cb/


○スタートアップの資金が足りない、という相談
○条件がいい融資を受けたい、という相談


マイスタイルは、東京都の「女性・若者・シニア創業サポート事業」という、
条件のいい融資を受けられる事業のアドバイザー団体です。

マイスタイルでは、基本的には地に足のついた事業をおすすめしているので、
融資を受けなくて済むのであれば、それに越したことはない、と考えています。

ただ、スタートアップの時期や、新しい事業を始める時など、
節目節目で、お金が必要になる時期が来ることがあります。

・どうしても事業を始めたいが、資金が足りない
・ホームページや什器等、最初からもう少し良いものを揃えたい
・助成金を受けたので、つなぎの融資が必要
・既に創業したが、新しい事業を始めるために資金が必要
・融資を受けなくても事業はできるが、資金繰りに余裕を持たせたい

そんなときには、融資を受けるということが、選択肢の一つになります。

この事業の特長は、とにかく融資の条件が良い、ということなのですが
それに加え、ただ低利の融資を受けるだけでなく、5年間の伴走支援がつきます。
年に3回、無料相談を受けられるようになりますので、
融資が必要な方は、活用していただけたらと思います。

※利用できる方は、東京都で創業される方に限ります。


○最初の一歩を踏み出すイベントを開催するが、プログラムの意見を聞きたい、という相談

最後に、具体的な例をひとつ挙げてみました。
創業するための、もしくは創業して、最初の一歩を踏み出す時に、
イベントやキャンペーンをやってみる、ということがあると思います。

マイスタイルでお勧めしている方法のひとつに、
その分野に関心がある人たちを集めて、イベントをやってみて、
その中からお客さんが持っているニーズを探っていったり、
場合によっては、自分の事業を必要としている人とつながるきっかけとする、
ということがあります。

そのプログラムアイデアを考えてみたけれど、
本当にこのまま開催していいのかわからない、といったときに、
マイスタイルでの相談を活用してくださった方がいらっしゃいます。

今回は、具体例のひとつとしてイベントを挙げてみましたが、
漠然としたものだけでなく、こういった具体的ことについても、
無料相談を活用していただけたらと思っています。


【無料相談のお申込み】

無料相談のお申し込みは、ホームページから受け付けています。
関心をお持ちの方は、ぜひ一度ホームページを覗いてみてください。
もう少し詳しく知りたいという方は、お問い合わせも、お待ちしております。


mystyle_kodaira at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月07日

【ふるプロ】第1クール、駆け抜けました!

こんにちは。事務局の鴨志田です。

「ふるさとプロデューサー育成支援事業」、略して「ふるプロ」が始まっています!
先週までの2週間、マイスタイルに研修生さんたち7名が、がっつりいらっしゃいました。

◆「ふるプロ」とは?

ふるプロとは、中小企業庁が行っている、
地域の多くの関係者を巻き込み、地域の特色を活かした産品をブランド化し、
域外に売り出すふるさとプロデューサーを育成することを目指している事業です。
詳しくは、事務局のETIC.さんが作られている、ホームページをご覧ください。
http://furusatoproducer.etic.or.jp/bridge/

マイスタイルは、この事業の「OJT」の受け入れ先団体として、
研修生さんを7名、受け入れています。

マイスタイルでは、このOJTを3クールに分けて行います。
今回は、そのいちばん最初の第1クールでした。


◆事前には、ETIC.さんで気合注入!

実は、マイスタイルでのOJTが始まる前に、
研修生さんたちは、ETIC.で行われた3日の研修を受けてきています。

ふるさとプロデューサーに必要な資質は?
これから、どのような姿勢で地域に入っていけばいいのか?
自分がやりたいことは何か? そのために研修でどんなことを学べばいいか?

そんなことを、地域で活動していたり、
地域のことを良く知っている方々の話を聞いたり、
ワークシートを書いたり、研修生さん同士で話し合ったりと、
とても質のいい研修で、しっかりやる気が高まった状態で、マイスタイルへ!


◆ふるさとプロデューサーの「型」を探る!

さあ、いよいよ、マイスタイルでの研修です。
第1クールのテーマは、守破離の「守」。
ふるさとプロデューサーの「型」を探ります。

そのためにも、まずは事例をたくさん知ること、
特に、「ふるさとプロデューサー」的な人にたくさん会うことが大切!
ということで、たくさんの方を訪ねていきました。

どの方とお会いするときも、ただ会うだけでなく、
しっかり「型」を探るために、お会いする前の、事前の「リサーチ」と、
お会いした後の、みんなで発見を共有する「振り返り」を行います。


◎まずは、萩原修さん

まずは、デザインディレクターで、マイスタイルの理事である萩原修さん。
3クールを通して、今回の研修の中心になる「ふるさとプロデューサー」です。
(「型」を探るという意味では、いきなり高難易度です!)

11938041_879137955472875_3789806224630355726_n














11895936_879137768806227_4099501114920979239_n













ひととおり、萩原さんのお話を聞かせていただいた後に、
いろいろ質問をしながら、萩原さんを浮彫にしようとする……はずなのですが、
研修生さんたちの質問に、
「うーん、あんまり面白くないなぁ。知っていることしか出てこない。」と萩原さん。

萩原さんの「型」を、もっと詳しく探ることが、第1クール中の課題となりました。

さて、ここから先は、写真を中心にご紹介!


◎(株)武蔵野映画社代表 松江勇武さん

11887933_879138158806188_7862457781176960935_n













松江さんのヒアリング。iOffice吉祥寺にて。
地域に馴染んでいくために、どんなことを心がけてきたのか、
映画を撮ることが、どうしたら地域への貢献とつながっていくのか、
真摯に考え続ける姿を見せていただきました。

11902487_879138332139504_538588507760535249_n














松江さんが経営する「おふくろ屋台」で乾杯。
その後、映画作りを始め、様々なことが始まるきっかけとなったお店です。
「どうやらふるさとプロデューサーがおふくろ屋台に来ているらしい」という
噂を聞きつけたブロガーの岡部さんも来てくださいました。


◎(株)エマリコくにたち代表 菱沼勇介さん


11987139_881217371931600_6246971935646960762_n













菱沼さんにお話を伺う前に、まずは現場の見学ということで、
エマリコくにたちが経営する、「しゅんかしゅんか」の店舗を訪れました。
「新鮮な野菜を、毎日の食卓に並べてほしい」という願いから、店舗は駅前に設置。
近郊で採れる新鮮な野菜が並びます。
代わる代わる訪れるお客さんが写りこまない(一瞬の)タイミングを狙って、写真をパチリ。

11888585_1000031390058431_6604484986912353642_o














菱沼さんのお話。国立のリトマスにて。
地域に入っていくときに心がけていることから、
ビジネスモデルの話まで、詳しく詳しく聞かせていただきました。
研修生さんの中には、都市農業に関わりたい方もいて、
「本当に勉強になりました!!」とのことでした。

ちなみに、写真がないのですが(すみません!)、
お話の後は、くにたち村酒場で乾杯!
美味しくて、食べることで一生懸命でした……。


◎元(株)JR中央ラインモール代表 鈴木幹雄さん

11947747_1000031396725097_1496619801000837290_o













元JR中央ラインモール社長で、「ののわ」の立ち上げに関わった鈴木さん。
現在は異動されて、「ののわ」とは違った仕事をされていますが、
ぜひ、立ち上げのときのお話が聞きたい! とお願いし、来ていただきました。
組織として地域に関わっていくときに大切な姿勢を、
体験を交えながら語ってくださいました。


◎萩原さん現場見学 吉川友紀子さん

この日は、萩原さんと一緒に(株)シュウヘンカを立ち上げ、この日の案内人である、
吉川さんが案内してくださいました。
萩原さんと吉川さんが手掛けている現場、「つくし文具店」と「国分寺さんち」の見学です。

11924773_881221191931218_3290668631622254521_n













つくし文具店の入り口。
萩原さんが脱サラ(?)をした後、一番最初に手掛けた現場です。
オリジナルの文具と、萩原さんのつながりでつくられている文具などを置いています。
「日直」と呼ばれる人が、日替わりでお店番をしています。


11259713_881221531931184_2106985962337654665_n














国分寺さんちの見学&難易度の高い萩原さんの「型」を解明すべく、
話を聞かせていただきました。
写真は、つくし文具店のオリジナル文具の検品を行っているところ。
お客さんの手元に渡った時に喜んでもらえるように、という思いで、
細かいところまで確認をしていることを、身をもって知る機会になりました。


◎多摩信用金庫 長島剛さん

11899925_1001933589868211_2975352006555448094_n













「信用金庫は、地域が元気でないと持続できない。」
そんな危機感から、地域を活性化するような活動をされている、
多摩信用金庫価値創造事業部の長島さんにお話を伺っているところです。
自治体ごとではなく、「多摩地域」と捉えて展開している、
様々な活動について、お話を伺いました。


◎立川市役所 津政人さん

10435659_1001933609868209_4595584342260357251_n













多摩信用金庫の長島さんのもとに、1年間出向して、
立川市役所に戻ってきてから、業務の改善や、地域の人たちとの交流など、
精力的に活動をされている津さん。
「行政で活動するなら、突き抜けた方がいいですよ。」と、
同じ行政から来ている研修生さんに、エールが送られる場面も。


◎中小企業大学校ビジネスト 藤間輝雄さん

11925979_932563633456066_514935579_n










研修会場として使わせていただいている、ビジネストのキーマン、
藤間さんにもお話を伺いました。
組織として地域に根ざしていくときのコツや、
逆に、現場で見えてきたことを、組織にどうフィードバックしていくかなど、
組織の中での動き方について、教えていただきました。

◎萩原さんに同行した、現場見学も

さて、最初に把握しきれなかった、萩原さんの型ですが、
何人かの小グループに分かれて、
実際に萩原さんが仕事をしている現場の見学をしています。

その中で、萩原さんがどんなふうに仕事をしているのか、
関わっている人たちと、どのように関係性をつくり、
仕事の条件はどのように詰めていっているのか、
そういったところが、だいぶ見えてきた、というシェアがありました。

高難易度な萩原さんの型も、徐々に解明されてきたようです。

◆一方で、自分のふるさとプロデューサーの「型」も探る!

様々な現場を見学していく一方で、
自分は地域に戻って「ふるさとプロデューサー」として、どんな活動をしていくのか、
その時に必要な要素には、どのようなものがあるのか、
ビジネスモデルキャンバスをはじめ、様々なツールを使いながら、探っていきました。

11960246_881217081931629_6115896420281642516_n













ビジネスモデルキャンバスの講義を聞く研修生さんたち。

11949323_881217118598292_6859454492251710278_n














ビジネスモデルキャンバスの講義を聞く研修生さんたち。
正面からも撮ってみました。皆さん真剣です。

11204402_881221741931163_1249082481304645334_n













ワークシートを書く研修生さんたち。
現場見学に行く前にも、現場見学に入った後にも、
今回のように、これからの自分のビジョンを考える時にも、
とにかくたくさん「書く」ことに取り組んだように思います。
なんとなくで考えていたことも、書いてみると、
はっきりと輪郭が表れてきます。

◆第2クールに向けて、発表!

たくさんのふるさとプロデューサーに会って、たくさんの「型」を見て、
自分のふるさとプロデューサーの「型」も書いてみて……とやってきた第1クール。
最後は、プレゼンです。

お題は、
,佞襪気肇廛蹈妊紂璽機爾痢峽拭
第2クールまでの、地域に戻ってからのアクション(できるだけ具体的に)

11960022_884726194914051_8077190749906785963_n














11953564_917992668282120_7325239911761982657_o














発表の形式は自由。組み立て方も自由。
上の2つのテーマを10分間で語るという発表。
見学の合間を縫って、時間がない中での準備でしたが、
全員しっかり仕上げてきました。(さすがです!)

そして、言いたいことの核は同じでも、
発表も、その中で使われる表現も、1人1人の個性が表れるものになりました。


さて、早くも今月末から、第2クールが始まります。
発表した宿題の成果を抱えて始まる第2クール。
また楽しい日々が始まるのだと思うと、今からワクワク♪です。


◆研修生さんがブログを書いています!

この研修が始まってから、研修生さんがそれぞれ、ブログを書いています。
1人1人の個性がしっかりにじみ出るようなブログになっています。
きっと、第2クールまでの間にも、更新されていくはず(!?)ですので、
ぜひ楽しく読んでいただけたらと思います!

◎研修生さんブログ(まとめ)
http://mystyle-kodaira.net/furu-pro/
※このURLから飛んでいただいて、それぞれのブログをご覧ください。



mystyle_kodaira at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加