2015年10月

2015年10月26日

【ふるプロ】第2クールも、駆け抜けました!

こんにちは。事務局の鴨志田です。

「ふるさとプロデューサー育成支援事業」、略して「ふるプロ」の第2クールが終わりました。

前回、第1クールのテーマは「守」ということで、
「ふるさとプロデューサーの型」を探ってきましたが、
第2クールである今回のテーマは、「破」でした。

第1クールで見つけてきた、ふるさとプロデューサーの「型」を破って、
自分なりの型を見つけていく、
そしてそれを、地域の実践につなげていく、ということが目標です。

◆今回のポイントは3つ!
今回の主なテーマは、3つです。

1. ふるさとプロデューサーの現場を学ぶ
前回に引き続き、ふるさとプロデューサーの現場を学びます。
今回は、谷保を中心とした現場を散策しながら、
そこに関わるキーパーソン(=ふるさとプロデューサー)のお話を伺いました。

まず訪れたのは、「やぼろじ」です。
古民家を改装してつくられたスペースで、
現在はシェアオフィスとして使われています。

RIMG3113

















まずは、シェアオフィスの入居者のひとつ、
やまもりカフェ」でランチです。
健康的でやさしい、お母さんの味、「母めし」をコンセプトとしたお料理です。
写真は、鴨志田がいただいたサバの味噌煮です。

12132629_902625029790834_7661217991073206743_o

















美味しいご飯の後は、「やぼろじ」の仕掛け人で建築士でもある、
WAKUWORKSの和久倫也さんから、
やぼろじができた経緯や変遷、運営の工夫など、
やぼろじの裏側を、お話していただきました。
研修生さんたちも、リアルなお話にしっかり耳を傾けています。

RIMG3120

















RIMG3129

















そのまま、谷保駅周辺の現場見学です。

国立富士見台団地にある、
一橋大学の学生さんが運営しているお店やスペースを見学。

RIMG3135

















RIMG3134

















そして、子どもと大人が交流できるシェアハウス、
コトナハウス」へ向かいます。

RIMG3154

















コトナハウスでは、不動産の管理をされている
N9.5 INC.の篠原靖弘さんから、
シェアハウスの中に子どもが入ってくることの面白さや難しさ、
地域の人たちと一緒に運営していくということなどについて、
お話を伺いました。

RIMG3142

















2. ファシリテーションについて学ぶ
地域の現場の中で必要な、ファシリテーション。
地域の人たちの関係を調整したり、一堂に会する場を作ったり、
何かをする際の会議を進めたり、といった場面で必要な技術です。

今回のゲストは、石巻をはじめ、全国でファシリテーションを行っている、
(株)キュムラス・インスティチュートの岩井秀樹さんです。
現場にしっかり根を張っているからこそのお話を伺いました。

12120159_902597979793539_6313363876624742617_o

















また、多摩CBネットワークの中間支援ギャザリングの、
準備と本番の運営を経験しました。

こちらは準備の写真です。
ワークショップの内容を考えています。

12132362_902599743126696_817313992631067437_o

















そしてこちらは、本番です。
研修生さんの中には、ワークショップを運営したことがない方も多く、
ドキドキしながら始まりました。

12095181_902600766459927_4689669692870264501_o

















ワークは、思わずみんなが真剣な顔つきに。

12109917_902601459793191_967359554464136462_o

















3. 効果的な情報発信について学ぶ
現在も更新しているブログ、
必要としている人に、ダイレクトに情報を届けていくSNS、
伝えたいことを、短時間にぎゅっと詰め込める動画……。
それぞれのメディアの使い方と、発信を効果的にしていく方法を学びました。

バリュープロポジションキャンバスを使い、ターゲットを明確にしながら、
そのターゲットにどうしたら届けていけるのか、考えるワークをしました。

また、今回の大きなテーマが、「動画」。
まずは動画ソフトを使ってみる、ということで、
研修生さん同士、お互いの自己紹介動画を作ってみます。

本当はお見せしたいのですが、
"完成度"が高すぎて、残念ながらお見せすることができません……。

その代り、ふるさとプロデューサーのブログが動いています!
それぞれの受講生さんが、それぞれのテイストで発信中です。
ぜひ、覗いてみてください。

http://mystyle-kodaira.net/furu-pro/


◆最後は、第3クールに向けての発表です!

最後は、前回同様、次回に向けての発表です。

12095081_902624816457522_5778843061450629747_o



 













第2クールは「破」というテーマで、自分の「型」を作ることが目標でした。
ふるさとプロデューサーの萩原さんからは、
「で、結局どういう『型』になったの?」という厳しい突っ込みが入ります。

厳しい質問に答えながら、さらに「型」が見えてきて、
それが、動きを作っていくときや、何かの選択をする時の指針になっていく。
研修生さんそれぞれが、それぞれの道を、歩き始めたように見えます。

次回の第3クールは、12月7日から始まります。
それまでの間に、地域で実践を積んで、「型」を自らに染み込ませ、
「型」を意識しなくても、その通りの動きができるようになっている……はず!!

乞うご期待です!


mystyle_kodaira at 13:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月20日

「夢」と「そろばん」創業塾-コミュニティビジネス編- いよいよ開催!

学びの秋ですね












こんにちは。
事務局の鴨志田です。

秋といえば、「食欲の秋」ですよね!

……え、ちょっと違うんじゃないですか。「学びの秋」じゃないんですか!?
という声が聞こえてきそうですね。

そんな志の高いみなさまにぴったりの講座が、今週末から始まります。


yumesoroCB





 








少人数でじっくり学べる「『夢』と『そろばん』創業塾」の、
コミュニティビジネス編です!

コミュニティビジネスとは、
まちの課題を解決するビジネスのことです。

子育て支援、生活サポート、居場所づくり、配色サービス……。

まちで暮らす人たちにとって、なくてはならないサービスだからこそ、
続けていくための「経営」が必要になります。

「こうしたい」という理念(夢)と、
地に足の着いた経営感覚(そろばん)を兼ね備えた、
まちの課題を解決する仕事を、一緒につくっていきませんか?

講座の詳細とお申込みは、ホームページからご確認ください。
http://mystyle-kodaira.net/event/yumesoro-cb/


mystyle_kodaira at 09:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加