ソーシャルキャピタル

2014年07月17日

協働事業フォローアップ支援 交流会

事務局の木村です。

暑い日が続きますね。意識的に適度な水分補給をとりましょう。

7月9日(水)に開催された「協働事業フォローアップ支援 交流会」(中央公民館ホール)に参加してきました。


followuptatekan 












いっしょにできるといいな、こんなこと こだいら」

programprogram2

「〜市民と行政のより良い関係をつくる〜」

1グループ(8〜9人)×7グループで、
市民の方や市内の各団体・グループに所属されている方、また、多くの市職員さんも参加されました。
そのため、こじんまりとした雰囲気どころではなく、とても盛り上がった(賑わった)ことがしばしばでした(笑)

また、参加者の中にはハタラボ(プチラボ)に参加された方やマイスタイルの講座にも参加された方等、よく存じている方とグループにて同席をさせて頂きました。

アシスタントとして武蔵野美術大学の学生やこのようなワークショップといったら、やはり、齋藤啓子先生です。

自己紹介を除き、所属先や肩書は問わず、どちらかといえば、主に個人の立場としてのグループワークでした。
 

Step 1  市内の地図に、各グループの個々の参加者のお住まいと主な拠点、興味のある個所にシールを張る作業を行ないました。

6groupmap
 











※主催者ではないため、あえて遠目に撮りました。
主な拠点等では自分と共通の箇所がありました。

Step 2  グループのメンバーを変えて、横長の用紙にこだいらの年表を各参加者にて作成しました。


7groupnextstep 













子どもの頃から小平に住んでいる方もいれば、自分のように数年の在住の方など、それぞれの時代を見てきました。

Step3   今回の交流会に参加して、次に何をしていきたいかを黄色い付箋に書いて、グループ内でフリートーク。

今回、マイスタイルの代表として参加させて頂きましたが、市職員さんと市民活動をされている方が集まり、個人的にもこのような場に参加させて頂いてとても良かったと思いました。

また、市民と行政の良きつながり、市民と市民とのつながりをもって、今後ともこのような機会を継続的に行ってほしいと思いました。




mystyle_kodaira at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加