2010年07月04日

インターネット・エクスプローラ7のIME不具合についての解消法

中央ヨーロッパの旅 6-22 (19)


Internet Explorer6を7に切り替えてから、ブログなどの入力時などでIME2003がすっかりおかしくなった。

私は、ひらがな変換を使いますが、勝手にひらがな変換が解除されます。最初は、ブログサイトなどとの相性かな?とも思っていましたが、どうもどのサイトでも入力時におかしくなります。

また、時々、例の『あ』の表示に『A』の表示まで二重に重なって表示され、こりゃおかしいということで、ネットで色々調べましたが、どうもInternet Explorerに関しては、どうしょうもない欠陥であることがわかりました。以前、IME2003からIME2007に切り替えたとき、いろいろと問題があって、IME2003に戻した経緯がありましたから、IME2007にする気はありません。

また、ブログ文字入力のときの動作も別な不安定な動作が見受けられ、おかしいなあ〜とは思っていました。

それと、IDとパスワードを複数、記憶しきれない場合もありました。それで思い切って、Mozilla Firefoxをインストールして使って見ることにしました。

すると、なんと、とても快適にIME2003が機能します。又、ブログ入力時の変な不安定な動きもぴたりと止まりました。

それと、同じブログサイトの違うIDとパスワードを複数打ち込んでもちゃんと記憶することが出来ます。

こんなことなら悩まずに最初からFirefoxを入れておけばよかったとつくづく思いました。

こうしたお勧めがネット上で検索されなかったのが不思議なくらいです。

でも、OSはWinXP or 7なのにどうして開発元と同じIMEやInternet Explorerの連関性が下手糞なのか?本当に疑問です。

まあ、それでもFirefoxの存在があったから良かったようなものですね。やはり、何事も独占的だと、もうどうしょうもありませんから。

OSもWinXP or 7と互換の利くOSが登場するとおもしろくなりますが、それは、まず無理でしょうね。

どんなアプリケーションソフトも動くOSの登場さえあれば、どんなに消費者は助かることでしよう。

by 大藪光政 


mytecs at 22:37コンサルティングソフトウェア開発 

2010年04月18日

マイツールのWindows 7情報について

P1020999


---------------------------------------------------------------
会社に下記のメールがマイツールをお使いの方から数ヶ月前に来ていました。
---------------------------------------------------------------

はじめまして、××と申します。

マイツールについて、困り果ててしまいメールさせて頂きました。

今まで、マイツールをwindows 版になる以前より、活用してきまして、現在XPにてマイツールを使っています。

現状使っていたXPのマシンが不調のため、新しくマシンを購入したのですが、
windows7のXP64bitダウングレード版のマシンを購入し、こちらで掲載してくれている、vistaへのインストール方法を見つけまして、それに習い、インストールをしました。

起動を無事確認して、一安心と思っていた矢先、”問題が発生したため、Generice Host Process for Win32 Service を終了します。”という、エラーが出てきてしまいました。という、エラーが出てきてしまいました。

このエラーを検索し、対策を見たところ、windows updateすると治るとのことで、update使用としましたが、同じエラーが出て、updateまで、出来ずじまいです。

今までの業務で、マイツールのオートに頼り切った業務をしていまして、マイツールが動かなくなるのは非常に、苦しく、困ってしまいました。

何か、いいお知恵を拝借できればと思い、藁をも掴む思いでメールさせて頂きました。

突然のメールで、真に申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

------------------------------------------

このメールに対する返信は下記の通りです。

------------------------------------------
内容からして、マイツールとは関わりの無い問題かと思います。

購入されたPCが64ビットマシンとのことで、当方では企業に対して、64ビットはお勧め
していません。問題が多く、マイクロソフトやその他アプリケーションメーカーのサポ
ートが十分でないからです。

普通の業務用であれば32ビットで十分です。
処理スピードを上げたければ、そうしたCPUを使うより、SSD搭載の機種にした方がとても効果的です。

この間、デル社のSSD搭載の17インチノートパソコンを顧問先の企業の社長に勧めて、セットアップしましたが、とても早くて快適です。

このSSDは、書き込みが遅いとか言われていますが、HDDよりも早いです。読み取りはとても早い。あと、固形メモリーですから、データが長く使っていたら消える?という問題も無きにしも非ずですが、もともと、企業ではバックアップを十分リスクとして管理していますから、そんな心配は無用だと思います。

デルは、サポートが少し心もとないですが、これは、昨今の国内メーカーも同様です。トラぶったらすぐ、リカバリーと平気でいいますから、自己責任でメンテナンスするしかありません。

価格もかなり安くなっています。17インチノートで15〜16万で買えます。

随分と安くなったものです。

さて、そちらの課題として、現在OSは、XPでお使いのようですので、まったく問題が無いはずです。windows7でも問題ないはずですが、これは、検証はまだしていません。手元にwindows7のOSを持っていますが、しばらく、落ち着くまで様子見です。

XPのWindows updateにおいては、色々と他のドライバーとのトラブルやその他の問題を引き起こしているのは、事実のようです。

業務専用で使う場合は、Windows updateは、様子を見ながら慎重にしないとトラブルの元です。通常の使用上意味の無いupdateもありますから。

あと、ウイルスソフトも同じくトラブルの元です。

業務用ではインターネット接続を物理的に遮断しての利用が理想的です。

通常は、ウイルスソフトをPC入れずに使えば快適です。ウイルスチェックは、ウイルスソフトが入っているPCからのリモートで検索を掛けてやるとよいですね。対処も同じです。

さて、マイツールのせいなのか?を消去法で確認するしかありません。一旦、他のHDにマイツールを格納して、PC上のマイツールを削除してみてください。多分、関係ないと思います。

後は、復元を試みるか?リカバリーして、最初からやり直すか?です。

最初からやり直すとき、注意すべき点として、ウイルスソフトやすべてのアプリケーションソフトをインストールするときは、ファイアウォールや他のソフトを停止してから行わないと、様々なトラブルに巻き込まれます。

面倒でも、ひとつひとつ丁寧にインストールすることが大切だと思います。

マイツールが問題か否かは、PCが安定しているのを確認してから最後に入れてみてください。

もし、それでも、そうなるとしたら、64ビットでの相性が悪いということになります。

今日も、重要なWindows updateが入ってきましたが、中国関係?が色々とセキュリティ不具合を見つけて攻撃してきますから、いいような悪いような・・・まったく、マイクロソフトも対応が後手になっているようです。

トラブルは消去法でやるしかありません。

お役に立てませんが、まずはお知らせまで。

-------------------------------------------
これに対する先方からの返信は下記の通りです。
-------------------------------------------

この度は、貴重なアドバイス有難う御座いました。
アドバイスを参考に、いろいろと試してみまして、やはりマイツールによるエラーではないと思いwindowsの入れ直しをしました。

入れ直すのであればと思い、windows7を入れて見たところ、なかなか快適に動きました。

マイツールも、今のところ動いています(XPモードを使わずにです)。

先程、セットアップを完了したので、明日にでもオートプログラムを動かしてみて、詳細に検証してみます。

取り急ぎ、お礼を兼ねてご連絡をさせて頂きます。

マイツールのことでお話できる方に出会えてうれしく思っています。
心から、本当に有難う御座いました。

----------------------------------------------
これに対するこちらからの返信は下記の通りです。
----------------------------------------------

OSを入れ直されたとのこと、しかも、Win7で!それは、面白いですね。

マイツールは、C言語で開発されてますから、特に問題は無いと思います。
また、Windowsのコマンド・ツールはあまり、マイツールでは使っていないので、トラブルは殆んどないと思います。

もし、使えない命令語が出てきたら、使える命令語でショートプログラムを組んでみるか、他のツールとの連携(Excel,VB,MSHなど)で十分回避できます。

WinXPは、アップデートの繰り返しが多くて、その為のトラブルも色々出てきているのが実情です。つまり、収拾がつかなくなりつつあります。

マイクロソフトの.NETを使っているソフトハウスの会社ですら、XPについてはむやみにアップデートしないようにしています。

あと、Win7の評価方法としては、色々な命令語を駆使しているマイツールでのオートプログラムソフトを動かせば、すぐに結論が出るでしょう。

マイツールは、VBなどに比べてシンプルな構成ですから、業務用オンリーとしては、とても使いやすく便利ですね。

では、頑張ってください。

-----------------------------------------------------------

これに対する先方からのWindows7のマイツール情報の返信は下記の通り。

-----------------------------------------------------------

いろいろと、有難う御座いました。
業務で使っている、オートに関しては、問題なく動いています。

あまり、高度な命令語は使っていないのですが、支障が出ないことがうれしいです。

Win7のOSも、あまり機能を使わないのですが、思ったよりも快適な気がします。

まだ、使っていないオートが幾つかあるので、何か出ましたら連絡します。

------------------------------------------------------------

コメント

------------------------------------------------------------

その後、マイツールとWindows 7に関するトラブル情報については、なんらご連絡が無かったので、Windows 7についても特に問題は無いようです。

もし、命令語でエラーを起こすものがあれば、XPに対しても若干ありますが、
ルーチンをこしらえるかちょっとした工夫で十分対処できますから、マイツールは幅広いすべてのWindows OS にもっとも変動されない安定したデータベース型システムツールと言えます。

やはり、シンプル イズ ビューティフル ですね。

ここでは、ビューティフル ⇒ クオリティかな?

by 大藪光政



mytecs at 09:47マイツールソフトウェア開発 

2009年11月08日

XP搭載のまだ使えるPCの活用法。

古代の生き物
この間は、東芝製PCの内臓HDが壊れたので改修したお話をしましたが、研究室用PCが8台あるうち、もっとも古いのが、富士通のNE7/1000Hです。今、この原稿を書いているのは、このPCを使っています。

これは、もともと、MEで動作していたのをXPにバージョンアップさせたのですが、メモリーが最大たったの256Mbまでしか搭載できないので、使用を限定させる必要があります。(何せ旧型のペンティアム靴任垢ら) つまり、リソースを過大にさせない使い方をしなければなりません。

PCには、Webや、ネットHDを活用した共用作業ができる環境づくりと、専用作業としての環境作りをおこなう必要があります。

こうした対応は、常に最新のOSを揃えることに無理があります。やはり、業務として、様々な機器やソフトウェアが混在していますと、やはり、全体として動作保証がとれるものということになりますと、今日ではやはりXPでしょう。

そして、まだ数年しか経っていないのに、新しいWindows7のOSが出来たからと言って、PCを即刻処分するのは環境にやさしくありません。

さて、この富士通のPCは、古くなるとやはりHDの動作音がうるさくなってきましたので、今度は、東芝の時とは違って壊れる前にHD交換をしました。(笑)

WESTERN DIGITAL社製のWD800BEVEというUltra ATA100の80GBのHDです。回転数は5400 rpmです。このメーカーが良いかどうかは、使ってみないとわかりませんが、世間の評判はそんなに悪くないようです。

もともと、ME搭載のPCですから、XPにグレードアップしてのHD交換には、時間が掛かりました。換装してみるととても静かになって動作も問題ありません。

HDの容量は、大きいものにすべきか迷ったのですが、ネットで調べてみると、このPCは、もともと30GBでしたので、性能上この程度の容量がベストのようでしたから、80GBに留めました。このPCの使用用途からしてもこれでよいということになりました。

これで、このPCも寿命が伸びます。当時は、24万円した最高クラスの機器でしたから・・・だから、こうした対応もうまくできたといえます。

快適に使うには、XPの数多い更新はやらないことと、ウイルスソフトは、リモートでやること、スタートアップも制限し、かつ、ソウトウェアのインストールは、最低限に抑えることです。

こうすれば、他のPCに劣らない、十分な動作速度を維持できます。使ってみてストレスを感じさせないことが大切だと思います。

使い方としては、共用作業とか、データのLAN間の多量な移転コピー作業専用として活用できます。

人材の活用と同じで、それなりなポストと環境を与えることで、十分、仕事に貢献できる能力を確保できるというものです。ちなみに、掛かった費用も5000円足らずで済みました。

by 大藪光政
 
 
 
 
 
 
 
 
 


mytecs at 13:31コンサルティングソフトウェア開発 

2009年08月29日

東芝パソコンJ11が壊れた日。

いのちのたび博物館 007

先日、22日の土曜日に、No3のPC動作が不安定になって、ブルー画面となりました。メッセージによると、ハードウェアかソフトウェア上のメモリー領域のトラブルとのことでしたので、東芝サポートに連絡しましたがうまく、復旧できません。以前メモリーアップしたRAMかもしれないと先方がいうので、それも元に戻したのですが、駄目でした。

セーフモードで一応入れたので、最近の重要なデータだけをバックアップして、さらに、どうでも良いものも取り込んでいましたら、ついには再起不能になりました。リカバリしても駄目ですから、メーカー修理見積もりを聞いたら、5〜6万円掛かるとのことで、それなら、NTTストアで、特売で同等以上のPCが買えるとぼやきました。(しかし、当時、この業務用PCは、特別仕様でしたから20万円以上はしたのですから・・・昨今、如何にPCが安くなったことか!)

ところで、6台あるうちで、一番、集中して使っていましたから、このJ11は、そろそろ寿命かなと、あきらめてデルのPCを発注しました。XP仕様で納めてもらえるし、Windows7への移行サービスも条件に入っていましたし、CPUがデュアルなので少しは使い易くなるかな?と期待しています。

インターネットと電話注文とでは、意外と電話注文の方が安いのですから、アレっと思いました。例のごとくオペレータは、変な日本語を喋る中国の女性です。

発注を終えてから、翌日、どうせ、処分するのだから・・・ということで、思い切って、自身で修理してみようという気持ちになりました。

そこで、原因はHDという推定で、HD部品をネットで調べましたが、SATAとATA仕様があります。このPCは、IDE仕様で、詳しくは、ウルトラATA100という仕様です。

メーカーとしては、サムスンのHDが160GBで5400rpmの仕様が5380円でありましたので、これに決めて手配しました。

2〜3日後にすぐに送られてきましたので、実装してリカバリすると、何もなかったようにスイスイとOSが入っていきました。

結果として、リカバリに成功して再び使用できるようになりました。新HDの回転数が早い分だけ動作も随分と早くなりました。RAMメモリーを増設する費用ぐらいで、動作速度が速くなったので驚きでした。

そして、HD容量も従来の約五倍です。デフラグなんかしなくてもよいぐらいに容量がたくさんあります。こんなことなら、もっと早くHDを交換すればよかったと思っています。PCを購入してからもう、六年も立っていますから、HDが駄目になっても文句は言えませんね。

今度送られてくるデルPCは、RAM 4GB HD 500GBと、とても充実しています。このPCは、こちらのPC登録ではNo7となります。Win7と同じナンバーになりました。なるべく、使用目的を分散して使わないと、万一壊れたときは、大変です。Back Up も、もちろん二台のネットHDでとっていますが、それでも、時間差で取れていないものがありますから、そのつもりで、バッチを利用してこまめにとる必要がありそうです。

by 大藪光政
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



mytecs at 15:41ソフトウェア開発コンサルティング 

2009年07月08日

マイツールの動作速度が遅くなった時・・・ 5

恐竜2


 
 
 
 
某社の自動倉庫支援システムの動作が遅くなったという事態が発生した。これについて、開発元である当社は色々と調査とPCのチューニングを行った。

マイツールの動きが遅くなる場合というのは、稀である。

例えば、ドライブ設定をPC周辺のストレージにも行っていて、運用時に、そのストレージがPCに接続されていないか、或いは、サーバー内にドライブ登録を行っている時、そのアクセスが遮断されている場合は、CHF,FILE命令や、そのドライブ先とのアクセス時に遅くなったり、場合によっては止まってしまうことがあります。

その場合は、対策は簡単ですが、今回はどうもそうではなく、FILE,T,命令などを始めとして、動作がパラパラと動きます。マイツール導入時は、まったく、そんなことはなかったのですが、最近にかけて段々ひどくなっていっているとのことでした。

まずは、PC上の画面の設定、スタートアップなどのあらゆる設定のチェックと見直しをしました。そして、最後にはメモリーを512KBから1GBまで引き上げました。でも、結果はノーでした。

あと、このPCで思い当たる節は、以前、社員が持ち込んだUSBメモリーによりウイルスが感染していたので、駆除をした経歴があるということです。

恐らくウイルスか、或いは、その対策時点でシステムファイルなどに、不具合を来たしていると判断し、リカバリー以外に道は無い。と判断しました。

リカバリーすると、後で、LAN接続、データのバックアップの復旧や、その他のソフトの入れ直しがあり、大変なのですがやむを得ません。

また、場合によってはHDD不具合であれば、PCがお釈迦になることも想定されます。そうしたリスクを背負ってリカバリーしました。

すると、見違えるように、マイツールが軽快に走ります。

どうも、原因はウイルス侵入と、その処理時に問題が起きたようです。ちなみに、工場のネットワークはインターネット接続を行っていませんが、USBメモリーからの感染も想定されるのでやっかいです。

by 大藪光政
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
   

 
 
 
 
   
 
 





mytecs at 10:58ソフトウェア開発マイツール 

2009年03月23日

マイツール命令PFGEを活用した生産指示システムについて。

いのちのたび博物館 006

某金属加工メーカーにおいて、九州新幹線インフラに関連した特需が入り、特注金属加工部品の生産が増大しました。

この不景気の中、企業にとっては喜ばしいことですが、何分、すべて特注品ばかりですから、工場内での生産管理において標準品と違い管理しにくい面が多々出てきます。

例えば、同じ形状のAという製品が図面上にあってもそのうちの何点かは、一部の寸法が若干違うという場合とか、一箇所だけ、穴が少ないとかいったものがまぎれて入っていて、本当によく管理しないと間違えてしまいます。

また、図面が違うので別物だと思っていたら工事現場の場所が違うだけで同じものであったりします。そうなると製作時にまとめて作ればいいものを別々に生産してしまうといったロスも出てきます。

また、設計図面を読み取るときの食い違いから数量を見落としたりします。このように、すべて特注品で、かつ多量に図面が送られて来て、その受注指示を工場にしたときにどうしても混乱が起きてしまいます。

2月の営業会議において、こうした多量の受注に対して製造部は納期遅れの無いよう、しっかりした生産体制をとって欲しいとの要望がありました。これは、顧客要望でもあります。

そこで、特注品であっても、図面展開による生産指示と製造工程内との密接なトレーサビリティを実施する必要が生じてきました。

その生産支援システムを3週間内で開発する依頼を受けました。短納期でしたが状況をよく把握してみますと、別ソフトの販売管理情報からCSVデータベースを取得して、あとは、図面からの展開データ入力ができるようにすれば、簡単にオペレータ処理ができると判断しました。

あとは、部品単位にこの生産指示票を発行させる機能を付ければよいのです。工場側の注文は、指示票の見やすさを要求してきました。そこで印刷機能は、マイツールのPFGE命令でデザインページを作成し、フォントを任意に設定することで、内容の情報にメリハリをつける事が出来、うまく編集が出来ました。(A4サイズで票が、三枚取れるようにしました。)

あと、大事な機能としては、販売管理システムからのデータ活用であることから重複した指示票発行をしないよう、一定期間(三ヶ月)発行情報を保持して比較チェックが出来るようにしました。もちろん、再発行とか、修正再発行も可能にしました。

要求システムは、約束通り三週間で作り上げましたが、やはり、運用が始まると、色々と追加機能を依頼されてきました。

その中には、やはり、入力漏れ対策だとか、優先選択印刷発行だとか、オペレータの勝手な要求ばかりですが、それをきちんと受け止めてニーズに応えないと便利なシステムとはなりませんから、喜んで対応して行きました。

今回も、マイツールだから短納期でシステムが構築出来たのですが、他のソフト会社に頼めば、どうも、2〜3ヶ月掛かるとのことでした。

by 大藪光政
 
 
 
  
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

   
 
 


mytecs at 11:37マイツールソフトウェア開発 

2008年10月13日

Windows2000で、ExcelやWordでひらがな入力ができない・・・解決法について

マンモス
ある会社で使っているデスクトップPCが、突然、WordやExcelで、ひらがなが書けないという事態になりました。インターネットでの入力や、メモ帳などで試してみますと、ひらがなが書けるのです。

WindowsのOSは、2000です。それで何とかして欲しいとのクライアントの依頼で調べることになったのですが、確かに、設定上は「ひらがな入力」、「ローマ字入力」のどちらを設定しても、WordやExcelでのひらがな書き込みができないのです。

それで、こうした現象についての検索をGoogleでやってみましたが、書き込み欄には、月並みな言語バーによる設定のアドバイスのみを教えてくれているやり取りの欄があって、質問者は、回答者に、「いろいろやったけど駄目です・・・」と書かれているのばかりです。

それで、こちらも本腰となって、マイクロソフト社にアクセスして、そうした問題解決の事例を探しましたがありません。PCの状況としては、Windows2000搭載のマシンに対して、Office XPのExcel2002、Word2002がアプリケーションとして入っているのです。

そこで、色々調べて試した結果、マイクロソフト社のサポートオンラインにて、Word 2002 使用時に上書き入力ができない場合の対処方法 (Windows 2000 に Office XP を既にセットアップ済みの場合) と言うのがあり、内容的には違いますが、どうも、Windows2000とOffice XPとの相性の問題で、不具合が生じているみたいで、特にキーボード表示の絡み合いも含めたトラブルみたいでした。この処理を行うと、見事!ひらがなを「ひらがな入力」、「ローマ字入力」共に、Word、Excelにて動作するようになりました。

当社は、Windows2000は、もう使っていませんが、(XPと試験用のビスタのみ)企業ではまだまだ十分活用できるOSですから、こんな変なトラブルがありますと・・・困りますね。こうしてみると、ソフト会社は、システムバグがユーザーから発見された時には、もう、次の新しいソフトを買ってください!と言って、あとは知らん振りなのでしょう。

ユーザーは、新しいものは、古いものより、より良くなっていると思って求めるのでしょうけど・・・それは、大きな間違いですね。ビスタなんか、何十ものの、アップデートプログラムを発行していますから・・・逆に、システムが高度になればなるほど、やっかいなトラブルが発生しても不思議ではありません。

多機能や高度のツールを求めるよりも、シンプルで使いやすいツールで仕事をした方が賢明だと思いますが、如何でしょうか?

by 大藪光政
 
 
 
 
   

  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
   
 

 
 


mytecs at 11:15コンサルティングソフトウェア開発 

2008年09月04日

マイツールの推奨について・・・

可愛い花
先日、マイツール講座のログインキーを教えて欲しい・・・とのメールが届きました。金沢に在住の方でした。マイツールのプロ講座は、初級、中級、上級と分けて簡単に記載していますが、何もマイツールだけの課題だけではなくSEにとっての必須の内容を書き記しています。

ですから、プログラムの作り方とかそんなものではなく、マイツールで何が出来るかとか、企業にとってのシステムを組むときの重要ポイントとかを記しています。そういう意味では、How to ものではありません。

ですから、人によっては期待はずれかもしれません。そのような方は、恐らく具体的な、プログラム内容が知りたかったのだと思います。でも、そんなことではプロとしては失格です。具体的なプログラムは、ご自分で現場にあった最適なシステムとして構築するものです。

だから、別にログインキーを付ける必要もなかったのです。付けた理由のひとつは、どうしても見たいと思われる方に対しては、メールを頂いてどのような方かを知りたいので、半分興味津々といったところから付けてみました。

(もともと、このログインキーは、Javaスクリプトで書かれていますから、Googleの検索を巧みに使えば、表だけ鍵の掛かった・・・そして、裏は開放された、本当に表向きのログインなのです。 IBMさんのビルダーは、そんなものです。)

さて、それから、感想が一向に届きませんので、恐らくがっかりしたのでしょう。また、金沢の方は、マイツールのビジュアル性についても、ブログで取り上げて欲しいとの要望がありましたので、色々考えた挙句、マイテックのHPを更新してトップページからと、マイツール講座からの両方からリンクインできるマイツールの紹介文サイトを作りました。

これに、そのビジュアル性についても触れております。そして、言葉ではピンと来ないので、企業様の許可を得て一部画像をリンクしております。しかし、Web画像は軽くしないと、開き難いので、画質をかなり落としてアップロードしていますから、当方としては、できばえに不満です。

それと、本当は処理中のレベルメータの動作とかをお見せしたいのですが、かないませんでした。一番手っ取り早いのは実演ですが、マイツールを使っている企業で実演してあげると驚かれます。

そんなわけで、金沢のNさん、マイテックのHPで、ビジュアル性について見て下さい。マイツールをされている方で、こんなすごい使い方をしているというのがあったら、プログラムはよいとしても、簡単な事例を出してくれると嬉しいのですが、他のマイツール愛好家の方々、如何ですか?

by 大藪光政
 
  
 
 
 
   
 
 
 
  
 
 
 
   
 
 
 
  
 
 
 




mytecs at 22:18マイツールソフトウェア開発 

2008年07月25日

マイツールをリモートする! 5

春の声 043






この前、MGの志賀島での研修に飛び入りで、『マイツール』について、少しお話しましたが、短いお話の最後に質問を受けた中で、「マイツールを他のソフトとアドインなどをされて使われたことがありますか?」といった意味の質問を受けたことがあります。

この時、このMGのメンバーの皆さんはマイツールを使われている方のレベルがまちまちであるのと、マイツールを使ったり、プログラムを組まれたことの無い方もおられたので、『アドイン』といった意味合いについてゆっくりと説明する時間もありませんでしたので、「どうしょうかなあ〜」と思った挙句、CSVについて語りました。

つまり、どんなソフトも情報というものを加工していくものなのですが、その時に情報交換の手立てとして共通データベースにCSVファイル形式というものが世界共通で通用するものであることの説明に切り替えました。

『アドイン』というものは、『アドオン』と、同義語でひとつのソフトウェア上に拡張機能を付加することですが、一般的に別種のソフトを連携させて、情報加工を拡張性させる仕組みのことですが、マイツールも、そうしたことができるか?といったご質問だったと思います。

それで、CSVファイル形式でのCGET,CPUT命令で世界共通の情報交換ができる話をしましたが、「いや、アドイン的な使い方をされたことがありますかと聞いているのですが?」と、再度言われたので、「CSV形式も含めて、マイツールでやっています」と答えました。

これには、質問者もご不満だったと思います。

挙句の果てに、そのあと「もっと鋭い質問はありませんか?・・・・私を困らせるような・・・」と言ってしまったので、後でその方の質問が鋭くない質問と、受け止められてしまったので、その方には大変申し訳なかったと思っています。

その会場で、研修者の方々は、マイツールやソフトウェアに関してレベルがまちまちであったので、ベーシックなところでの『鋭い質問』を期待していたのですが、実戦的な応用についての質問に対する詳しい回答は控えたいと思っていました。

そこで改めて、ここでその件についてあらためてご回答しますと、まずマイツールで加工した情報を他のソフトに自動で連携して受け渡すことは可能ですが、マイツールから他のソフトに連携する時は、あらかじめ受け取る側のソフトが後工程を自動でやってくれるようになっていなければなりません。つまり、マイツール側からは、データを受け渡した後に、他のソフトをリモートして加工を操ることはできません。

次に、逆の場合ですが、他のソフトがWindowsのツールをコントロールできるソフトであれば、まず、他のソフトによる情報加工を行った後、マイツールを起動させるプログラムを記述して、さらにマイツール上の指定のプログラムをRUNさせることや、マイツールの命令語を送信して、マイツールをあたかもマニュアル操作をしているみたいに、意のままにコントロールしたり、最後にはマイツールを終了させて、元に戻ることも可能です。

よって、他のソフトが苦手とするデータ処理をマイツール上で加工させて、それを一旦CSVに変換してから、また、別のソフトでもって情報の加工を行うことが可能なのです。

これにより、両者のソフトプログラムを組む能力さえあれば、最短で最適なシステムを構築することができます。

これは何を意味するかと言いますと、マイツールにてデータ加工技術を含蓄した処理プログラムを、用途に応じた『モジュールプログラム』として用意することで、他のソフトが随時、必要な時に『マイツール』をCALLしてマイツールが得意な処理を任せるといった拡張性のある使い方が可能となります。

あの時、鋭い質問をされた方、あなたのご質問に対する回答は、これでよろしかったでしょうか?

by 大藪光政
  
   
   
 
  
 
 
   
 
 
     
   
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 

   

 
 
 
  

 
 
 
 
    
  
 
  


mytecs at 11:50ソフトウェア開発マイツール 

2008年07月09日

無用の用を考える・・・

2007-10-07 015











やっと梅雨が明けました。

最近、ショルティには散歩の疲れが著しくあらわれます。

もう、歳かなあと思います。犬にとって10歳は人間にとって、60歳ぐらいですね。

そして、梅雨明けからのこの暑さ!ショルティは、散歩から帰り着くと、バッタリと研究室の前の玄関に座り込んでしまいます。そして、昼間の静かなこと・・・よく昼寝をします。

我輩も、昼食が済みますと、昼寝に入ります。時々、クライアントから電話で起こされることがありますが・・・そのとき、カバッと起きて、すぐに相談のトラブルモードについて、早口でメリハリのある声で喋り出しますので、悪妻が、「あなた・・・眠れなくて起きていたの?」と、驚く。そんなことが度々あると、「あなたって、すごいね!寝ていても、起きたとたんに・・・そんな難しい話が急に出来るなんて?」と、悪妻が言う。

いつもは、昼寝をする我輩を馬鹿にするのに・・・ほめたり、けなしたり、女は勝手なものです。

さて、この昼寝家の我輩は、今、実は多忙になってきました。

『書物からの回帰』の書き掛けの原稿、『李卓吾』があって、図書館から先日借りてきた王陽明の書物があって、それを読みかけたら、今度は図書館のお姉さんから携帯に、「先日ご依頼の書物が入りました。」と、秘書のように伝えてきます。「うむ、ご苦労!」といった感じで応対します。が、しかし困った!実は、ほったらかしのもう一つの仕事があるのだ。

それは、マイツールという日本人が開発したデータベース型ソースコードを使ったプログラム開発者の為の書き物を、昨日からまた書き始めたからです。これは、もう、私にとってはなんてことのない内容なので、書こうと思えば簡単なのですが何処まで書くのか?が問題なわけです。もちろん、誰からの依頼ものではありませんので、ギャラは出ません。だから、エッセンスだけを書こうと思っています。

こうした、状況ですから、久し振りにマルチタスクで処理することにしました。

前書きした図書館に依頼していた書物は「君自身に還れ、知と信を巡る対話」という題の本で、池田晶子さんと大峯顕氏の共著で題名のとおり、対話文です。これは、池田晶子さんがお亡くなりになってから出版されたものです。以前から手にしてみようと思いながら、どういうわけか?今日まで延びてしまったのです。それで読み始めていますが、期待したとおり結構面白いようです。

さて、先程のもう一つの仕事、マイツールでプログラミングされているプロの方に対する、伝授の巻物ですが、師が弟子に伝授するとき高弟に対しては、『要』を伝授しますね。つまり、枝葉のような『How to』ものは、その伝授の巻物には書かれていないということです。

ですから、それを見た弟子の多くは、「なあんだ、これじぁ役に立たないぞ!」と、怒って、「もっと具体的なことを書いて欲しい」と、いうでしょう。まあ、人間は浅ましいもので、ただで伝授してあげるというのに、その内容が自分のレベルに合っていないから金を返せ!といっているみたいなものです。要は、「あなたのレベルが低すぎるのです。」と、言いたくなりますし、「あなたからは1銭たりとも戴いていないから返すものは無い。」と、言いたくなります。

そういうレベルの低い輩は、「無用の用」がわからない人です。

いつも、人から『How to』ものばかりを教わっている人は、自分で考えるということが出来ない人です。だから、大人になっても、『How to』ものばかりを人から教わろうとする。よって、莫迦な大人を対象とした色々なコンサルタント先生方の教育研修が繁盛する。

「莫迦げている、この事実!」

大人になっても、人から学び取りたいのなら「哲学」を伝授してもらうべし!と思う。

『How to』ものは、言ってみれば、抜け殻みたいなものだ!そんなものを大切にしてどうするのだと声を大にして言いたい。

そして、大人を教える尊師は、あまりお金を稼ぐことを考えないで・・・霞を食って生きるぐらいの覚悟で、高弟に対して己の哲学を語るべし、と思うのですが、如何でしょうか?

まあ、現世利益がいつもの世! そんな尊師はいないでしょうね。

弟子の頭の数が、お金の数に見えるのだから、商売々!

儲けきらない霞を食って凌いでいる、我輩はマイツールの伝授書を、技術的なフィロソフィー?にしたつもりです。

興味があれば、そのうち、マイテックのトップページの項目に新設されますから、マイツールのマニュアル操作に自信があって、これからプログラムを始めるプロの為の、初級、中級、上級で、マイツール活用の真髄をご覧ください。

そして、あなたが考えたプログラミングで企業を救ってください。

よろしく!

by 大藪光政
  
 
  
    
 
 
   
 
   

 
 
  
 
   

 
     


 
 
    
 
   

mytecs at 18:49コンサルティングソフトウェア開発 
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ