2010年06月17日

ギター探しの旅(韓国編)

せっかく韓国出張に来ているので空いた時間を利用して、ソウル市内の楽器屋街に行ってみた。
場所はソウルの北の旧市街近辺の仁寺洞(インサドン)にあるという情報を
事前に入手していた為(Special thanks to sa55z様)、難なく辿り着きました。
そこは噂通り、長さ150m位の緩い「く」の字をした建物の一階が道路を跨っていて、
その2・3Fに楽器屋が100軒位ひしめいていましたよ。
クラシック系やエレキ系、エスニック系の楽器、打楽器、アンプ、PA系機材が全部集まった楽器街は圧巻です。
広い、デカイ、多い、何でも揃う。。。。
でさて感想は、
・一店舗あたりの面積は小さい感じ。御茶ノ水とか渋谷に較べるとですけどね。
・よって一店舗あたりの品揃えはそんなに多くはないけど、店舗数がとにかく多い。
・安ギターでSMASHとかROXYとかLTDとか知らないブランドを多く見かけた。
・なにげにEpiphoneが多い気がした。
・地元である韓国製のエレキの品質をPRしていた。
・Fender/Gibsonの品揃えは少ない。オールドも少ない。
・事前情報ではFernandesがあると聞いたが、見当たらなかった。
・その代わり、フジゲン(FGN)を見かけた。
・SquierやSterlingも少ないがあった。高級品のMusicmanも扱いは限定的。
・中古は少ない感じ。
・エフェクターもあるが、扱っていないエレキ屋も多い。
・エレキ自体の価格は円高の日本円に換算しても少し高い気がした。
・商品の扱いは少し雑な感じであり、日本のショップのほうがキレイで安心感がある。
・お目当てのGibson LesPaul GoldTop P-90はついに見つからず。。。。


楽器屋街の写真も見てね♪

↓建物の南側の様子です。この建物は奥に長くて150m位あります。
IMG_0062-1




















↓ここの2・3階がすべて楽器屋街
IMG_0063-1




















IMG_0065-1




















IMG_0066-1




















IMG_0068-1




















IMG_0067-1




















IMG_0064-1





















IMG_0071-1





















IMG_0072-1




















IMG_0069-1






















IMG_0070-1




















↓建物の反対側(北側)の様子です。
IMG_0074-1





















* 韓国ツアーサイトにあった楽器屋街(韓国語で楽園商街という)の詳しいリポートはこちら
# Inspired by 「sa55zさんのブログ記事(ギター探しの旅:大阪編)」

$ まぁ正直に言いますと、韓国でエレキを買う気になれませんでした。荷物になるとかじゃなくてね。。。。


& フォトブログはこちらです

mythings at 00:45│Comments(4)TrackBack(0)clip!出張 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by やんぼー   2010年06月18日 13:15
韓国出張お疲れ様でしたぁ〜。
もう天丼は食べられましたか????
すっごいギターが一杯並んでるんですねぇ。
今回はカメラ系の店には行かなかったのでしょうか。
運び屋としての次の注文が気になります(^o^;
2. Posted by sa55z   2010年06月18日 23:44
ギターの数よりも店の数にびっくりですね。
でもギターを買うならLAかNYでしょうね。
3. Posted by カルロスゴン   2010年06月19日 17:58
>やんぼーさん
昨夜帰って参りました。天丼はまだです。醤油味が恋しかったです(笑)。
残念ながらカメラ屋街に行く時間はありませんでしたが、韓国人もSamyangには眉をひそめてました。。。。

仁川国際空港のDutyFreeにもついにSchneiderのレンズはなくなったので、もう安く買えません。
Diorの口紅がUS$25でした。成田のDutyFreeよりも安かったです。関係ないですネ(爆)。
4. Posted by カルロスゴン   2010年06月19日 18:10
>sa55さん
お陰さまで、韓国楽器屋街リポートが出来ました。
NYには写真も撮りにも行きたいです。一週間位は必要でしょうか。
ギター探しの旅Coast-to-coast編はブログ的にも美味しいネタになりそうですね。あとは勇気と時間でしょうか(笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔