2015年01月31日

醤油とポン酢

 紅葉深まり、肌寒さを感じるようになってくる頃、ちょうど食欲も増してくる。何を食べてもおいしいと思える季節だ。そんなときは決まって各家庭から漂ってくる夕飯の匂いに腹を鳴らす。
 しかし、私の場合は家に帰ってきたところで夕飯が用意されているわけではない。 家族みな生活時間が違うからだ。なので私は仕方なく一人、冷蔵庫にあるもので飯を作る。
 寂しいとは思わない。むしろ自分の苦手なものを食べもなくてもいいというメリットがある。どうせ何時間後には家族も返ってくるのだからずっと一人ではないのだ。
 その日はありあわせのもので味噌汁と魚だった。煮て、焼いて、食う。とてもシンプルな作業だ。
 炊いてある白米と旬の魚(このときは鮭)の組み合わせは最高に食欲をそそる。とくに焼き魚は至高の一品だろう。私は肉のほうがよく食べるが魚も大好きなのである。
 汁をすすり喉を潤し、身をほぐして輝き立つ白米と共に口へ運ぶ。このときばかりは思わず頬も緩み幸せを噛みしめるほかない。
 私は好きなものほど後に残し、最後の一口をそれで終わらせたいタイプである。家族は地震がきて食べられなかったらどうするんだとか適当な理由をつけて先に食べてしまう。そこは個々の自由なので口を挟まないようにしているが、正直もったいないとは思う。
 まぁ、この日は鮭だった。鮭の身をすべて食べ、ほかも綺麗にたいらげ、はたから見ればあとは茶を飲んで終わるだけ、そんなふうに見える食卓にするのにそう時間はかからなかった。しかしここからがお楽しみなのだ。
 鮭の身を包む、皮。グリルで焼き、パリパリと香ばしい香りのする油の乗った皮を、私は毎回最後の一口として取っておくのだ。 
 ほかの部位も美味いが、鮭ならば皮だけ出されても、私は文句どころか満面の笑みで言うだろう。いただきます、と。
 それほど、鮭の皮というものは美味いのだ。この部分だけを提供する店なんかが、私の地元にできないものだろうか。きっと常連第一号になるだろうに。実に惜しいものである。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ