2016年07月28日

     畑の遊び心

   キューリのトゲ
001
002



ゴーヤのイボイボ
003
004



パプリカ、色付き初め
005
006



グラジオラス、透過光
007
008
 (2016/07/28--my) 
 



2016年07月04日

「遠い菜園」報告           7月1日

今日は「半夏生」 6月30日で一年の半分が過ぎ、今日から後半の
半年が始まる。各神社では青い茅を束ねて輪を作り「茅の輪神事」が
催される。夏越し神事と言い、御祓いの後、作法にのっとり
茅の輪をくぐり、残る半年の無病息災を祈願します。
農山村では「アオタギトウ」(青田祈祷)として残っています。
0001-A
0002-B

枝豆(黒)
種蒔き6月2日なので、8月初旬の収穫予定です。
0003-C

トウモロコシ
草丈は出来て雄花が咲きそうなのに、雌花が出てこない!
ちょとおかしい!  心配です。
0004-D

トマト
ミニハウス内は暑いが!
熟れ色が付き始めた。連日のくもりと雨の日が多く、中々進まない。
0005-E

ナス
初収穫が近そう。3~4日で7~8本採れそうです。
0006-F

キューリ
品種は「スウヨウ」です。今日は5本の収穫です。
1日3~4本は採れるけど、数日明けて来るので数十本は採れるでしょう。
0007-G

蔓無カボチャ
2株植えて有るが、数個が確認されてます。
0008-H

パプリカ
初めての栽培で、様子が分かりません。
形は出来上がって来ましたが、赤、黄の色は何時ごろから出るのでしょう。
0008-I

採りてのない梅の実、紅く熟れ綺麗です。
0009-J

梅雨らしく雨カエルが熟れた梅の実の上で一休み。
0010-K

薄暗い木立の中で、一際赤く藪甘草(ヤブカンゾウ)の花が目立ちます。
0011-L
(2016/07/04--my)

続きを読む

2016年06月19日

28”「遠い菜園」 6月15日(晴れ)

頚椎症 理学療法士による徒手治療で、少しづつ痛みは和らいできた。
今朝は調子良く楽で、梅雨の合間か晴れたので菜園に出かけた。

菜園主は病んでいても、野菜物はそれぞれ決まった道を進んでいるようだ。
トマトは各枝に5~6個の実が付いている。
一枝3~4個に摘果し調整が必要です。
0017-トマト-A

キューリ、節成りで、種は去年成った実から、自分で採取したもので
いわゆる「自種」です。
0015-キューリ-A

初めて作るパプリカ、順調に育ち花を付けました。
0010-パプリカ-A

ツルを長く延ばし、場所を占領するカボチャですが
これは、ツル無カボチャで、1m四方あれば一株作れて
実も5~6個なります。「ツル無カボチャ」は重宝します。
0007-蔓無カボチャ-A

トウモロコシ 90日タイプ
8月5~6日ごろの収穫出来る様になります。
0005-トウモロコシ-A

白ゴーヤの花が咲きました。
青い実より、白の方が肉厚で苦みが少ないので調理しやすいです。
0001-ゴーヤ-A
(2016/06/19--my)



2016年06月09日

6月8日(水)曇り時々晴れ

梅雨の合間を見つけ、39日ぶりの菜園です。
頸椎間板ヘルニアの治療週3回の通院治療で
24時間の痛みから解放される時間が長くなった。

今朝は左首元から肩にかけての強い痛みが
途切れる時間を長く感じ、調子良さそうなので
朝食を済ませ、8:50 菜園をめだし、遅い出発をした。

到着後、畑を見回ると、大きな変わりようです。
植えた物は大きく自由に、まいた種はところ狭しと芽を出し
熟れるものは時遅し、イチゴなどは、腐ったものが多く有りました。
05-イチゴ

トマトは支柱誘導が出来てなく、通路まで倒れ込みながら
花も咲き、2~3㎝の実が成っていました。
01-倒れる

自種を蒔き支柱を組んであったキューリ
芽の出からここまで手付づで良く育ったものと感心しました。
02-キューリ

パプリカ 脇芽とりが必要、3本に別れ花も咲いている。
03-パプリカ

ネギはカブ別れし、もうすぐ採れる時期になりそう。
04-ネギ
さすがに、何から手を付けたら良いか、やる事が多く
今日1日では終わらない。
急ぐもの、2~3済ませ今日は早めに帰宅する。

主は頸椎痛でオーバーホール中だが、畑は待ってはいない
中でも、雑草は数倍の速度で茂っていく。
これからトウモロコシ、枝豆、イモ類の生育が進む
害獣、害鳥の襲来が始まる。
その予防の為にも、周囲の草刈り、木々の枝払いは欠かせない。
梅雨の晴れ間を見つけ、体調と合わせ週1度は菜園に行きたい。

大きく茂ったキューイ、下側を覗くと真っ白の花が咲いていた。
06-キューイの花
(2016/06/08--my)



2016年05月03日

4月30日(土)晴れ
今日は風もなく朝から気温がグングン上昇30℃近くになる予報
AM6:30五日市自宅を出発、同8:00「遠い菜園」到着

治療中の頸椎間板ヘルニアで左首から肩にかけて痛む
お天気の事も考え無理してでも苗物の植付けをしておかないと
連休明けの診察結果では手術になる可能性が高い。

手術すると最低でも7週間は入院する事になる。
痛みを押して作業にかかったが10分と同じ姿勢での作業は続かない。

そこで植付けは全部家内にまかせる。
場所の指示をし支柱建てをすることにした。

支柱材料はすべて揃っているのに、時間がすごくかかり
植付けから支柱建て、アスパラ、レタス、竹の子、ウドの芽などの収穫
ジャガイモの芽かぎ、周りの草取りなど昼食の時間もいれ7時間を要した。

PM4:00後片付けを済ませ今日予定の作業は終了した。
作業着を着かえ帰宅の途へ、車の温度計は29度を示していた。
冷房に切り替え90分、同6:00過ぎ五日市自宅に到着。

トマト苗(丈30㎝)根元から15㎝を寝かせて植え付ける。
切藁を敷き、もみ殻を撒き乾燥防止対策をする。
001-トマト植付・4月30日-A

ナス(丈12㎝)小ぶりな苗です。
マルチを張った畝に60cm間隔で植え付ける。
003-ナス植付・4月30日A

パプリカ(丈15㎝)パプリカの栽培は初めてです。
ピーマンに似た栽培方法でいいかなと思ってやっている。
004-パプリカ植付・4月30日A

ゴーヤ(丈15㎝)白、青の実各1本を植える。
去年通りなら1本の木で15~18個の実が付く
多く生っても自分だけでは消費出来ない。
かと言って人に上げても、あまり喜ばれないので・・・
005-ゴーヤ植付・4月30日A

鷹の爪(トウガラシ)5本も植えたが、去年2本で足りなかった。
乾かした実をミキサーにかけ粉末にし、小さな瓶に小分けして
置くと、子供や孫達が来る度に催促して持って行きます。
最近の若い者は辛いのが好きらしい。
006-鷹の爪A

ブロッコリー こちらも多収で、2本もあれば最盛期には
二人暮らしでは食べきれない程取れる。
007-ブロッコリー・4月30日A

ジャガイモ植付けて28日目、芽かぎする様になる。011-ジャガイモ植付28日目A

一八(いっぱち) 子供の頃から毎年咲き続けている。
野生化したのか雑草にも強く、また暑さ寒さにも強い、草丈40㎝
012-アヤメ系咲き始めるA
(2016/04/30--my)