商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

【ここに注目!】
ところで、「METRO’S」の文字については、以下の新聞情報及びインターネット情報がある。

ア 「東京メトロは25日、丸ノ内線銀座駅と有楽町線有楽町駅に女性利用者をターゲットにした売店『メトロスビューティー(METRO’S BEAUTY)』=写真は有楽町店=を、オープンする。」との記載。

その他引用5件

上記実情よりすれば、本願商標は、「東京メトロの売店」であることを容易に理解、認識させ、「METRO’S」の文字部分より、「メトロス」の称呼を生ずるものと認められる

【実務への応用】
複数の称呼が生じる可能性のある商標において、自然的称呼は通常辞書的に定まりますが、中には使用実績を踏まえて認定するケースもあります。これは、使用実績が評価された審決です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
請求人の提出によれば、請求人の取り扱いに係るスマートフォンである「HTC J ONE」を紹介するウェブサイトの記事中に、「HTC Zoe(ゾエ)」のように記載されて括弧内に読み方が表示されているにすぎずスマートフォン及びアプリケーションソフトウェアの取引者、需要者の間に、本願商標及び「Zoe」の欧文字の称呼が「ゾエ」であることが広く浸透しているとはいい難い。

【実務への応用】
商標の自然的称呼は客観的に定まりますので出願人の主観は関係しません。しかし、特定の称呼で使用実績がある場合はその事実が評価される場合もあります。

本件はそのような主張をしたものの、そのような読み方は広く浸透しているとはいえないとして認められませんでした。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
学校教育法に基づき設置された大学は、その名称として、例えば、

「地名」と「大学」の文字との組合せからなるもの、
「地名」及び「教育内容を想起させる語」と「大学」の文字との組合せからなるもの、
「教育内容を想起させる語」と「大学」の文字との組合せからなるもの

を採用することがしばしば見受けられるところ、本願商標の構成中の「街」の文字が「地名」に当たらないことは明らかである。また、当審において職権をもって調査するも、「街」の語ないしその語義について、これが、学問分野の一などとして、学術的な研究等の対象となったり、大学における教授の対象となっている事実は見いだし得なかったとからすれば、「街」の文字が「教育内容を想起させる語」に当たるとはいい難い。

【実務への応用】
「〇〇大学」の実存パターンを定形化して、ある程度予測可能な形とした審決です。
このパターンに該当しなければ、一応は登録の可能性があると考えた方がよいでしょう。

【適用条文】
4条1項7号


↑このページのトップヘ