商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

【ここに注目!】
これらの語を結合した文字全体からは、原審説示のような意味合いを理解させる場合があるとしても、これが意味する内容は、「表現する能力」といった漠然としたものに対しての検定試験であって、直ちに本願の指定役務の質を直接的、かつ、具体的に表示するものとして理解されるとはいい難いものである。 

【実務への応用】
商標から導かれる意味合いが漠然としている場合は、指定役務の質を直接的かつ具体的には表現していませんので識別力が認められます。これはその例です。

【適用条文】
3条1項3号


【ここに注目!】
本願商標は、やや右に傾いた欧文字の「PR」と「DE」(「P」は「R」の、「D」は「E」の、それぞれ左部の上に重なっている)の間に、同じく、やや右に傾いた右拳で黒塗りの稲妻を握りしめた如きの図形を配した構成よりなるところ、近時、文字の一部を装飾的に図案化することが普通に行われている実情を考慮したとしても、当該図形部分が、特定の記号や具体的な欧文字を図案化したものとは直ちに認識し得ないものである。
そうすると、本願商標の構成中、中央に描かれた図形は、親しまれた既成の観念を想起し得ない図形として、認識、把握されるのが自然であるから、本願商標は、当該図形と左右の「PR」と「DE」の欧文字との組み合わせからなるものというべきであって、これよりは直ちに特定の称呼及び観念を生じないというのが相当である。
埋め込み画像 1
【実務への応用】
商標の一部がロゴ化しているため全体が一体の商標とは認められないとした審決です。
ロゴ化した商標については「全体を一体としつつも、もはや文字ではない」とするパターンと、本件のように図案化さらた一部の要素の影響で「全体として称呼はでない」とするパターンがあります。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
本願商標は、その構成からして欧文字をデザイン化してなるものではあるが、具体的にどのような欧文字であるのか特定し難いものである。

埋め込み画像 1

【実務への応用】
全体がデザイン化されているので、もはや文字ではないと判断された事例です。

【適用条文】
4条1項11号


↑このページのトップヘ