【ここに注目!】
その構成は、正方形内に図形及び文字がバランスよく配置され、その構成全体がまとまりよく一体的に表された印象を強く与えるものである。

そうすると、引用商標は、その構成中の「O・S・G」の文字等部分を「オーエスジー」と称呼される場合があるとしても、かかる構成においては、該文字等部分のみを分離、抽出して、該文字等部分から生ずる称呼及び観念をもって商取引に資されるとはいい難く、また、該文字等部分のみが抽出されて認識されるという特段の事情は見いだし得ないから、引用商標は、その文字等部分から商品の出所識別標識としての称呼及び観念は生じない

埋め込み画像 1

【実務への応用】
文字と図形が渾然一体としているので分離観察をすべきでないという審決の一例です。

「構成的一体性」⇒「該文字等部分のみを分離、抽出して、該文字等部分から生ずる称呼及び観念をもって商取引に資されるとはいい難い」というのが一つのパターンです。

確かに文字部分は円形図形の中に配されていますが、これくらいであれば分離観察を許容する例もありますので、本件はボーダーケースかと思います。 

【適用条文】
4条1項11号