先日、お客様と出願の打ち合わせをしていたときのことです。

こちらのお客様は最近まで別の事務所をお使いでしたが、事情があって私共とのお取引が始まったお客様です。

そのお客様、どういう訳か出願商標を二段書きにして欲しいと強くご希望されます。

曰く「二段書きの方が権利範囲が広くなるから」とのこと。 


二段書きとはもちろん、欧文字や漢字の商標の上にその読み仮名を平仮名や片仮名で併記した態様の商標のことです。

確かに、一見、欧文字「ABC」の他に片仮名「エービーシー」も一緒に権利化されるわけですから一粒で二度美味しい的な感はあります。


しかし、実はこれ、正反対です。 

はっきり言って、二段書きは場合によっては権利範囲を縮小する方向に作用します。


どういうことでしょうか。

それは特許庁が読み仮名としての片仮名文字・平仮名文字について認めている効果を考えるとよく分かります。

今まで紹介した審決にもありますが、基本的に特許庁は欧文字に併記された片仮名・平仮名を「読み仮名」として認識します。その上で、読み仮名が振られており、かつ、その読み仮名が欧文字部分の読み仮名として不自然でないときは、その読み仮名をもって当該商標の自然的称呼と認定します。

つまり、「ABC」の上に「エービーシー」の片仮名が振られているときは、その称呼は「エービーシー」であって、「アーベーセー」の称呼は生じないとされます。

このことは実はプラスにもマイナスにも作用します。

例えば審査過程において「アーベーセー」という称呼が生じる先願が登録されているとします。

この場合、欧文字「ABC」だけでは、指定商品によっては「エービーシー」の称呼だけではなく、「アーベーセー」の称呼が認定されるおそれがあります。

その結果、「アーベーセー」という称呼が共通するとして拒絶理由が通知されるかもしれません。

一方、「エービーシー」の振り仮名が振られていれば、その称呼は「エービーシー」に限定される可能性が高く、「アーベーセー」とは称呼非類似となります。

したがって、この場合は読み仮名がプラスに作用します。

しかし、一方で、「アーベーセー」の称呼が生じる先願が不存在の場合はどうでしょう。

「ABC」だけで登録を得た場合は、この商標からは「エービーシー」の称呼が生じると同時に「アーベーセー」の称呼も生じ得ます。

したがって、第三者が「アーベーセー」という称呼の後願を出願した場合、特許庁は「ABC」から生じる称呼「アーベーセー」と類似するとして、この第三者の後願を排除してくれるかもしれません。

しかし、「ABC」に「エービーシー」を振った二段書きで登録した場合は、「アーベーセー」の称呼は生じませんから、第三者のアーベーセー商標はそのまま登録されるでしょう。

つまり、この場合は読み仮名を振ったせいで自ら後願排除効を狭めてしまったことになります。これはいうまでもなくマイナス効果です。

その他、読み仮名の重要な効果として結合商標の一体性を高める効果もありますが、その話はまた後日。


何れにせよ、このように、二段書き商標はプラスの面もマイナスの面も合わせ持ったものですから、決して「権利範囲が広くなる」ようなものではありません。

寧ろ私が二段書き商標をお勧めする場合は、読み仮名がないと正確な称呼の認定が期待できないような外国語商標はもちろんですが、それ以外では、調査の結果、かなりきわどい先願商標が存在しており、その抵触をかわすための苦肉の策として用いることがほとんどです。


今回のお客様にもこうした点を説明させて頂いたところ、今後は二段書きはケースバイケースで考えるということになりました。

このように、商標出願において二段書き商標がお得というのは合っていそうで間違った考え方なのです。