【ここに注目!】
その構成中の「ぐるめぐり」の文字を「(その地の)美味探し」又は「(その地を)ぐるっと巡ること」程度の意味合いで使用しているものと認められることからすれば、「ぐるめぐり」の文字についても、本願商標の指定商品との関係では,商品の出所識別標識としての機能は,殊更強いものということはできない

そうすると、かかる両文字の結合からなる本願商標にあっては、その構成文字のいずれかが強く支配的な印象を与えるとはいえないことから、構成全体をもって不可分一体のものとして看者に把握されるというべきであって、他に構成中の「ぐるめぐり」の文字部分のみが独立して認識されるとみるべき特段の事情は見出せない。


【実務への応用】
識別力が弱い語同士の結合の場合、どちらか一方にのみ着目することはないので一連一体としてのみ商標として機能するという論理構成の典型例です。

結合各語間に識別力の強弱がある場合は、強い方のみから称呼・観念が生じますが、どちらも弱い場合はこのような結論に導くことが出来ます。

ただし、あまり調子に乗りすぎると全体としての識別力が疑われる(3条該当)ので注意が必要です。

【適用条文】
4条1項11号