【ここに注目!】
「it」の文字は、「それ」「あれ」等を意味する英語として一般に熟知されているものである。してみれば、本願商標は、これをその指定商品について使用しても、これが商品の記号あるいは符号として理解されるということはないといわなければならない。

【実務への応用】
ローマ字1字や2字、あるいはそれに数字を組み合わせたものは原則「記号、符号」に該当するとして3条1項5号で拒絶されます。

例外としてそのローマ字に「何らかの意味がある」場合は、そちらの意味で理解されるから「記号、符号」とは認識されないというロジックが成り立ちます。

これはその典型例です。

【適用条文】
3条1項5号