【ここに注目!】
本願商標は「IT」の欧文字と「アイティー」の片仮名文字よりなるところ、これは「情報技術」を意味する
「information technology」の親しまれた略語及びその字音を表示したものと認められ(中略)国民の間に、その有する意味とともに、広く浸透しているものである。

このような実情からすれば、前記構成よりなる本願商標に接する取引者・需要者は、これを商品の種類・規格等を表示するための記号・符号として一般に採択使用されているローマ文字2字の一類型とその表音文字とは認識せず、前記意味合いをもって理解するとみるのが相当である。

【実務への応用】
ローマ字2字が「何らかの意味を有する」ので記号、符号に該当しないとした審決です。

【適用条文】
3条1項5号