【ここに注目!】
本願商標は、「IQ」の欧文字を標準文字で書してなるところ、これは、「intelligence quotient」の略語であって、「知能指数」として(中略)広く一般に知られ使用されている語であり、これよりは「知能指数」の観念及び「アイキュー」の称呼を生ずるものである。

そして、ローマ文字の1字若しくは2文字が商品の品番、型式等を表示する記号、符号として用いられる場合があるとしても、前記の意味合いで良く知られた本願商標に接する取引者・需要者は、これを、単に商品の記号、符号の一種と認識するというよりも、前記意味合いを認識するものであるから、「知能指数」の観念及び「アイキュー」の称呼を持って取引にあたるものというのが相当である

【実務への応用】
ローマ字2字が「何らかの意味を有する」ので記号、符号に該当しないとした審決です。

【適用条文】
3条1項5号