【ここに注目!】
請求人は、「アクア」は、「水」を意味する「aqua」の表音で、商標としてありふれて使用されており、本願指定商品との関係においても、必ずしも強い識別力を発揮する語ではなく、「アクア」及び「AQUA」の文字部分に追加的な要素を結合する登録商標が併存している旨主張する。
しかしながら、「アクア」の文字を構成中に含む商標が多数採択され、登録されているとしても、その事実をもって、「アクア」の文字が自他商品の識別標識としての機能を失したということはできないし、本願の指定商品との関係で、商品の出所識別標識として称呼及び観念を生じないものとなったともいえない。

【実務への応用】
この請求人の主張は苦し紛れによく用いられる論法です。本審決はその主張を明確に否定しました。識別性を肯定したい立場になったときは参考になる審決です。

【適用条文】
4条1項11号