商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ: 類否

【ここに注目!】
その左右に黒く彩色された円様図形が表され、それらの下部に黒く彩色された3つの幾何図形を配してなるところ、その構成中の図形部分を原審においては、「やや図案化されているものの、容易に『iti』の欧文字であると認識できる」旨認定しているが、該部分は、一見しただけではいかなる文字を表しているか理解しにくいほど図案化したものといえる。
埋め込み画像 1

【実務への応用】
確かにこの程度まで図案化が進むと文字なのか図形なのか判然としませんので、妥当な審決かと思います。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
その6つの構成要素からなる右構成部分は,1,3,5及び6つ目のものが,それぞれ「S(s)」,「U(u)」,「r」及び「e」のアルファベットと認識し得る特徴を有するものの,2つめの構成要素である円の最上部から上へ及び最下部から下へそれぞれ垂直に延びる短い直線を有するものと,4つ目の構成要素である円の右下部から斜め右下へ延びる短い直線を有するものは,いずれも直ちに特定の文字を表したものと看取し得るとはいい難い

埋め込み画像 1

【実務への応用】
第2文字目と第4文字目が読めないので、全体として称呼は出ないとした審決です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
「cecile」の文字は、「女子の名、女性名」を意味する英語として、ある程度知られているばかりでなく、カタログ通信販売業を行っている請求人が、テレビ等で「cecile(セシール)」標章として広告・宣伝し、さらには、カタログ通信販売にとどまらず、本願商標の指定役務にも進出していることが、請求人の提出に係る資料1ないし26(枝番号を含む。)から認められ、本願商標の指定役務の取引者、需要者間に相当程度広く認識されているといえるものである。

そうすると、別掲のとおり構成よりなる本願商標は、「セシール」の称呼及び「女子の名、女性名」の観念を生ずるというのが相当である。

【実務への応用】
自然的称呼の認定において使用実績を評価した案件です。この商標はおそらくかなりの人が知っているでしょうから、この程度の使用実績があれば称呼が特定できるとすることに異論はないと思います。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
本願商標はその構成文字に相応して、「ディーエスピーエー」、あるいは「ディースパ」の称呼を生じるものであるが、請求人は、実際の取引においては、同人のホームページにおいて、本願商標を「D-SPA(ディーエスピーエーDigital Arts Secure Proxy Appliance)」として使用されていることが、請求人の提出の証拠から認められるものである。
そうとすれば、本願商標は、「ディーエスピーエー」と称呼され、取引に資されるものであるとみるのが相当である。

【実務への応用】
自然的称呼の認定において取引の実情を勘案したケースですが、本件は出願人のウェブサイトのみを根拠としていますので、かなり緩い部類の認定になります。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
ところで、「METRO’S」の文字については、以下の新聞情報及びインターネット情報がある。

ア 「東京メトロは25日、丸ノ内線銀座駅と有楽町線有楽町駅に女性利用者をターゲットにした売店『メトロスビューティー(METRO’S BEAUTY)』=写真は有楽町店=を、オープンする。」との記載。

その他引用5件

上記実情よりすれば、本願商標は、「東京メトロの売店」であることを容易に理解、認識させ、「METRO’S」の文字部分より、「メトロス」の称呼を生ずるものと認められる

【実務への応用】
複数の称呼が生じる可能性のある商標において、自然的称呼は通常辞書的に定まりますが、中には使用実績を踏まえて認定するケースもあります。これは、使用実績が評価された審決です。

【適用条文】
4条1項11号


このページのトップヘ