商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ: 識別力

【ここに注目!】
その構成中の「ムシ」の文字が、本願指定商品との関係から「虫」を想起させ、また「ケア」の文字が、「世話、手入れ、保護」等の意味を有する外来語として、対象物や部位に付して「〇〇ケア」のように使用されている語であるとしても、本願商標を構成する文字全体からは、原審説示の如く、「虫から体を保護するためのもの」の意味合いを認識させるものではなく、むしろ、「虫を保護する」程度の意味合いを認識させるに止まるものであり、その指定商品との関係において、商品の品質、用途を直接的、かつ、具体的に表示したものとはいえない

【実務への応用】
3条1項3号違反とする拒絶理由においては、その中で審査官が本願商標より生じる意味合いを明示してきます。もし、そのような意味合いが生じないのであればその旨反論します。経験上、3号に冠しては、拒絶理由が長ければ長いほど審査官の認定に無理がある場合が多いように思います。

【適用条文】
3条1項3号


【ここに注目!】
本願商標を構成する「リハビリ」「ライト」「パンツ」の各語は、その指定商品との関係において商品の品質を表示するもの、または品質を認識させるものであること、上記のとおりであり、単にそれらを組み合わせてなる「リハビリライトパンツ」の文字が全体として商品の品質、形状を表示するものとして使用されている事実がないとしても、各語についての指定商品の業界における取引の実情からすれば、これに接する取引者、需要者がその構成全体から商品の品質を容易に認識するものであると判断するのが相当である

【実務への応用】
商標全体として使用されていない点を根拠に識別力があると主張するケースは多くありますが、特許庁側は商標全体としての使用例がなくても、その商標を構成する各用語がそれぞれ使われている場合は、全体としても識別力がないと判断することが一般的です。本件はその典型例です。

【適用条文】
3条1項3号


【ここに注目!】
請求人は、本願商標の構成中の「UK」の文字は、一般的には「イギリス」を指すものであるが、請求人を欧文字2字で示す場合の文字としても、業界内にも浸透している旨主張し、それを裏付ける証左として甲第3号証を提出する。

しかしながら、商標を観察するにあたっては、その指定商品との関係からその構成文字の意味合いを考察すべきであり、本願の指定商品である「ウロキナーゼ固定化抗血栓性スリット型排液用カテーテル」の取引者及び需要者は、医療について専門的な知識を有するものといい得ることからすれば、前記第3の1における「UK」の文字の医療関係の事典類への掲載例からみても「UK」の文字、「ウロキナーゼ」の略語として捉えるものとみるのが自然である。

【実務への応用】
多義語であるので特定の意味を看取させないという主張は識別力を肯定する主張としてよく用いられますが、あくまで指定商品との関係を踏まえた時に多義的である必要があります。何でも複数の意味があればよいという訳ではありません。

【適用条文】
3条1項3号

【ここに注目!】
「REUSE」、「RECYCLE」は(中略)いずれも商品の品質を表すものとして使用されている事実は認められたものの、REPEAT(リピート)」の文字については、原審説示のように「繰り返し利用できるもの」であることを表すものとして、取引上一般に使用されている事実は発見することができなかった

以上のことから、本願商標の構成中、「REUSE」及び「RECYCLE」の文字は、取引者、需要者に、本願の指定商品の品質や環境関連のキャッチフレーズの一つであると理解させるものといえるとしても、「REPEAT」の文字は、どのような商品であるか、何を繰り返すのかなど具体的ではなく、本願の指定商品の品質やキャッチフレーズを表したものであると、取引者、需要者が認識するとはいえないものである。

【実務への応用】
キャッチフレーズとして認識されないという反論の一類型です。実際に広告・宣伝に当該文言が使われていないことを立証する方法です。

【適用条文】
3条1項6号


【ここに注目!】
「Peach」の文字と「Gold」の文字の語意からすれば、これを結合してなる「Peach Gold」からは「ピーチ色(黄みがかった赤色)に近い色合いの金色」の意味合いが容易に想起されるというべきであって、現に、本願の指定商品「身飾品」やこれと同様に身体につけて使用する腕時計の取り扱いに係る業界において、「Peach Gold」の読みを片仮名で表した「ピーチゴールド」が、その商品の色彩が「ピーチ色(黄みがかった赤色)に近い色合いの金色」であることを表す語として取引上普通に採択、使用されている実情がある。


【実務への応用】
「ピーチゴールド」なる色は辞書には記載がありませんから、具体的な色彩は不明といわざるを得ません。出願人もその点を主張しましたが、合議体は、実際に身飾品について「ピーチゴールド」が色彩として使われている例を挙げて拒絶しました。

具体的な色合いまでは特定できなくても、実際に色彩表示として使われていると登録は困難なようです。

【適用条文】
3条1項3号


このページのトップヘ