商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:識別力 > 漠然・間接的

【ここに注目!】
「モゾモゾ体操」の文字より、「手足や体を緩慢に動かす運動」程の意味合いを想起し得るとしても、その体操の内容が明確であるとはいえず、直ちにその指定役務の質を直接的、かつ、具体的に表示するものと認識させるとはいい難い

【実務への応用】
内容が不明確であるので特定の質等を直接的、かつ、具体的に表示しないとする審決です。

どの程度まで「不明確」で、どのくらいから「明確」となるのか、それこそ不明確といわざるを得ませんが実際の事例を集めることで推測するより方法はないように思います。

もっとも「モゾモゾ体操をやってみろ」と言われても具体的どんな体操かは分かりませんから、判断としては妥当なものと思います。 

【適用条文】
3条1項3号


【ここに注目!】
本願商標は,その構成中の「ダクトレス」が「ダクトがないこと」,「呼吸型」が「吸ったり吐いたりする形式」,「熱回収」が「熱を回収すること」,「換気」が「空気を入れかえること」の意味合いをそれぞれ認識させ得るとしても,本願商標全体としては,その指定商品との関係において,いまだ漠然とした意味合いを想起させるにとどまるというべき


【実務への応用】
識別力の有無は、商品の内容を「直接的かつ具体的」に表わす標章はNGで、「漠然、間接的、暗示的」であればOKとされます。

ただ、実際にどの程度までが「漠然」としていて、どこから「具体的」かどうかはハッキリ言ってよく分かりません。

個人的な印象としては、商標だけをみて商品の特性がイメージできてしまう場合はNGかなと思いますが。


【適用条文】
3条1項3号 

このページのトップヘ