商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:識別力 > 原審説示を否定

【ここに注目!】
その構成中の「ムシ」の文字が、本願指定商品との関係から「虫」を想起させ、また「ケア」の文字が、「世話、手入れ、保護」等の意味を有する外来語として、対象物や部位に付して「〇〇ケア」のように使用されている語であるとしても、本願商標を構成する文字全体からは、原審説示の如く、「虫から体を保護するためのもの」の意味合いを認識させるものではなく、むしろ、「虫を保護する」程度の意味合いを認識させるに止まるものであり、その指定商品との関係において、商品の品質、用途を直接的、かつ、具体的に表示したものとはいえない

【実務への応用】
3条1項3号違反とする拒絶理由においては、その中で審査官が本願商標より生じる意味合いを明示してきます。もし、そのような意味合いが生じないのであればその旨反論します。経験上、3号に冠しては、拒絶理由が長ければ長いほど審査官の認定に無理がある場合が多いように思います。

【適用条文】
3条1項3号


【ここに注目!】
構成中、「COFFEE」の文字は、「(飲み物としての)コーヒー」の意味を有する英語として、我が国において一般に親しまれているものであり、「FLOUR」の文字は、「穀粉。小麦粉。」の意味を有する英語(いずれも株式会社小学館「ランダムハウス英和大事典第2版」)であるとしても、それぞれの意味が具体的な関連性を有するものではないことから、直ちに原審説示の如き意味合い(コーヒーの種子から作られる粉末状の食品』を理解させるものとはいい難い。


【実務への応用】
原審説示の内容がかなり意訳されている点は明らかですが、そのような意味合いがでない理由として「それぞれの意味が具体的な関連性を有するものではない」からとした点が目新しいように思います。

ただ単に審査官の認定がおかしいと主張しても根拠が薄弱ですので、その場合は、構成各語の有する意味合いの関連性を検討してみるのも一つの手になるでしょう。

【適用条文】
3条1項3号


【ここに注目!】
本願の指定商品を取り扱う業界において、「デザートワイン」のように使用されている場合があるとしても、「デザート」の文字のみをもって直ちに原審説示の食後に飲む酒を理解させるものとはいい難い。


【実務への応用】
原審審査官は「デザートワイン」の存在を根拠に本願は「食後に飲む酒であることを、需要者に一般に認識させる」と判断しましたが、合議体はそこまでの意味は出ないと判断しました。

識別力の争い方は段階として、(1)そもそも認定が間違っている(=審査官のいうような意味合いは生じない)、(2)認定された意味合いが生じることは認めた上で、内容表示に該当しない、(3)内容表示に該当することを認めた上で、使用による識別力の獲得を主張する、が考えられます。

(2)から検討を開始ししてしまうミスを犯すことがありますが、拒絶理由は鵜呑みせず、その妥当性をよく吟味することから始めることが必要です。


【適用条文】
3条1項3号

このページのトップヘ