商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 総合観察

ここに注目!】
「旨香」の文字は、辞書に掲載されていない造語といえるところ引用商標中の「うまか」の平仮名部分が「旨香」の漢字部分の称呼を特定すべき役割を果たすものと無理なく認識できるものであるといえるから、「旨香」の文字部分から「ウマカ」の称呼を生じ、また、「旨香」を構成する2文字の意味から「おいしそうな香り」ほどの観念を生ずるとみるのが相当である。

【実務への応用】
造語について観念が生じるか否かで類否の結論が変わることもあり得ます。本件は造語に「観念」を認めた事例ですので、造語から観念を導き出したいときは参考になります。


【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
観念においては、本願商標は、直ちに特定の観念を生ずるとはいい難いものであるのに対し、引用商標は、「雪」の観念を生ずるものであるから、両商標は、観念上、相紛れるおそれのないものである。
そうすると、本願商標と引用商標とは、称呼を共通にするとしても、外観においては、判然と区別し得るものであり、また、観念においても、相紛れるおそれはないものである

【実務への応用】
成語と造語の場合の総合観察です。一方から観念が生じないので、相紛れるおそれはないとしています。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
観念については、本願商標と引用商標とは、観念上、比較することができないから、観念において相紛れるおそれはない

【実務への応用
おなじみの総合観察において、造語=観念が生じないもの同士を対比した結果、「観念において相紛れるおそれはない」としたものです。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
特定の観念を有しない文字商標においては、観念において商標を記憶できず、称呼において記憶し、これを頼りに取引にあたることが少なくないというのが相当である

以上によれば、本願商標と引用商標は、その外観、称呼及び観念によって、取引者、需要者に与える印象、記憶、連想等を総合し、上記取引の実情を考慮すると、両者の外観が相違するとしても、観念において比較できず、取引上必要な役割を果たす称呼を共通にするものであるから、役務の出所について誤認混同を生じさせるおそれのある類似の商標と判断するのが相当


【実務への応用】
造語商標同士を総合観察した審決です。

本件では「観念が生じない」⇒「観念で商標を記憶できない」⇒「称呼で記憶する」という流れから、観念で対比できなくても出所混同を生じさせるおそれがあると判断しました。

全く逆の場合も多くありますので、これはもう「そういうもの」として受け容れるしかありません。

観念が生じない事案で類似の結論に持って行きたいときに使える審決です。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
本願商標と引用商標は、共に特定の観念を有しないものであるから、観念において比較することができないものであり、また、観念上、相紛れるおそれがあるような特段の事情は見いだせない


【実務への応用】
おなじみの総合観察で造語同士について観念が対比できないので非類似とした審決です。

結論自体は特に目新しいものではありません。

その中で気を引いたのは「観念上、相紛れるおそれがあるような特段の事情は見いだせない」というくだりです。
造語であれば基本的に観念において相紛れる特段の事情は存在しないでしょうから、この観点でいけば、造語商標同士であれば、観念・外観非類似の結果、全体としても非類似の結論を導きやすくなります。 

【適用条文】
4条1項11号

このページのトップヘ