商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 頭文字

【ここに注目!】
本願商標の構成中の右側文字部分は、医療業界に精通した取引者の間では、全体として「最小侵襲の経皮腎石切り術」といった意味合いを理解させる場合があるといい得る。
また、本願商標の構成中の「MIP」の文字部分は、右側文字部分を構成する「Minimally」、「Invasive」及び「PCNL」の各語の語頭が太字で表され、強調された態様からすれば、それぞれの語の頭文字からなる略称を表したものと無理なく理解、認識させるものである。

してみれば、本願商標は、(中略)「MIP」の文字部分から「エムアイピー」又は「ミップ」の称呼及び「最小侵襲の経皮腎石切り術の略称」程の観念を生ずる場合があり得る

埋め込み画像 1

【実務への応用】
通常であれば「MIP]部分からは観念が生じないとされるでしょうが、上手く「頭文字」との認定を得ることで、対比部分の総合観察において観念非類似の結果を引出しています。


【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
円形状の図形の内部に表された「TNT」の文字は,「TOTAL NUTRITION THERAPY」の頭文字を表したものと認識されるというのが相当である。
そうすると,本願商標に接する者は,その構成中の「TNT」と「TOTAL NUTRITION THERAPY」の文字部分とを関連付けて理解し,認識するものというべきであるから,これらの文字からは,「完全な栄養療法」程の観念を生じる。そして,両文字の関連性からすれば,「TNT」の文字部分のみが,本願商標において,出所識別標識としての機能を単独で果たすということもできないものというのが相当


埋め込み画像 1


【実務への応用】
欧文字の頭文字について、記述的用語の頭文字であるから識別力がないので、そこから単独の称呼・観念は生じないとした事例です。 

「頭文字」と認識されれば、そこから観念が生じ、その結果、省略されていない文字部分との関連性が高まるので、欧文字部分のみで類否判断できないという理論構成になります。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
欧文字3文字が、極めて大きく顕著に横書きで表されていることから、色彩及び構成態様において明らかな相違があり、両文字部分は、外観上、分離して観察されるものである。
さらに、青色文字部分は、太字の青色で極めて顕著に表されていることにより、本願商標に接する取引者、需要者の注意を相当に喚起させて、印象に強く残る部分といえるものであり、また、本願商標の指定商品を取り扱う分野において、「FIT」の文字と「Foxconn Interconnect Technology」の文字、又は「FIT」の文字と「Foxconn」が、その取引者、需要者に、一体のもの又は関連性を有するものとして広く知られている事情はない。

<本願商標>
埋め込み画像 1
【実務への応用】
欧文字三文字の商標が、他の構成要素の「頭文字(=略語)」として認識される場合、該欧文字からはその省略していない部分の観念も生じるとして、非類似の判断に至るケースがあります。

本件は、外観の分離度合いがあまりに大きかったことと、と「Foxconn Interconnect Technology」=「FIT」との認識がそこまで高くなかったことから一体性の主張に成功しませんでした。

【適用条文】
4条1項11号

このページのトップヘ