商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 識別力

【ここに注目!】
「フリーソフトウェア」を表す記載に「free」の文字の表音である「フリー」の片仮名が使用されていることを併せみれば、「free」の単語そのものは、自他商品の識別標識としての機能が弱いものとみるのが相当である
してみれば、本願商標は、その構成中の文字部分から、商品の出所識別標識としての称呼及び観念を生ずるということはできないものであり、その構成全体をもって、図案化された標章として、把握、認識されるというべきである。

【実務への応用】
商品の出所識別標識としての称呼及び観念を生ずるということはできない」パターンの例です。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
「CHANCE」の文字は、商品「スロットマシン」との関係においては、自他商品の識別力が無いか極めて弱いものとみるのが相当である。
そうとすると、本願商標及び引用商標は、たとえその構成中に「CHANCE」の文字を有するとしても、該文字部分から自他商品識別標識としての称呼及び観念は生じないものというべきである。

【実務への応用】
「自他商品識別標識としての称呼及び観念は生じない」パターンの審決です。数がそれなりに増えると安心して使えるフレーズになります。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
本願商標の構成中「そのまんま」及び「そのまんまゆず」の文字部分は、その指定商品との関係において、自他商品の識別力が無いか弱いものとみるのが自然である。
そうとすると、本願商標は、たとえその中央に大きく「そのまんま」及び「ゆず」の文字が表されているとしても、「そのまんま」及び「そのまんまゆず」の文字部分から自他商品識別標識としての称呼及び観念は生じないものといわなければならない。

【実務への応用】
判断内容は当たり前なのですが、「識別力の弱い部分からは称呼・観念が生じない」と真正面から述べており、使い勝手の良い審決です。
ただ、事例としてあまり多くないので、見かけたらアップするようにします。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
請求人は、「アクア」は、「水」を意味する「aqua」の表音で、商標としてありふれて使用されており、本願指定商品との関係においても、必ずしも強い識別力を発揮する語ではなく、「アクア」及び「AQUA」の文字部分に追加的な要素を結合する登録商標が併存している旨主張する。
しかしながら、「アクア」の文字を構成中に含む商標が多数採択され、登録されているとしても、その事実をもって、「アクア」の文字が自他商品の識別標識としての機能を失したということはできないし、本願の指定商品との関係で、商品の出所識別標識として称呼及び観念を生じないものとなったともいえない。

【実務への応用】
この請求人の主張は苦し紛れによく用いられる論法です。本審決はその主張を明確に否定しました。識別性を肯定したい立場になったときは参考になる審決です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
本願商標に接する需要者に,「気配り」と「弁当」の各文字(語)を結合してなるものと容易に認識されるものである。
そして、
「弁当」の文字は、本願商標の指定商品を表示する普通名称であるから、商品の出所識別標識としての称呼及び観念を生じないものといえる

【実務への応用】
結合商標について識別力の弱い部分を落とす方向で論理付けする場合の定番パターンに則って判断した例です。

「気配り弁当」であれば観念的一体性を重視してもよさそうですが、本合議体は「弁当」の識別力の弱さをより重視したようです。

【適用条文】
4条1項11号

商標 審決 類否 4条1項11号 結合商標 識別力 分離

↑このページのトップヘ