商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 識別力

【ここに注目!】
請求人は、「アクア」は、「水」を意味する「aqua」の表音で、商標としてありふれて使用されており、本願指定商品との関係においても、必ずしも強い識別力を発揮する語ではなく、「アクア」及び「AQUA」の文字部分に追加的な要素を結合する登録商標が併存している旨主張する。
しかしながら、「アクア」の文字を構成中に含む商標が多数採択され、登録されているとしても、その事実をもって、「アクア」の文字が自他商品の識別標識としての機能を失したということはできないし、本願の指定商品との関係で、商品の出所識別標識として称呼及び観念を生じないものとなったともいえない。

【実務への応用】
この請求人の主張は苦し紛れによく用いられる論法です。本審決はその主張を明確に否定しました。識別性を肯定したい立場になったときは参考になる審決です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
本願商標に接する需要者に,「気配り」と「弁当」の各文字(語)を結合してなるものと容易に認識されるものである。
そして、
「弁当」の文字は、本願商標の指定商品を表示する普通名称であるから、商品の出所識別標識としての称呼及び観念を生じないものといえる

【実務への応用】
結合商標について識別力の弱い部分を落とす方向で論理付けする場合の定番パターンに則って判断した例です。

「気配り弁当」であれば観念的一体性を重視してもよさそうですが、本合議体は「弁当」の識別力の弱さをより重視したようです。

【適用条文】
4条1項11号

商標 審決 類否 4条1項11号 結合商標 識別力 分離

【ここに注目!】
本願商標中の「アニメ」の文字部分は、その指定商品及び指定役務との関係においては、「アニメーション」を表すものとして理解されるというのが相当であって、本願商標の自他商品・役務の識別標識として認識されるとはいい難いものである。
してみれば、本願商標は、その構成全体をもって識別力のある商標として理解されるものであり、その構成中の「アニメ」の文字部分をもって、これに相応した「アニメ」の称呼及び「動画」の観念を生ずるということができない

埋め込み画像 1

【実務への応用】
商標の構成中、識別力の弱い部分からは称呼・観念は生じないという原則に則った判断です。ただし、あまりやりすぎると4条1項11号はクリアできても3条の問題を生じかねませんので注意が必要です。

また、将来権利行使をする時のことも念頭に置いた主張を心がけるべきでしょう。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
引用商標は、その構成中の「premium」の文字が、飲食料品との関係で、「高級な」ほどの意味で使用される場合があるとしても、まとまりよく一体に表された構成態様からなり、全体より生じる称呼も冗長ではなく、よどみなく一連に称呼し得るものであることからすると、殊更「premium」の文字部分を捨象し、「autumn」の文字部分のみをもって取引に資されるものとは考え難い

【実務への応用】
「premium」は形容詞であって、しかも食品関係ではよく使われていますので、普通に行けば識別力が弱いとして除外されるべきところです。

ところが本件では、外観的一体性(標準文字)と称呼調(長さと調子)だけを根拠に一体と判断しました。

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
引用商標の指定商品を取り扱う分野において、「Gear」の文字は、「装置」程の意味合いで一般的に使用される語であり、また、数字「4」は、商品の品番、型式等を表示するための記号、符号の一類型として認識されるものである。

そうすると、引用商標は、その構成中の「Gear」又は「4」
いずれかが強い出所識別機能を有するものではなく、上記のとおりの引用商標の構成態様に照らしても、構成全体をもって一体不可分のものとみるのが相当

【実務への応用】
結合商標について、結合している各要素の識別力が何れも弱いので一連とした審決で、判断の内容としてはオーソドックスなものです。

しかし、こう判示されるとそもそも「GEAR4」は3-1-6ではなかったのかという疑問が沸いてきます。引用に対しては許されても本願についてはNGな主張でしょう。

【適用条文】
4条1項11号


このページのトップヘ