商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:識別力 > 極めて簡単・ありふれたもの

【ここに注目!】
我が国における英語の普及の程度からすれば、「私の」の意味を有する一般に親しまれた英単語として看取、認識されるものであるといえる。

そうすると、本願商標は、欧文字2文字からなるものであるが、これが、商品の品番、型式等を表示するための記号、符号を表したものとして、取引者、需要者に把握、認識されるとはいい難いものである。

【実務への応用】
ローマ字2字が「何らかの意味を有する」ので記号、符号に該当しないとした審決です。

【適用条文】
3条1項5号



【ここに注目!】
「UV」の文字部分は、「Ultraviolet」の英単語の略語で「紫外線」を意味するものとして周知の語であり、看者にその意を理解、把握させるというべきである。

そうすると、該「UV」の語を含んでなる本願商標をその指定商品に使用しても、これに接する取引者、需要者は、その商品が「紫外線」となんらかの関連を有する商品であろうと考えるとみるのが自然であり、単なる商品の品番、規格、等級等を表す記号、符号として把握されるものではないというのが相当である。

【実務への応用】
ローマ字2字が「何らかの意味を有する」ので記号、符号に該当しないとした審決です。

【適用条文】
3条1項5号

【ここに注目!】
本願商標は、「IQ」の欧文字を標準文字で書してなるところ、これは、「intelligence quotient」の略語であって、「知能指数」として(中略)広く一般に知られ使用されている語であり、これよりは「知能指数」の観念及び「アイキュー」の称呼を生ずるものである。

そして、ローマ文字の1字若しくは2文字が商品の品番、型式等を表示する記号、符号として用いられる場合があるとしても、前記の意味合いで良く知られた本願商標に接する取引者・需要者は、これを、単に商品の記号、符号の一種と認識するというよりも、前記意味合いを認識するものであるから、「知能指数」の観念及び「アイキュー」の称呼を持って取引にあたるものというのが相当である

【実務への応用】
ローマ字2字が「何らかの意味を有する」ので記号、符号に該当しないとした審決です。

【適用条文】
3条1項5号


【ここに注目!】
本願商標は「IT」の欧文字と「アイティー」の片仮名文字よりなるところ、これは「情報技術」を意味する
「information technology」の親しまれた略語及びその字音を表示したものと認められ(中略)国民の間に、その有する意味とともに、広く浸透しているものである。

このような実情からすれば、前記構成よりなる本願商標に接する取引者・需要者は、これを商品の種類・規格等を表示するための記号・符号として一般に採択使用されているローマ文字2字の一類型とその表音文字とは認識せず、前記意味合いをもって理解するとみるのが相当である。

【実務への応用】
ローマ字2字が「何らかの意味を有する」ので記号、符号に該当しないとした審決です。

【適用条文】
3条1項5号



【ここに注目!】
「it」の文字は、「それ」「あれ」等を意味する英語として一般に熟知されているものである。してみれば、本願商標は、これをその指定商品について使用しても、これが商品の記号あるいは符号として理解されるということはないといわなければならない。

【実務への応用】
ローマ字1字や2字、あるいはそれに数字を組み合わせたものは原則「記号、符号」に該当するとして3条1項5号で拒絶されます。

例外としてそのローマ字に「何らかの意味がある」場合は、そちらの意味で理解されるから「記号、符号」とは認識されないというロジックが成り立ちます。

これはその典型例です。

【適用条文】
3条1項5号


このページのトップヘ