商標弁理士のここは登録査定でお願いします!

商標一筋、実務経験15年目の中堅弁理士が「使える審決・判決」を実務目線でピックアップ。いざ意見書を書く際に自分自身が使いやすいように体系化していきます。

カテゴリ:類否 > 外観的一体性

【ここに注目!】
引用商標は、欧文字「USTRON」と片仮名「アストロン」を,(カンマ)」でつないで一連に表してなるところ、その構成は、同じ書体、同じ大きさをもって、等間隔に配置されていることから、商標全体として、外観上まとまりよく一体的に構成されている

【実務への応用】
記号「,」は結合を弱める作用を果たしそうですが、本件では「同じ書体、同じ大きさ、等間隔」を理由に一体性を認めました。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
「CROSS」と「TOKYO」との間に1文字程度の間隔が存在するものの、各文字の大きさ及び書体は同一であって、「CROSS」の欧文字部分だけが独立して見る者の注意をひくような態様で表されているものではないから、外観上、一体のものとして認識される

本願商標の構成全体をもって、「東京を横断する」程の意味合いをもって一体不可分のものと認識する

【実務への応用】
外観的一体性については、「CROSS」部分が独立する積極的な理由がないことで一体としています。これは「一体」とすべき積極的な理由を挙げるより簡単ですので困ったときは使えるフレーズです。

観念的一体性についても、観念の一体性が構成全体の一体性につながることを明確に示しています。

【適用条文】
4条1項11号



【ここに着目!】
その構成中の「miroir」の文字部分は、下段の「deensuite」の文字部分に比べ、筆記体風の文字でやや大きく表示されているとしても、該「miroir」及び「deensuite」の文字は、周囲の輪郭模様及び、これらを際立たせる縦線の図形と相まって、外観上まとまりよく一体的に表され、その構成全体をもって不可分一体のものとして看者に把握されるものというべき

埋め込み画像 1
【実務への応用】
輪郭が一体性を高める方向に作用した一例です。

【適用条文】
4条1項11号


【ここに注目!】
構成文字の「チ」「ケ」の左払いの先端及び「レ」「ン」「ジ」の各文字のすくい上げ等の先端が極端に細く絞り込まれて表されていること、「ン」「ジ」「ツ」の各文字の点が鋭角の三角形で表されていること等の特徴を共通とする書体により、等間隔でに表されていることからからすれば、視覚上、一体的なものとして看取、把握されるとみるのが相当である。

埋め込み画像 1

【実務への応用】
称呼長や他に分離すべき理由がないといった点も審決では言及されていますが、フォントの共通性が大きな要素となったようです。
文字の大小により分離しているように見えますが、視覚上一体的と判断されました。 

【適用条文】
4条1項11号

【ここに注目!】
願商標の構成中、「-(ハイフン)」の記号は、英文などで前後の文字を結合するときに用いられるものであり、まとまりよく表された本願商標のかかる構成においては、これに接する取引者、需要者が、ことさら「pilot」の文字部分のみに着目するというより、むしろ「s-pilot」の文字全体をもって一体のものと認識、把握するとみるのが自然である。

【実務への応用】
記号「-」を介してなる結合商標については、ハイフンを契機に分離すると考えることがあります。少なくとも審査段階ではそのように扱われることが多くあります。

本件は、そのような場合の反論をサポートしてくれる事例です。

【適用条文】
4条1項11号


このページのトップヘ